2016年03月21日

like to と like ing


likeの後ろに不定詞が来る場合と動名詞が来る場合で意味が異なることがある、というのは時々見聞きします。でも、その違いの説明を読んでも、私は自分で理解して使い分けができているとは思えない状態です。

改めて辞書の説明を読むと・・・

オーレックス英和より

[英]ではlike doingは現状を好ましく思う場合、like to doは選択や習慣が問題になる場合に使う傾向がある。≪例≫I like working for ATT.ATTに勤めて満足してます。
I like to go to bed early.夜は早く床につくのが好きです。

[米]ではどちらの意味でもlike to doを使うことが多い。

少なくても、米国英語ではあまり神経質にならなくていいってことですね。

なぜこの話題を出したかというと、仕事で使っているテキストの一つGrammar in use intermediateで、その違いについて下記の説明をしていたんです。

There is sometimes a difference btween I like to do and I like doing:

I like doing something. = I do it and enjoy it:

- I like cleaning the kitchen. (= I enjoy it:)

I like to do something. = I think it is a good thing to do, but I don't necessarily enjoy it:

- It's not my favorite job, but I like to clean the kitchen as often as possible.


like to cleanの例文は意外でした。「好きな仕事ではないけれど、できるだけ台所を綺麗にしておくのが好きだ」という意味合いでしょうか。もしそうなら、私なら、I want to keep my kitchen clean as much as possible.とかI like to keep my kitchen clean.だなあ。

こんな風に使えるなんて知りませんでした。どうも、ピンと来ないけど。

このテキストは、イギリスのケンブリッジ社のものですが、しかし、Self-study reference and practice for students of North American Englishと表紙にありますので、北米でも、このような使い分けをしているということなのでしょうね。



posted by Monterey at 17:11| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

veryとjusst


高校生のクラスで「まさに」の意味のveryが出てきました。this very moment(まさにこの瞬間)のような用法です。

すると、女の子がjustとはどう違うの?と質問しました。

なるほど。そんなこと考えたことなかったけど、たしかに、疑問に思う気持ちもわかる。でも、両者には大きな違いがある気がする。

すぐに思ったのが、veryのほうはthe very girlのように、the(や、その他の限定詞)が先に来るけど、justjust the timeのように、justの後ろにthe+名詞句の順になること。

veryはこの場合形容詞だけど、justは副詞かなあ。just the timeなんて言うときは、timeを修飾するのだから形容詞か?

意味のうえでもなにか違いがある気がするのですが、「ここが違う」と明確に言うことはできませんでした。そのため例によって来週までの私の宿題となりました。

そこで、辞書を引いてみました。まずはjustから

ジーニアス英和より

These football hooligans are just animals.(フットボールで騒ぎを起こすファンはまさにけだものだ)

この例文のjustveryに替えて口に出してみました。

These football hooligans are very animals.

これでは意味をなさない。veryは、まさに同一のもの、という意味でないと使えない気がする。ということで、英英辞典で確認。

very: actual; precise (used to emphasize the exact identity of someone or something

やはり、the very animalsは相応しくなさそう。

それに対して、下記の例
It was just the thing his party needed before the election.(それは選挙前に彼の党がまさに必要としているものだった)

これは、彼の党が必要としているものそのものだから、veryでも表現できるはず。ただし、語順はやはりthe very thingとなるんだろうなあ。

It was just what his party needed.と言い換えることもできるけれど、これは、veryで代用できなさそう。It was very what his party needed.はなんだか座り心地がよくないかんじ。辞書によっては「まさに」の意味のverythe, this, that, one'sなどを伴って、という但し書きがあるものもありました。whatのような疑問詞の場合、そのような限定語はつきませんものね。

結論。veryは「同一の」の意味でのみ使い、その場合この語は形容詞。the, one'sなどの限定詞を前に置き、the very/ your very...などの形で用いる。一方、justは同一のものでなくても使え、just theの語順。品詞は副詞とのこと。

と、こんなところでしょうか。

posted by Monterey at 11:58| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

お膳立て


例によって、今見ているドラマ「エレメンタリー」よりメモったものです。

1.物は言いよう

言い訳をしている会社役員。嘘とまでは言えないギリギリの言い方。それに対して、ホームズが「物は言いようだ」と皮肉る場面。その英語が

Well, you say tomato.

これは英語と米語の違いを指摘する"tomato,""tomato."「トメイト」「トマート」がベースになっているんですよね。

ホームズはイギリス人なので、このセリフyou say tomato.は「トメイト」と発音しています。「僕はトマートと発音するけれども、人によってはトメイトと言う。同じトマトという事実を話していても、ずいぶん言い方は違ってくるものだ」ってことなんでしょうね。

これって、イギリス人でもアメリカ人でもない私のような人間でも、応用できるのかな。

「物は言いよう」の例ではないけど、みんながそのように考えるわけではない、と言いたい場合、Not all the people say tomato.

相手が北米人だったら、「トメイト」、英国や豪州人だったら「トマート」にするというルールで。

2.一人歩き

アダム・ピアという架空の人物を作り出したのだけれど、その人物が創造主(二人)も手に負えないくらい一人歩きしてしまったという状況。

Before we knew, Adam Peer had become something bigger than either of us.

「一人歩き」はただ単に「創造主より大きくなってしまった」でいいのかあ。なるほどねえ。

3.お膳立て

刑事として自信を失っているレストレード(日本では昔から「レストレード」と呼ばれているのですよねえ。ドラマの登場人物はみな「レストラード」と発音していました)に、自信回復の手立てとして容疑者がみえみえの事件解決をお願いするという設定。レストレード警部はそうとは知らずに見事事件を解決。おめでとうと祝福するワトソンとホームズ。そのころには、真相を察したレストレード。そこで一言。

It would have been nice, had he not been handed to me on a silver platter.
(お膳立てがなかったら、さぞかし、嬉しかっただろう)

「銀の皿に載せて差し出す」で「お膳立て」を表しているんですね。さらに、if he had not been handedhad he not been handedで表しているのも、驚きでした。こういう表現って、ビジネスレターなど、書き言葉でしか使われないと思っていたのに、会話で使われるんですね。

4.百発百中

状況は忘れてしまったのですが、「百発百中」を

Batting a thousand

「10割打者」と表現していました。野球の打率はふつう3割2分8厘のように、小数点以下2の位までで表すと思うのですが、だったら、Batting a hundredになりそうなものだけど・・・

posted by Monterey at 00:01| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

原野が続く


今週、北海道は猛吹雪に見舞われました。幸いにも、私が住んでいる市はなんの影響も受けなかったのですが、被害者も出る惨事となった地方もありました。

テレビ番組では、画面の淵に刻々と変わる気象情報や注意事項が1日中流れていました。
ある局は、日英の二か国語で注意事項を流していたのですが、その英語字幕で気になる点がありました。

録画していたわけではないので、正確には覚えていないのですが・・・

北海道では時に隣の市まで何十キロも原野が続くことがあります。

こんな日本語だったと思います。

だから、こまめに給油しましょう、という注意喚起なのですが、これを英語で・・・

In Hokkaido, sometimes (主語) stretch wilderness tens of kilometers to the next city.

こんなかんじだったと思うのです。正確ではないので、違っていたら英文を作成した方に謝ります。「ごめんなさい」m(__)m 


@stretchの他動詞としての用法
A原野をwildernessで表現している点
B隣の市をnext cityで表している点

などに違和感を抱いたのですが、どうでしょう。

ということで、これをたたき台に自分ならどう訳すか考えてみました。

@spread
を他動詞で使うなら主語は「北海道」あたりでしょうか。

The bird spread its wings.オーレックス英和

を参考に、Hokkaido spreads its 原野という文を作ってみました。

個人的には原野 spreads outのほうがいい気がするんだけど。

北海道を主語にすると比ゆ的な表現のように聞こえて、注意喚起の文にはそぐわないように思えてしまう。


A原野
wildernessには確かに原野・荒野の意味があるので、問題ないのかもしれませんが、私自身はこの語の語感がよくわからないので、自分で英作するなら、避けるだろうなあ。和英に掲載されている(a) wasteland/ a wilderness/ a moor/ a field/ a plainの中から自分で一番ピンと来るのはa plainかなあ。

B隣の市
next cityでも、いいのかもしれないけど、私としては、何を基準として次の市と言っているのか、なんとなくぼやけたかんじがしてしまいます。

以上を考慮して、恥ずかしながら私の英訳を書かせていただくと・・・

In Hokkaido, sometimes (wild) plains spread dozens of kilometers between cities.

tens ofも、どうなんだろう?と、少し不安になって辞書を確認したのですが、tens of thousands ofでお馴染みのこのフレーズも、tens ofだけでは、辞書には見当たらなかったので、dozens ofにしてみました。

私の訳も、100%自信があるなどというものではないです、もちろん。公けの目に触れる(ブログは別ね)場合は、絶対ネイティブチェックがほしいところです。



posted by Monterey at 21:52| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする