2015年11月27日

私でよければ


11月24日号のジャパンタイムズ、日本語講座のページに、こんなやりとりが。

お客様を空港まで迎えに行かなければならないのだが、急用が入り困っている同僚に「私でよければ、行きましょうか?」

この「私でよければ」のセリフ、私は

(I can go) if that works.

としてみました。ジャパンタイムズの英訳は

If you don't mind"

でした。

ちょっと違和感を持ったのは私だけでしょうか?

どちらかというと、I don't mindじゃないの?って思っちゃいました。

辞書を調べてみたのですが、研究社の新英和大辞典にIf you don't mind ...で「おいやでなかったら、なんなら...」と載っていたのですが、「なんなら」という日本語はこの場面では使えます。「なんなら、私が行きましょうか」と。

「なんなら」を和英で引いてみると

if you like
if necessary
if it is convenient (for you)

などが出てきます。「それが都合よければ」の意味を持つconvenientはこの場合使えそうだし、都合よければ嬉しいだろうからlikeも使えるのかなあ。necessaryは、「気は進まないけど」というニュアンスが出そうな気もする。

こんな意味合いをif you don't mindが含んでいるのなら、使えるのかなあ。「おいやでなければ、私行きますけど」みたいで、そこまで下手に出ることもないと思ってしまって、自分では使えないなあ。


posted by Monterey at 11:34| Comment(6) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする