2016年02月19日

徒然に


久々の更新です。

その間、メモったものの中から、徒然に書き連ねます。

1.関係詞
外国語を自由に添削するサイトLang-8に数年前登録しました。ただ、自分の書いた英文を投稿しても、なかなか添削してくれる人が現れないのが現状で、そのうち投稿しなくなってしまいました。

人気英語ブログ(チカさん)を見ていると、このLang-8を紹介していました。たまたま、そこで紹介されていた例文がこちら。

This picture is the Christmas cake that I baked last year.

この文を(おそらくネイティブが)添削したのが、こちら。
This picture is of the Christmas cake that I baked last year.

たしかに、This picture is the Christmas cakeなら、この写真がケーキということになってしまいますからね。でも、もし生徒さんがこの文を書いたとして、私はその間違いに気づいてちゃんと添削できるかな?とふと不安になりました。

そして、関係詞whichthatに添削されていたのですが、理由は、どのケーキでもいいわけではなく、去年私が作ったケーキという限定があるから、というものでした。おそらく、文法書で言う、先行詞にthe onlyなどの限定的表現がある場合はthatを用いる、というルールに準じているのだとは思うのですが、この文にはonlyにあたる限定的表現はありません。theという限定詞はついているけど、そんなこと言ったら、先行詞にtheがついた文はすべて、関係詞はwhichではなくthatを選ぶことというルールに変えてもらわないとお! だいたい、関係詞の制限用法というのはみなそうなのではないですかね!?

この説明にバイリンガルのチカさんも、反論していなかったので、納得しているのだろうなあと思いました。ということは、先行詞にtheがついているときはwhichよりthatを選んでおいたほうが無難なのかな。少なくてもこのような目的格の関係詞の際は、関係詞を省略したほうが悩まなくてもすみますね。

2.何?
こちらはドラマ「エレメンタリー」からのメモ。

「君が何をかんがえているか、わかるよ」I know what you're thinking, you know.に対し、「何よ?」というやりとり。いったい、この人は私が何を考えていると言うつもりなのだろう?皆目見当がつかない、という場合の「何なのよ?」のひと言を、Amaze me.で表していました。「私が感心するようなこと言ってみてよ」ということですよね。

これに似た表現を以前、このブログで書きました。たしか、「何飲む?」と聞かれて、なんでもいいという返事にSurprise me.と使っていました。

ちょっと、洒落ていて、いつか使ってみたいと思っています。

3.一時しのぎ
これはドラマ「メジャー・クライム」からのメモです。

「それは一時しのぎだ」というところを、It's still just a Band Aid.と言っていました。応急処置ということですね。商品名だけど。覚えやすい。



posted by Monterey at 10:50| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

cut it close


最近のメモから、いくつかエントリーします。

1.cut it close
ドラマ「エレメンタリー」より。

早朝の便でロンドンに帰ろうとしている兄を呼び止めて、手紙を渡すホームズ。

ホームズ:
Cutting it a little close for the red-eye, aren't we?

cut it closeって、先月ラジオ英会話で出てきたフレーズ。「それ(予定など)をギリギリに設定する」

red-eyeも、以前同番組で出てきた気がする。目を赤くしなければならないような早朝や夜間の便。

「帰宅便の直前になっちゃったね」というところでしょうか。

講座で学んだフレーズが、このようにドラマなどで出てくるとなぜか嬉しくなります。

2.跡が残る
メモ帳の一番上に文字を書いたりすると、そのペンの跡が下の紙に残り、その2枚目の紙を鉛筆でこするとペン跡の部分が沈んでいるのでそこだけ鉛筆がつかず白く残り、1枚目の紙に何が書いてあったかわかる。そんな場面をサスペンスドラマなどで何度か見たことがあります。この場合の「鉛筆の跡が残る」を、ドラマ(「エレメンタリー」で、意外な言い方をしていました。

Map has pen impressions on it.
今回は地図の上にメモをとったので、mapが使われていたのですが、なぜ、theが付かず、まるで不可算名詞のようになっているのかは不明。それは脇において、ペン跡をpen impressionsと表現していることに、へぇ〜と思ったしだいです。impressは元々「刻印する、刻む」ってことだから不思議はないんだろうな。

3.風邪ひきそう
NHK講座を担当していた岩村圭南先生の著書「1分間英語」(アルク)を読んでいると「風邪をひきそうなかんじ」という表現でI feel a cold coming on.というのが載っていました。

その話を生徒さんにすると、「では、Spring is coming on.も言えますか?」との質問が出ました。私は即答ができず、「このonはどんなニュアンスでしょうねえ」となりました。質問した生徒さんが「自分に近づいているかんじでしょうかね」というので、私もそんな気がします、と言いつつ、辞書を確認しました。

come onの3番目の意味として「≪風・嵐・発作などが≫起こる、現れる、≪病気・苦痛などが≫つのる」とありました。

ということは、このonは、「不利益を表すon」に似ているのかな。たとえばShe hung up on me.The door was shut on him.などのような。これらは前置詞で、come onのほうは、on以下になにもないから、副詞の役割を担っているけど、ニュアンスは同じようなかんじですよね。

となると、春を待ち望んでいる人たちなら、Spring is coming on.とは言えないってことですよね。難しい!




posted by Monterey at 14:23| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする