2015年12月28日

メモも大掃除


ドラマを見ながらメモしておきながら、そのままになっているメモ用紙たち。年末大掃除の季節。ブログに書き留めておいたものも整理して、掃除したいと思います。

今、主に見ているドラマは「エレメンタリー」と、「メジャークライム」のシーズン3。そのどちらかからのメモです。

1.予想外だな

I didn't see that coming.

似たような表現で、have it comingっていうのがありましたよね。

たとえば、

The lazy student failed the test; he had it coming to him.
あの怠け者の学生が試験に落ちた。自分のまいた種だ。--研究社英和

いわゆる「自業自得」の意味で使えますよね。

not see it comingとなると、「まさか、そう来るとは・・・」と、かなり意味が変わってきますね。

2.買いだめ

嵐が来るため皆買いだめしてお店に物がなくなっていた、という状況。

There was a run on the storm stuff.

辞書をみると、runに「大需要・大売行き」というのがあったので、その意味で使っているのかなと思いました。

買いだめと言えば、hoardなんていうのもありましたよね。

buy outは買いだめというより、買い占めになるから、一人(もしくは一社)によることが多いのかな。

3.気になる

「気になる」という表現はこのブログで過去に何度か取り上げました。can't get it off one's mindとか、否定的内容ならannoying, botheringなど。また、のむのむさんからのコメントでdistractingなどというアイディアもいただきました。

今回ドラマで出てきた「気になる」の表現はuncomfortable

一語で、簡潔に表せるところがいいですね。ただし、これも否定的な事柄に限られますが。

4.迷う

これも、以前に取り上げた動詞。

can't decide, can't make up one's mindのほか、名探偵モンクでは、Sophie's choice. Except it's soup.なんていうのも出てきました。(どちらのメーカーのスープを買うかで迷っていたので)

今回出てきたメモでは、二つの新たな「迷う」が載っていました。

I spent a lot of time to think about it.
迷いながら、じっくり考えたという表現ですね。

もう一つは、「電話してね」というAさんに対し、素直に電話できない状況にあるBさん。迷ったあげく電話します。


A: I wasn't sure you would (call me).
B: I wasn't sure I would, either.


このBさんのセリフの日本語字幕は「迷ったわ」でした。

状況によってはI wasn't sure I should.なんていうのも、いいかな。

5.玄関

foyerという言葉が出てきました。わからなかったので、辞書を引く。

1.(劇場・図書館・ホテルなどの)休憩室、ホワイエ、ロビー
2.玄関の間

ドラマでは2の意味で出てきました。英語圏の家屋では靴をぬぐ場所が特定されているわけではないので、日本語の「玄関」に近い英語はせいぜいentranceで、そこにはあまり空間が感じられない気がしていました。しかし、このfoyerは、玄関を入ったところの空間を指すようです。たしかに、このドラマ「エレメンター」の主人公の家には玄関先に置物が飾ってあったりもして、ちょっとした空間がありました。英英の説明では(North American)an entrance hall in a house or flat
発音は何種類かあるようでしたが、このセリフを口にしたワトソンさんは「フォイヤ」みたいなかんじでした。

今年のエントリはこれが最後かな。もう1回、できるかな?

とりあえず、皆様、今年1年お世話になりました。
良いお年を!




posted by Monterey at 22:28| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする