2016年03月08日

お膳立て


例によって、今見ているドラマ「エレメンタリー」よりメモったものです。

1.物は言いよう

言い訳をしている会社役員。嘘とまでは言えないギリギリの言い方。それに対して、ホームズが「物は言いようだ」と皮肉る場面。その英語が

Well, you say tomato.

これは英語と米語の違いを指摘する"tomato,""tomato."「トメイト」「トマート」がベースになっているんですよね。

ホームズはイギリス人なので、このセリフyou say tomato.は「トメイト」と発音しています。「僕はトマートと発音するけれども、人によってはトメイトと言う。同じトマトという事実を話していても、ずいぶん言い方は違ってくるものだ」ってことなんでしょうね。

これって、イギリス人でもアメリカ人でもない私のような人間でも、応用できるのかな。

「物は言いよう」の例ではないけど、みんながそのように考えるわけではない、と言いたい場合、Not all the people say tomato.

相手が北米人だったら、「トメイト」、英国や豪州人だったら「トマート」にするというルールで。

2.一人歩き

アダム・ピアという架空の人物を作り出したのだけれど、その人物が創造主(二人)も手に負えないくらい一人歩きしてしまったという状況。

Before we knew, Adam Peer had become something bigger than either of us.

「一人歩き」はただ単に「創造主より大きくなってしまった」でいいのかあ。なるほどねえ。

3.お膳立て

刑事として自信を失っているレストレード(日本では昔から「レストレード」と呼ばれているのですよねえ。ドラマの登場人物はみな「レストラード」と発音していました)に、自信回復の手立てとして容疑者がみえみえの事件解決をお願いするという設定。レストレード警部はそうとは知らずに見事事件を解決。おめでとうと祝福するワトソンとホームズ。そのころには、真相を察したレストレード。そこで一言。

It would have been nice, had he not been handed to me on a silver platter.
(お膳立てがなかったら、さぞかし、嬉しかっただろう)

「銀の皿に載せて差し出す」で「お膳立て」を表しているんですね。さらに、if he had not been handedhad he not been handedで表しているのも、驚きでした。こういう表現って、ビジネスレターなど、書き言葉でしか使われないと思っていたのに、会話で使われるんですね。

4.百発百中

状況は忘れてしまったのですが、「百発百中」を

Batting a thousand

「10割打者」と表現していました。野球の打率はふつう3割2分8厘のように、小数点以下2の位までで表すと思うのですが、だったら、Batting a hundredになりそうなものだけど・・・

posted by Monterey at 00:01| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする