2018年06月02日

ピーターセン氏の最新書

マーク・ピーターセン氏の新著「英語のこころ」を読んでいます。

日本語と英語の違いを深い考察により、提示しています。夏目漱石の「こころ」の原文とその英訳を比較した章があります。

たとえば、

友達は急に国元から帰れという電報を受け取った。電報には母が病気だからと断っていたけれど友達はそれを信じなかった。友達はかねてから国元にいる親たちに勧まない結婚を強いられた」

と「友達」の繰り返しが英語ネイティブのピーターセン氏から見ると、気になるとのこと。さらには、

「彼らはここで茶を飲み、ここで休息する外に、ここで海水着を洗濯させたり、ここでしおはゆい身体を清めたり、ここへ帽子や傘を預けたりするのである。」



ピーターセン氏はこの箇所を

「ここでの『ここ』の繰り返しは、漱石が何らかの効果を狙った意図的なものなのかもしれないが、それは私にははっきりとは判断できない。また、意図的だったと言われても、それで成功したかどうかはなおさら判断がつかない。」

と書きます。

下線部「私には」という語の前には「ネイティブではない」という言葉が省略されているようです。しかし、日本語ネイティブである私にも、はっきりとは判断できません。これほどまでに、同じ言葉を繰り返すのは日本語でも珍しいので、故意に行なっているのかなという気がしますし、リズムもいいので、成功しているとも思うのですが、文豪の書いた文を分析したり、評価したりする資格は私にはないと思ってしまいます。漱石の小説など、高校の教科書で「こころ」のほんの一部を読んだのと、中学校のときだったか「吾輩は猫である」を読んだくらいで、きっと、大学院で近代日本文学を専攻したピーターセン氏のほうがはるかに読み込んでいることと想像できます。それを考えれば、ネイティブの感覚なんて、あてにならないのかもなあと思ったりもします。

ふだん、この英単語の語感はどうなんだろう?というようなネイティブではないことから来る感覚のなさを実感させられますが、ひょっとすると、ネイティブだって、よくわかっていない人が多いってこともあるのかな、なんて思ったりしました。

この漱石の例は、文学であって、話し言葉とは全然状況が異なりますが・・・



posted by Monterey at 20:19| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ドナルド・キーン氏


以前、日本文学研究の第一人者ドナルド・キーン氏が日本に帰化したときのジャパンタイムズの記事をこのブログで取り上げたことがありました。

先日、ある高校の教科書で、彼の生き方を取り上げているのを知りました。ジャパンタイムズの記事を読んだときも、彼の日本への愛情の深さを(そして、故郷ニューヨークへの愛の深さも)実感しましたが、今回も、また、その感想を強く持ち、感動しました。そこで、ちょっとご紹介させていただきます。

キーン氏は東日本大震災の6か月後、被害にあわれた方々も含めた聴衆を前にスピーチをしたそうです。話が終わってから、ある高齢の女性がキーン氏のところにやってきました。

"She shook hands with me and I was moved. I felt our handshake was a symbol of my lifelong bond with Japan. I felt deeply grateful to Japan. I want to live together with these people and share death with them, as I love Japan and believe in Japan. I want to be with Japan.
(彼女は私に握手の手を差し伸べました。私は感動しました。それは、私の生涯を通じた日本との絆を示す象徴だと感じました。私は深く日本に感謝の念を抱きました。この人たちと共に生きていきたいし、この人たちと死を分かち合いたいと思います。私は日本を愛していますし、この国の良さを知っています。私は日本と共にありたいと思っています)

こんなに日本に愛情を抱いてくださって、ありがたいなあという思いになり、クラスで教えていながら、目頭が熱くなってしまいました。







posted by Monterey at 13:19| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

時制


時制に関する疑問です。

(彼が今の時代に生きていたとすれば、インターネットサービスを見て)「面白いと思っただろう」と言いたいとき、
He would have thought it (was/is) interesting.

wasなのか、isなのかという問題。

文法書によれば、
She said she goes jogging every morning.と、現在も繰り返し行われている動作に関しては時制を一致させなくてよい、とあります。

逆に、一致させてwent joggingとすると、現在は、ジョギングを続けているか、どうかはわからないことになるとのこと。

また、
Jim siad that his wife has blue eyesのように、現在も変わらない性質や事柄を表す場合、時制の一致は適用されない、とあります。
以上(Forest(桐原書店)参照

それを踏まえたうえで、もう一度、私が提示した文に戻ります。「インターネットが面白い」というのは、現在の話ではあるけれど「面白い」かどうかは、個人の判断であり、現在の変わらない状態ではないですから、過去形で表現するのが妥当だと思うのですが、この私の判断、あってます?

また、Forestの2番目の例ですが、ジムは、妻が青い目だと言っていたけど、自分はその発言を疑っているなんて場合は、Jim said that his wife had blue eyes.で、いいですよね。

今日のNHKラジオ英会話では、I hopeに続く節の時制の話をしていました。
I hope you come to the show.
I hope you will come to the show.

この二つの文を比べると、現在時制の1番目の文は、「当然来ますよね、お待ちしています」という感じが出るのに対し、下の文は、「あなたはショーに来ることに抵抗感があるので、ぜひ、来るのに意志を使ってほしい」というような意味合いが出るとのこと。

プレゼントを渡す際など、I hope you'll like it.と、you'llとするのが正式で、現在形を使うのは、その簡略形と思っていたのですが、「当然気に入るはず」という期待、自信を表す意味でも、'llは付けないほうがいいくらいなのかな。(you will like itと、わざわざはっきり、willを発音すると、思わぬ言外の意味が含まれてしまうかもしれないので、それは避けたほうがいいかな)



posted by Monterey at 12:06| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

ニュースより


久々のエントリー。学校も春休みになったので、その間だけでも、できるだけ投稿しようっと。

夜7時のNHKニュースを録画して、毎日英語をチェックしています。最近、メモしたフレーズを・・・

1.傘を持参
天気予報で、お出かけには「傘を用意するとよいでしょう」というセリフ。

An umbrella may come in handy.

come in handy重宝する、役に立つ

2.重ね着
こちらも、天気予報から。先週、関東地方を中心に雪が降りました。インタビュされた人が、「4枚重ね着しています」と言ったのを、英語で、four-layers of clothesと表現していました。

3.現職
「現職の大統領」と言いたいとき、私ならincumbentという語があったなあ、でも、硬いなあ、なんて思ったりします。テレビでは、the sitting presidentと言っていました。なるほど、そんな言い方、ありましたね。

4.熟成肉
熟成させた牛肉が、ちょっとしたブームなのだとか。それを英語でaged beefと言っていました。ワインの熟成度合いも、agedで表したりするんですね。

5.大きな区切り
先日、地下鉄サリン事件から23年を迎えたというニュースを伝えていました。今年は大きな区切りとなる、というフレーズをメモしたのですが、どうして、「大きな区切り」なのか、肝心の内容を覚えていません。情けない。

いずれにせよ、英語ではThis year may put a major closure to the ordeal.と表現していました。なるほど。put a closureは「けじめとなる」なんていう時にも、使えそう。


posted by Monterey at 12:34| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

Never too late


NHK午後7時のニュースで、82歳の日本人女性が国連でスピーチを行なったという話題を取り上げていました。彼女は60歳になってから、パソコンを使い始め、ついにはゲームの開発までやってのけました。

彼女の開発した雛人形並べゲームは以前他のテレビ番組で見たことがありました。60歳になってからパソコンデビューしたということも、その番組で伝えていたと思うのですが、すっかり忘れていました。今回のニュースはバイリンガルであり録画してありましたので、書きとってみました。ご紹介したいと思います。(英語は、100%あっているかどうか、自信がないところも・・・)

An 82-year-old Japanese woman is in a global spot light. Masako Wakamiya is a computer software programmer. She accepted an invitation to visit United Nation's headquarters in New York where she delivered a speech in English as a representative for her generation.

ということで、具体的にどんなスピーチの内容だったのかが続きます。

Let's find out what she had to say.

Masako Wakamiya lives in Fujisawa-city, Kanagawa Prefecture. She arrived at the United Nations Headquarters on Friday. The 82 programmer gave a speech in English on the merits of digital technologyin aging society.

(下線部は、had toと聞こえるのですが、いいのかなあ。「言わなければならないこと」→「どうしても、言いたいこと」と捉えればいいでしょうかね。

Wakamiya began to use computers when she retired from the previous job at the age of 60. While looking after her ailing mother, she taught herself how to edit uploaded photos and vedeos among other skills among other things.

「独学」というときは、teach oneselfという表現がありましたね。なるほど。それにしても、すごいなあ。機械音痴、パソコン音痴と諦めていてはいけないんだなあ。

One of her friends asked her to make a computer game for the elderly. Tha's when she started to learn programing. She was already older than 80. Wakamiya says she decided to create something that could be enjoed by her contemporaries. She eventually came up with what's called Hinadan. Players have to arrange the traditional hina dolls in the correct position by touching the computer screen.

「私たちも楽しめるゲーム作ってよ」と言われて、「簡単に言うけど、そんな一朝一夕に出来るもんじゃないのよ」と一笑に付すのではなく、プログラミングを学んでみようと思うエネルギーがすごいですよね。

The app. was released last February and was downloaded more than 60,000 times before the end of the year.

Wakamiya started to make a name for herself even outside of Japan She was invited by an international conference of app. developers and commented by Apple CEO, Tim Cook.

In the speech Wakamiya described how she uses the Internet to engage with people from across the world. She stressed the merits of digital technology for senior citizens.


今からでも、何か始めたい!と思わせる元気の出るニュースでした。








posted by Monterey at 21:16| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

明けましておめでとうございます


おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

新年早々、文法の疑問を提示させていただきます。

以前、高校生にこのような質問をされたことがありました。
「if節の時制が過去完了で、帰結節が(助動詞の)過去という文は可能だけど、その逆(if節が過去で、帰結節が過去完了【実際は助動詞が入るので、助動詞+have p.p.】)は可能なのか?」

私は「もし、今、こういう状態だったとすると、過去は〜だっただろう、なんていう状況って、あり得ないんじゃない?」と答えました。

ところが、年末に見た「メンタリスト」の最終回に、こんなセリフがありました。

If I didn’t have this ring, I would never have met you.

主人公ジェーンがテレサにプロポーズする場面で、前妻が亡くなってもずっとはめていた結婚指輪をはずすときのセリフです。

「もしこの指輪がなかったら、君とも出会っていなかっただろう」

論理的に考えると、「もし、今、この指輪を持っていなかったら、出会っていなかった」ではなく「もし、過去に指輪を持っていなかったら」あるいは「もし、ずっと持っていなかったら」というのが正確だと思うので、厳密に言えば、If I hadn't have this ringが正しい言い方だと思うけどなあ、と、腑に落ちずにメモしました。

でも、ひょっとして、たとえば、「もし男だったら、相撲取りになっていたのに」なんて場合

If I were a man, I would have been a sumo wrestler.
と言えるのかなあ。

逆に
If I had been a man, I would have been a sumo wrestler.

のほうが、不自然なのかな、と思うようになりました。どうなんでしょう。

もうひとつ、別の疑問です。

NHK講座で(どの講座だったか、覚えていません)アシスタントのネイティブの方が、なにか否定文を言ったのですが、それに対し、もう一人のネイティブアシスタントが、Me, too.と応答したんです。

このやり取りは、スキットとは無関係のアドリブ部分なので、文法に則れば、Me, neither.のところを、思わず、Me, too.と言ってしまったのだろうなとは思うのですが、これは、ネイティブが、結構、頻繁にやってしまう「間違い」、言い換えれば、「間違い」とは気づかないで流せる程度のものなのか、どうか、少し気になりました。

ドラマでも、こんなセリフを耳にしました。こちらも、「メンタリスト」から

"I'm not gonna lay off because some fat cat's putting on the pressure."
"Me, too."


どんな場面だったか、記憶がないのですが、「プレッシャーに屈して、やめたりしない」という固い決意のセリフなので、「私もやめたりしない」という強い否定の同意だと思うのですが、それでも、neitherを使わずに、tooを使っている点には注目です。

皆さんも、もし、このような例に遭遇したら、ご一報を!








posted by Monterey at 10:43| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

メンタリスト最終回


押し迫って来ましたね。

そんな中、平日と何ら変わらないエントリで恐縮ですが、「メンタリスト」最終回の気になる英語が少し残っていたので、年内にアップしておきたいと思います。

1.流れに任せる

二人だけで結婚式をあげてしまうはずが、いつの間にか、招待客が増えていく。開き直って、ジェーンが言ったセリフ「流れに任せるよ」

I'm gonna surrender to fate.
「運命に身をゆだねる」ということですかね。

ヤケクソになって、こんなことも言ってました。

We're gonna need a few more guests just to dilute the alcohol content.

こういうセリフが、アメリカドラマの洒落てるところだなって、思います。

2.心機一転

仕事場も変え、心機一転しようと思ったメンバーのセリフ

I think a change of pace would be good.

「気分転換」でインプットしているこのa change of paceというフレーズ。自分で使ったことないかも・・・と思って、今一度記憶にとどめます。

3.卑下する

「卑下するな」というセリフ。

Stop feeling sorry for yourself.

sorryがカバーする範囲はなかなか広い。「お悔み申し上げます」もI'm sorry.だし、もちろん、謝罪するときも使うし。今回は、憐れむ、というニュアンスかなあ。

3.3割バッター

「卑下するな」に続く流れで、
You made some mistakes going after Keller? Welcome to the club. I bat .300 on a good day.


「ケラーを追いかけて、お前はたしかにミスを犯した。みな同じだ。俺だって、調子のいいときは3割打つ」

直訳はそんなところでしょうか。

私がシナリオ書くなら「みな同じだ。俺だって、三振する」って行くけどなあ。これは、日本語と英語の違い?それとも、単に、この脚本家が変わっているの?

ちなみに、.300three hundredと発音していました。

さて、2017年も、あと2日ですね。

来年も、「英語道」を1歩ずつ、前進していきたいと思います。

皆様、良いお年を!






posted by Monterey at 22:06| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

メンタリスト、ついに見終わってしまった・・・


寂しいです。メンタリスト見終わってしまいました。

今日は、最終回までの数話から、気になった表現をまとめました。

1.ピンチって楽しくない?
Don't you love it when the stakes are high?

I (don't) like it when
のパターンは、これまでも何度か出会っているので、慣れましたが、「〜って楽しくない?」という日本語に対し、Don't you love it whenが使えるんだなあと、メモ。

2.電話番をしていて
Hold down the fort.

このフレーズは、辞書をしらべると「砦を守る」→ 「務めを果たす」→「留守を守る」という流れのようです。

3.急ブレーキをかけた?
Did you stop short?

「短い距離で止まった」ということでしょうか?あるいは、「車間距離不足で止まった」ということかな。
でも、急ブレーキをかけなくても、その状況になることはあるなあと思い、辞書を開く。

stop short: 急に止まる〔やめる〕  研究社英和

必ずしも、車とは限らないんですね。

3.ガツガツせずに
状況はこうです。同僚をデートに誘いたいと思っている男性。どうしたら、ガツガツせずに、強い印象を与えることができるか?と、上司に相談している場面。その「ガツガツせずに」

without coming on too strong

この表現を辞書で調べると、
(レースで)どんどん前に出てくる ≪口語≫(性的な意味で)強引に迫る  リーダーズ

When you're interviewed for the job, don't come on too strong.
就職の面接を受ける際には、あまり派手にふるまってはいけない  ランダム英和

自分では、使いこなせないなあ。

4.私だけ?
「家が左にちょっと傾いているように思えるのは、私だけ?」

Is it me or does it seem like the house slants?

Is it just me?

という英語表現は知っていましたが、Is it meだけでも使うんですね。

この疑問の答え「目の錯覚だよ」

optical illusion

「気のせい」「空耳」などはjust my imaginationというのもありますよね。

もう少しメモがあるのですが、長くなってきたので、次回に回します。







posted by Monterey at 22:03| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのままで


科学館で働いている生徒さんから、しばしば質問を受けます。昨今はアジア各国からの観光客が科学館にも立ち寄るそうで、その際のお願いや指示をどう英語で伝えたらいいかという質問です。先日も、「そのままで、少々お待ちください」をどう表現したらよいかと尋ねられました。

「そのまま」というのは、どういう状況ですか?と聞くと「直立のまま」とか「座ったまま」など、いくつか状況があるとのこと。

そうですねえ・・・と、考えているうちに、次の時間の生徒さんがゾロゾロ入ってきたため、生徒さんは「またの機会で結構です」と言って教室を後にしました。

後で、考えたのですが、

Just don't move, and wait a second.とかCould you keep that posture for a while?などかなあと思いました。

その後、バイリンガルニュースで、いったん、移設の話が出ていた小学校が諸々の理由から据え置きになった、という箇所で、stay putが使われているのを聞きました。「じっとしている」という意味のこのフレーズ、こんな状況にも使えるんですね。

この表現こそ、「そのままで待っていてください」に、ぴったりなのかなと思いました。Could you stay put here?と、言って差し支えないでしょうか。

ただ、これも、イディオムなので、英語ネイティブでない方には、通じないことも多いかもしれないですよね。英語も、どんな状況でだれに使うかを考えなければ。





posted by Monterey at 10:20| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

ジャパンタイムズの記事から


最近のジャパンタイムズ紙から、二つの記事(の気になった英語表現)をご紹介したいと思います。

まずは、大谷翔平選手のエンジェルズ入団決定の話題。

Jason Coskrey氏によるコラムです。
彼(大谷)のMBLキャリアは6語で始まったとし、

"Hi. My name is Shohei Ohtani," he said with a smile playing out across his boyish features.

と続けます。play outは、特に辞書には載っていなかったのですが、wearshowの意味を、野球のplayにかけたのかなあと思いました。そして、日本語では、女の子に用いる「ボーイッシュ」ですが、英語では、日本語と同様の意味もありますが、「少年のような」という意味で、男性にも使うのですよね。

コラムはこの後、
Left unsaid was, "And I'm here to turn this game upside down.
と、書かれていました。

直訳は--言葉に表していない部分は「形勢を逆転するためにやってきました」--というようなことでしょうか。最初は、今年のエンジェルズの成績(よく知らないけど、少なくともワールドシリーズには出ていなかったから)が芳しくなかったので、それを覆すためにやって来た、ということを言いたいのか、と思ったのですが、この後のコラムの展開を読むと、前例のない二刀流を成功させて、メジャーリーグの歴史を塗り替えるためにやって来た、という意味かなあと思いました。

そして、エンジェルズファンだけでなく、
Deep down, even fans of teams who missed out on the two-way star have to be wondering what's in store now that he's in MLB.
(心の奥では、この二刀流スターを獲得できなかった他の球団のファンでさえ、彼がメジャーリーグに来たからには、どんなものを見せてくれるのだろうかと思っているはずだ)

in store: 持ち合わせて、用意して
Who knows what the future may hold [have] in store?未来が何を用意しているか(どんなことになるか)わかるものではない--研究社英和

さらに
As much as many baseball people like to stick to the tried and true, it's revolutionary enough the Angels are going to let Ohtani try his hand as a two-way player.

the tried and true
って、なんだ?この形!って、思ったのですが、英辞郎にこんな例文が

tried and true option実証済みの対策

as much asが悩んだのですが、「多くの球団関係者が実証済みのことに固執するのと同じ分だけ、革命的だ」ってことですよねえ。


「多くの球団関係者は従来の成功路線を守っており、それだけエンジェルズが大谷に二刀流を試させるのは革命に近いことだ」みたいな意味ですよね、きっと。

もう一つの記事は、ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロのスピーチ。
"the pride we feel when someone form our nation wins a Nobel Prize is different from the one we feel witnessing one of our athletes winning an Olympic medal.
We don't feel the pride of our tribe demonstrating superiority over other tribes. Rather, it's the pride that comes from knowing that one of us has made a significant contribution to our common human endeavor. The emotion aroused is a larger one, a unifying one."

「自国の市民がノーベル賞を受賞したときに感じる誇りは、オリンピックで自国の選手がメダルを獲得したのを目撃したときに感じるものとは種類が異なる。
 自分たちの集団が他の集団より優秀だということを見せつけることにより私たちは誇りを感じはしない。それよりも、私たちの一人が、共通の人間の努力に対し、大きく貢献したことを知ることにより生じるのが、誇りである。湧き上がってくる感情はより大きいもの、より固いものである」

下線部の訳がよくわかりません・・・

スポーツの話をしてから、これを引用すると、矛盾している気もしますが・・・オリンピックやワールドカップで、異常な祖国愛を見ると、こんな気持ちになる私です(もちろん自国の選手を応援しますけどね)


posted by Monterey at 18:50| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。