2017年02月20日

トランプの通訳


2月18日付けジャパンタイムズにトランプさんの通訳者たちが苦労しているという記事が載っていました。

一人の通訳者(つるた ちかこ氏)は
He is so overconfident and yet so logically unconvincing that my interpreter friends and I often joke that if we translated his words as they are, we would end up making ourselves sound supid
(彼は自信過剰でそれでいて論理的な説得力がないので、通訳仲間たちとよく冗談を言い合うのですが、彼の言葉をそのまま訳していたら、そのうち、私たち自身がバカみたいに聞こえてしまうねと)

と、おっしゃっています。

こういう心配はオバマ大統領のときには無縁だったようです。

トランプ氏の言葉遣いはこんな風にまで言われています。

In fact, it is no secret that "Trumpese"--as his phraseology is called--is by and large simple, characterized by repetition, easy grammar and elementary-level vocabulary.
(実際、彼の言葉遣いは憚ることなく「トランピーズ」と呼ばれ、それは概ね、平易で、繰り返しが多く、文法も単純で、語彙は小学校程度というものだ)

かなり辛辣ですね。この語彙力、カーネギー・メロン語学技術協会というところで発表した数値によると、大統領の中で最低だというのですが、驚いたのは文法力は下から2番目だというのです。彼より低い大統領がいたの?だれ?となりますよねえ。

The study also described his grammatical level as grade 5.7, the second-worst after George W. Bush, who barely topped the fifth-grade level.
(研究ではまた彼の文法レベルを(7段階評価の)5.7としているが、これはジョージ・W・ブッシュについで2番目に低い数値である。ちなみにブッシュはかろうじて5を超える程度である)

ジョージ・W・ブッシュと言えば、親子二人いますが、きっと息子さんのほうですよねえ〜

ただ、通訳の方々がもっと頭を悩ませるのは、話題があまりにも跳びすぎる(論理を追えなくなるらしいです)ことと、その侮蔑的言葉遣いだということです。

NHKの「ニュースで英会話」でもお馴染みの鳥飼久美子さんもインタビュに応えています。

通訳者としての心構えを次のように語っています
You set aside all your personal emotions and become the speaker yourself. It's a really tough thing, not being allowed to demonstrate your own judgment about what is right and what is wrong. And that's why I quit.
(個人的な感情は脇に置き、話し手自身にならなければなりません。それはとても大変なことです。善悪に関して自分の価値判断を表明することは許されないのですから。それで私はやめました)

鳥飼さんは86年に通訳のお仕事をやめているのですね。

しかし、こういう意見の通訳者(みしま あつし氏)もいらっしゃいます。

通訳の第1の目的は話し手自身として訳すということだと認めながらも

If a certain word is deemed a banned phrase per the policy of a TV station I translate for, I usually tone it down, although I do make my best effort to retain its original impact
(もしある言葉が雇用主であるテレビ局の規則に反した禁止用語にあたる場合、私は通常言葉のトーンを落とします。もちろん、話し手が発したインパクトを保持するよう最大限の努力はしますが)

放送禁止用語に関しては予めテレビ局と対処の仕方を取り決めておいたほうがいいかもしれませんね。特にトランプさんのような人を通訳するときには!

posted by Monterey at 13:00| Comment(4) | Japan Times | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

数と量


ずいぶん昔ですが、プラスチックごみ収集日のこと。家じゅうのごみを集めて、これで全部かな?と家族に確認すると「物置にたくさんあったはず」と言われ、物置に行くと、そこにプラスチックのごみが入った大きな袋が一つだけありました。「たくさんあったはず」と言われたとき、私は頭の中に数個のごみ袋を思い浮かべていました。しかし、家人が言った「たくさん」は数ではなく、量のことだったのだと、ポツンと一つあったごみ袋を目にして悟りました。こんなとき、英語なら、manymuchか、どちらを使うかで勘違いはおきないよな、と思ったのを今でも覚えています。(a lotを使えば、日本語同様、わからないですけどね)

さて、今週のジャパンタイムズ、バイリンガル(日本語講座)のページに、「SK社との契約のことなんですが、ちょっとこちらが譲歩しすぎたかなと、心配になりまして・・・」というセリフが出てきました。英訳を見る前に、自分で英作してみました。

I'm afraid that we made too much concession with SK Co.?

今、辞書で確認すると、「〜への譲歩」というときはtoを使うようですね。

そして、concessionは可算名詞なんですね。

ジャパンタイムズの英訳は
...could I talk to you about the contract with SK Co.? I am worried that we may have made too many concessions.

concessionが可算であるなら、much concessionではなく、many concessionsになるのも道理ではありますが、これなら、「多くの点で譲歩した」ということですよね。

もし、これが譲歩の幅の問題ならどうなんだろう?たとえば車の販売だとして、100万円で売りたいところを、80万円で手を打つことになったときに「譲歩しすぎたな」と言いたければ、I made a concession too much.と言えるのかしら?それは変かあ。I made too big a concession.それも変かあ。

日本語なら、量(範囲・幅)の問題なのか、数の問題なのか、どちらであっても「譲歩しすぎた」を使えるけど、英語は区別が必要なんだろうから、なにかしらの言い方はあるはずだけど。ぴったりくる表現が思いつかない。

ところで、concessionには「売店」の意味もありますが、一つの語源から発した語のようです。「譲歩」と「売店」とは、ずいぶんかけ離れてみえますが、どうして、こうなったのだろう?と、ただいま語源に凝っている私は気になりました。答えはわからないのですが、concedの1番目の意味には「(しぶしぶ)認める」が載っています。そこから「譲歩」への流れは容易に理解できます。そして、2番目の意味に「・・・を(権利)として許す、与える」というのがあり、concessionにも、土地使用権、営業許可という意味がありますから、そこら辺から、売店の意味が生まれたのかもしれませんね。


posted by Monterey at 23:25| Comment(10) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

double indemnity


本屋さんで本をパラパラ見ていると、鳥飼玖美子さんの本(タイトル忘れてしまいました)を見つけました。その帯に大学受験もTOEICも読解力が勝負、みたいなことが書かれていました。改めて読むことの大切さを痛感した瞬間です。

帰宅して、本棚から読みかけのまま埃をかぶっているペーパーバックの中から1冊取り出しました。James M. CainDouble Indemnityという本。保険の倍額支払いという意味らしいのですが、ふる〜い小説(1930年代)なので、英語も古いです。今確認するとビリーワイルダー監督が映画化しているんですね。私は子供のころ、NHKでドラマ化したものを見た記憶があります。

古いうえに、主人公は教育程度が低いということなのか、彼の語る言葉には三人称単数の概念がなくHe don'tを連発しますし、変だなあ?という英語に時々お目にかかります。わざと間違った表現を作者が使っているのか、古い表現だからなのか、単に私の英語力がないからなのかわからないまま読んでいます。

それでも参考になる表現も、もちろん出てきます。保険の営業マンである主人公が保険の更新時期にある家にアポなしで売り込みに行きます。留守かもしれないけれど、「ひょっとしていらっしゃるかもしれないと思いまして」みたいなセリフが

I just took a chance.

「ダメ元」は

so I though it wouldn't hurt.

結果、夫は不在で妻が応対します。「どのような保険ですか?私も知っておかなければならないのでしょうが、把握していなくて」

と、このセリフは

What kind of insurance has he been carrying? I ought to know, but I don't keep track.

こんなところにkeep trackが使えるんだなと、頭の片隅にメモ。これを聞いてセールスマンは「事故が起こらない限り、だれも気にしませんよね」と応答しますが、その「気にしない」にもnone of us keep trackと使っています。

there's many a man walking around todayなんて英語も出てきます。many a プラス単数名詞というのは高校の文法書には書いてありますが、今では、ほとんど使われないのではないでしょうか。

子供のころドラマで見たとはいえ、ほとんど記憶がないので、この先楽しみに読みたいと思います。今度は途中で投げ出さないように。
posted by Monterey at 15:30| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

arguably


2月3日付けジャパンタイムズ、スポーツ欄に二刀流として有名な大谷翔平選手が足首の故障により、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に投手としての出場を辞退したという記事が掲載されていました。実際は昨日小久保監督から投手打者問わず代表メンバーからはずすという発表がありました。

野球ファンとしては残念ですが、ここは英語のブログですので、英語のお話。この記事の第2段落の書き始めが、こんなかんじでした。

Otani is easily the most popular name on the Samurai Japan roster...
(大谷は侍ジャパンの名簿の中で文句なくもっとも人気のある名前である)

注目ポイントはeasily

辞書に【最上級・比較級などを強めて】確かに、疑いなく、と載っていて、例文としては

be easily the best [first]もちろん最上だ、苦も無く一番だ

In value salmon easily leads.価値の点でサケが無論筆頭

この使い方を見て、arguablyという副詞を思い出しました。

arguablyに初めて出会ったときは、なんだか変な単語だなあと思ったものです。辞書には「(論理的に)主張できるように、おそらく間違いなく」と載っているのですが、argueは「言い争う、議論する」ですからねえ。それが副詞になったら、「おそらく」はついているものの「間違いなく」っていう意味になるのはどうして?と腑に落ちない気持ちでした。

ランダムハウス英和によれば「ほぼ間違いなく」のほかに「議論の余地はあるが」という意味も載っています。100人中一人、ふたりは異議を唱える者もいるかもしれないが、ほぼ全員と言っていい人が同意するであろう、という意味合いで使われるようになったんでしょうね。日本語なら「嵐は日本でもっとも人気のあるグループだ」などと言い切ってしまうところを、英語ではone of the most popular groupsと用心深く言いますからね。そんな論理が働いて、「議論の余地はあるにせよ」のような語が生まれたのかもしれませんね。

それに対し、easilyは採決取ったとしても、なんの議論もなく簡単に決まってしまうほど、「当然の」ということなんでしょうね。



posted by Monterey at 12:48| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

語源


先日、初級の生徒さんからbusybusinessは何か関係あるのですか?と質問を受け、ジーニアス英和をチェックしてみました。すると、businessbusy+ness「手がふさがっていること」というのがそもそもの意味だと書いてありました。

音が似ている語というものは、こうやってつながっている場合が結構あるんだなあと改めて思ったしだいです。ちょっと語源に興味を持ち、それにまつわる本を2冊ほど購入しました。

1冊目は「英語の語源のはなし」(佐久間治・研究社出版)
ドルマークや、アンドのマークの起源とか、小鳥のカナリアは元をたどれば実は犬のことだったとか、とても興味深い話が満載でした。

そんな中、一番驚いたのがpenpencilは実はなんの関係もないという話。

penは「羽(根)」を表すフランス語から来ているのだそうです。たしかに昔は羽ペンで書いていましたものね。それに対し、pencilは「尖った」を表すラテン語が語源だとのこと。同じ語源の「尖った」関連ではpeninsulapenetrateなどがあるとのこと。

余談で、フランス語では「鉛筆」をcrayonと言うそうで、なんだか混乱してきそうなエピソードです。

もう一冊は「英語の質問箱」(里中哲彦・中公新書)

こちらも、「乾杯」を表す言葉がなぜトーストなのかなど面白い話がいろいろありました。そんな中、時々、英作文コーナーみたいな箇所があって、孫の誕生日を忘れてしまい、遅ればせながら誕生日カードを書いているお祖母ちゃまの英語がためになりました。「この歳になると物忘れがひどくなるの。自分の誕生日を忘れようと努力していたら、努力しすぎちゃってあなたの誕生日まで忘れてしまったの」この最後の部分をこんな風に表現していました。

Seems like I made an extra effort and forgot even yours.

こんな機転の利いたカードなら、読んでいて楽しいですね。




posted by Monterey at 17:38| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

メリル・ストリープのスピーチ


明けましておめでとうございます。

って、年が明けて10日も経ってからこんな挨拶しても間が抜けた感じですが・・・

朝方テレビで、メリル・ストリープがゴールデン・グローブ賞受賞スピーチにおいて、トランプ氏を批判したという話題を見ました。その原語版を知りたいと思ってネット検索し、動画もスピーチスクリプトも目にしたのですが、感情に流されることなく冷静でまた威風堂々としていて感動的でした。

そこで、彼女のスピーチの一部をご紹介したいと思います。

...you and all of us in this room really belong to the most vilified segments of American society right now.(今この部屋にいる私を含めた全員がアメリカ社会で一番批判される集団の一員です)
--訳は私が付けています

vilify:けなす、中傷する(知らない語だなあ・・・)

Think about it: Hollywood, foreigners and the press. But who are we and, you know, what is Hollywood, anyway? It's just a bunch of people from other places.(考えてみてください。ハリウッド、外国人、マスコミですから。でも、私たちは何者でしょう?ハリウッドって一体なんでしょう?諸々のところからやって来た人たちの寄せ集めじゃないですか)

と言って、会場にいる俳優たちを名指しで、その人たちの出自を述べ、ハリウッドが如何に多様な人たちの集まりであるかを思い起こさせます。そして、こう続けます。

So Hollywood is crawling with outsiders and foreigners and if we kick them all out, you'lll have nothing to watch but football and mixed martial arts, which are not the arts.(ハリウッドはよそ者、外国人だらけです。その人たちを追い出したらどうなりますか。見ることのできるものはフットボールとマーシャル・アーツだけ。それはアーツではありません)

ここら辺、トランプ氏への当てつけである気がしました。選挙戦の応援メンバーを見ても格闘家が目につきましたし、全米プロレス協会の元理事が重職に就くとか取り沙汰されていましたし。

また、トランプ氏が体に障害を持った記者をそのことで嘲笑したという事件があったそうで、メリル・ストリープはそのことにも、冷静に、しかしはっきりと触れて遺憾の意を表明していました。

そして次のセリフにつながります。

Disrespect invites disrespect. Violence incites violence. When the powerful use their position to bully others, we all lose. OK, go on with that thing. OK, this brings me to the press. We need the principled press to hold power to account, to call them on the carpet for every outrage.(軽蔑は軽蔑を招き、暴力は暴力を呼びます。権力のある人がその地位を使って他者をいじめると、私たちはそれに対抗する術がありません。どうぞ、やるならやってください。だから、私はジャーナリストの皆さんに呼びかけます。私たちは信念を持った記者の皆さんに権力を牽制し、あらゆる横行に対し批判していただく必要があります)

こんな訳でよろしいでしょうか。

スピーチの最初に、彼女は先週末、声を出しすぎて枯らしてしまいました、と言っていたのですが、彼女の声はそのとおり枯れていました。しかし、声の小ささとは裏腹にそのメッセージは力強く、会場の感動を呼んでいました。彼女の存在感の大きさとハリウッドの権力に立ち向かう姿勢に、私も改めて感動しました。

追伸
自分の訳が間違っていないか確かめたくて、このスピーチを和訳しているサイトを検索してみました。そこで、見つけたのですが、格闘技のくだりは、一部の格闘技愛好家の怒りを買っているようですね。私もこのくだりに関しては、ちらっと気にはなりました。でも、日本では相撲や柔道は「道」として貴ばれ、芸術に近い扱いを受けることもあるけど、アメリカにおいての格闘技はプロレスやK−1などで、芸術とは呼ばないだろうな・・・と思いました。私は野球をはじめスポーツ観戦は好きですが、それは芸術とは捉えていないし、この世には芸術とスポーツとその両方が存在していてほしいです。そのどちらも欠けた世界は望みません。






posted by Monterey at 13:24| Comment(5) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

Happy New Year!


押し迫ってきましたね〜
この時期にはテレビで、年末年始のしきたりを紹介したりしますよね。たとえば、本日、29日には、お正月の飾りつけをしてはいけないとか。こういうのって、形式に縛られすぎて、私には不毛に思えることもしばしばあります。

それはさておき、先日見た番組で、年賀状のA HAPPY NEW YEARは間違いだと言っていました。その理由は"A"を付けると、年明け前の挨拶になってしまうから、というもの。

私はそれを聞いて、う〜ん、100%正しい説明なのだろうか?と気にかかってしまいました。

むか〜し、A Happy New YearHappy New Yearどちらが正しいの?と一人のアメリカ人に聞いたことがあります。その人曰く「面と向かって挨拶するときは、Happy New Year!、書き言葉としてフォーマルなニュアンスがあるのがA Happy New Year カードの文面であっても、カジュアルにしたければAは付けない」

それを聞いて私は、Aが付くのは、I Wish You a Happy New Yearの省略ということなのだろうなと思いました。

それから数年、年賀状のフレーズを注意してみていると、"A"が付いている物から、付いていない物へと主流がシフトし、今では付いていないバージョンが大多数な気がします。

考えてみれば、I wish you a happy new yearと書くのは、クリスマス・カードなど、年末の時期でしょうからね。年が明けてから、このフレーズを書くことは英語圏ではあまりないのかも。それに対し、新年、人に会えば当然Happy New Yearという挨拶を交わします。そう考えると、A Happy New Yearは年の瀬っぽいのかなとも思います。

ただ、どうなんだろう?たとえば、12月31日に、たまたまメールを送ることになった英語ネイティブがいたとして、その人が、文面の最初か終わりにA Happy New Year!と書くかなあ?I wish you a happy new yearHave a happy new yearなら書きそうだけど。省略して書くことあるのかなあ?

1月開けてのメールならどうだろう?I wish you a happy new yearなら、買いても良さそうな気もする。Have a happy new yearは「良いお年を」と言っているようで、年末の挨拶に思える...

A Happy New Yearは年末にも年始にも使わない気もする...でも、昔聞いたアメリカ人はフォーマルな感じはするとは言っていたけど、使わないとは言っていなかったから、不自然なこともないのかなあ。使えるなら、年末でのみ使うのかしら?そうは言っていなかったけどなあ。

どうも、気になることを投げかけてきた番組でした!

とりあえず、皆様、良いお年を!



posted by Monterey at 21:01| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

新語


今年の流行語大賞も発表されましたが、新語を辞書に載せるかどうか、辞書編纂者は毎年頭を悩ますらしいですね。私は伊集院光さんが好きなので、毎週、彼の深夜ラジオ番組を録音して聞いているのですが、その番組で、ちらっとそんなことを話していました。

そんな審議の対象となった語のひとつが「ほぼほぼ」という語。この言葉は言い方も大切で、「ほぼ」「ほぼ」と2つに切るのではなく、あくまで一語として「ほぼほぼ」と続けて言うらしい。言われてみれば、そういう言い方、よく耳にする気がします。自分では・・・使ったことないかなあ。意味は「ほぼ」と一緒、または「ほぼ」の強調語かな。

もう一つ「パリピ」というのもあるそうです。この言葉、私は知りませんでした。「パーリー・ピーポー」party peopleの略なのだそうで、「あの人はパリピだ」という風に使うそうですね。単複の区別をほとんどしない日本語らしいですね。一人でもpeopleですからね。

そんなことを思いながら、今朝、テレビを見ていたら、「そもそも論」という言葉が同じ番組で異なる人の口から出てきました。これって、新語?それとも、たまたま、その番組のだれかの口癖で、それが他の人に一時的に伝染しただけ?

ついでなので、日本語に定着しつつあるカタカナ語として、「リスペクト」「ディスる」「コミットする」というのがあるかなあと個人的に思っています。よく耳にするけど、私は日本語の会話にこの3つを使ったことはないかなあ。この中で、コミットする、は未だ使い方がよくわかっていません。約束したことを責任をもって全うするということでしょうか?英語で言うcommit oneself to ...みたいなかんじかな?わからない言葉を聞くと、なんとなく居心地が悪いです。



posted by Monterey at 16:46| Comment(4) | 日本語あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

問題集から


大学入試問題集からの疑問。

「ある学校の調査で〜ということがわかった」

A school survey (   ) that ....
a surveyこの文の動詞を選ぶ問題で、選択肢は

1. revealed 2. analyzed 3. suggested 4. noticed

皆さん、どれ選ぶでしょうか?

私は3. suggestedを選びました。

ただ、1. revealedもダメかなあ?と疑問に思い、解答を確認。

すると、正解は1番のほうになっているではないですか!

解説では、suggestは文法的には正しいが、調査結果を提示しているこの文では、revealの方が適切、との説明でした。

個人的には、survey/ report/ studyなどが主語のときには、suggestという動詞はよく使われるという感覚でいました。

グーグル検索では、survey reveals thatが336,000件、survey suggests thatが319,000件でした。

これを見る限りは、試験問題にできるほどの違いはない気がします。

ただ正確にいうと、

Surveys suggest that ...は、「調査は...と暗示している」(英和活用大辞典の説明)

に対し、
A survey of schools in the district revealed that student absenteeism is close to 15 percent.
(その地区の学校を対象とした調査で長期欠席率が15パーセント近くであることが明るみに出た)

Our structural survey revealed a weakness in the roof.
(私たちの行なった構造上の調査で屋根の部分に弱点があることが判明した)
                                     以上英和活用大辞典より

という例文が。

suggestが「暗示」という曖昧な様子なのに対し、revealのほうは、明確な調査結果が出ているときに使いそう。

それを裏付けるようにオックスフォード英英には次のような例文が

...survey results suggest this species is probably rare ...(調査結果から、その種はおそらく希少なものであることが察せられる)--和訳が辞書にはなかったので、私の訳です。

But a new survey suggests that the country may now be home to wild leopards, pumas, and other big cats.(しかし、新しい調査で、その国は今や野生のヒョウ、ピューマ、その他のネコ科大動物の生息地となっているかもしれないことがわかった)--同じく、私の訳です。

両方の例文でprobably, mayという断言を避ける言葉が含まれています。明示ではなく、暗示なんですね。今回の問題の例文は、アンケート結果で、学校の施設に対する第一の不満は〜であることがわかった、というものでした。暗示ではなく、明示ですね。だから、やはりrevealのほうがいいのでしょうね。

それでも、なお、試験問題としてはそこまで求めるのはどんなものかと・・・(しかも、そこまでの説明ないし!)





posted by Monterey at 21:40| Comment(0) | TOEIC・文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

Revenge


ひっさびさの更新です。

その間も、ドラマ「リベンジ」をチョコチョコ見ていたので、そこからのメモです。(このドラマ、「やりすぎだろう!」とあきれ加減でもあるのですが、途中で止めるわけにいかないという状態になっています)

1.後輩
ご存知のように、英語では先輩・後輩の観念あまりありませんよね。だから、生徒さんから「先輩ってどう言えばいいんですか?」なんて質問が出ると、答えにolder/elderくらいしか思い浮かばず、困ります。

今回、ドラマでは同じ大学出身だという二人の間で、「あなたの2,3年後輩ですね」というセリフが出てきました。それがこちら

So I was probably a few years after you.

after youなんて表現、私にはないなあと思わずメモしました。(日本なら、2,3年の違いだったら、「何年卒業?」なんて確認して、正確にいくつ後輩なのかはっきりさせそう)

(あれっ?このセリフ、「リベンジ」からではなく、映画「スポットライト 世紀のスクープ」からだったかも・・・いい加減ですみません)

2.不愛想
彼は不愛想だから、というセリフ。これをこんな風に表現していました。

He's not a people person.

なるほどね。簡単な表現で、自分でも使えそう。

3.深い穴

政治家は信用ならない、と怒っている男性。その弟が、冗談めかして

Do you know why you're supposed to bury a politician 100 feet down? Cause deep down, they're really good people.

たしか字幕では「なぜ政治家を埋葬するときは深く穴を掘らなくてはいけないか知ってる?生まれ変わったら、善人になれるから」みたいなかんじでした。普通の人より深く掘らなければ善人に生まれ変わることはできないってこと?そのくらい政治家は救いようがないってこと?

なにか腑に落ちなくて、英語字幕を確認しました。すると、ますますわからなくなりました。しかし、今はネットという便利が道具があります。調べた結果、これはディオゲネスというギリシアの哲学者の言葉だそうで、元々は政治家ではなく、弁護士に言及したもの。地中深くでは、彼らも善人だ。つまり、地上では(弁護士はだれ一人)善人ではない。という痛烈な皮肉なのだそうです。そんな昔から、弁護士は悪徳で有名だったのかなあ。それにしても、これがドラマのセリフだなんて、この哲学者の言葉って、英語圏ではよく知られたものなのかなあ・・・


posted by Monterey at 13:04| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする