2015年12月08日

soon


先日、英字新聞にこんなコマ漫画がありました。

雪玉を作って机の引き出しにしまっておいた男の子が、それを取り出そうと、そっと引き出しを開けてみて、一言。

I knew I should have thrown the snowball sooner.

もっと早くしておけば良かったことくらい、人に言われなくてもちゃんとわかっていたのに、どうして、やらないかなあと、自分で地団駄踏むこと、ありますよねえ?

って、「ねえ」つけちゃいましたけど、私は、度々あります。

ところで、このsoonerなんですけど、この頃、少し慣れてきたかなあと思いつつ、私だったら、earlierを使っていたかもなあ、と思いました。

改めて、soonの使い方を調べてみました。

ランダムハウス英和に、良い説明が載っていました。

3番目の項目に、《比較級・最上級で、またはhowを冠して》早く、早めに、速やかに、さっそく、さっさと(quickly, promptly

例文としては
How soon will I hear from you?

さらに研究社英和には
Winter has come rather soon this year.
We got there (half an hour) too soon.

(今年は冬が早くきた/ (30分も)早くそこに着き過ぎた)
という例文が載っていたのですが、この二つの例文も、rathertooという修飾語がなければ、成立しないですよね。

ジーニアス英和には2番目の項目に(予定より)早くという意味が掲載されていました。rathertooを付けることによって、「予定より」というニュアンスを出しているのかなと思いました。

「今年は初雪がずいぶん早かった」だったら、
We had our first snow too soon this year.かなあ・・・

今までなら
We had our first snow much earlier than usual this year.

と表現していたと思うけど、too soonOKなら、簡潔でいいなあ。しかも、まだ降ってほしくないのに、降ってしまった感も、にじみ出て、心境にぴったり。



posted by Monterey at 15:11| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする