2016年04月29日

I think


マーク・ピーターセン氏の最新著「なぜ、その英語では通じないのか?」(集英社インターナショナル)を読んでいます。

今まで読んだ部分でもっとも衝撃的だったのは、今まで安易に使っていたI thinkが、注意して使わなければならないという点。

たとえば、

大相撲を見に行って「相撲は外国人にずいぶん人気があると思った」なんていう文。

I thought that sumo is quite popular among foreigners.

これは不自然だ、とピーターセン氏は言います。これでは、「相撲は外国人にずいぶん人気がある」という意見を持っていた、という意味合いになるとのこと。ここは、意見ではなく、そのような事実に気づいた、ということなのだから、

I realized that sumo is quite popular among foreigners.

のほうが自然だと。

また、「九州のほかの県にも行ってみたいと思った」なんていうときは、感じたことを述べているので、

I felt that I wanted to visit other Kyushu prefectures.

であると言います。

基本的にthinkは「考える」の意味なので、「思う」を「考える」で置き換えてもいいときにはthinkが使えるとのこと。

辞書の例文で様々なthinkを確認してみました。

微妙な例文をご紹介すると、

Do you think you could move over a little?(少し席を詰めていただけますか)

まあ、これも「席を詰められるとお考えですか?」と解釈すればthinkが使えるということになりますか。それだけのスペースがあるかどうかの客観的事実ではなく、あなたがどう考えるかの意見を伺う形のほうが丁寧ですものね。

"It's going to rain," I thought to myself.(「ひと雨来そうだ」とひそかに思った)

雲行きからそう考えた、ということだからいいか。

I thought I heard the doorbell.(玄関のベルの音を聞いたと思った)

これは・・・ベルの音を聞いたと考えた、というのはどうだろう?かと言って、ほかに相応しい動詞もないような。強いてあげれば、believeassumeかなあ。でも、ここはやはりthoughtが一番いい気がする。

難しいなあ・・・





posted by Monterey at 17:10| Comment(6) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

half


高校生から次の文の質問を受けました。副教材で使っているミステリーだそうです。

乗り捨てられた車の中に、空いたままになっているスーツケースがあった、という状況

Half-out of the suitcase were three dresses and shoes.

というような文。なぜhalf-outと、この二語がハイフォンでつながれているのか?この文の意味はなんなのか?という疑問。

最初、この高校生は「スーツケースの中身の半分は3着のワンピースと靴だった」という意味だろうと思ったのだけれど、それなら、-outはなくてもいいのに・・・と腑に落ちなかったと言います。

なるほど、おっしゃるとおり。

half-outでなにか特別な意味があるのだろうか?と思い、辞書を確認するも、それも載っていなかったという。

私がまず注目したのは、動詞がwasではなく、wereである点。ということは、この文は倒置が起きていて、本来はThree dresses and shoes were half-out of the suitcase.だったのだろう。

それでも、すぐには意味を把握することはできませんでした。

ちょっと、考えさせて、と言って別れました。生徒が帰ったあと、その文が書かれているボードを見つめて、ふと、ひらめいた。

half-outって、「半分外に出ていた」っていう意味ですね!

out ofと並んでいると、どうしても、「〜から」と解釈してしまって、「外」という概念が欠けていました。

「3着のワンピースと靴がスーツケースから半分はみ出していた」

ってことですね。だれかがスーツケースの中を物色したかのような状態を示しているのでしょうね。

half-で、完全でない状態、「半ば〜」を表せるなら、なかなか便利そうだけど、・・・(もちろん、half asleephalf(-)cookedなど有名なフレーズもありますが、自分でも勝手に応用していいのかな)

outがあるなら、inも使えそうですよね。

His shirt was half-in his pants.

で、シャツの裾が中途半端にパンツの中に入っている状態を表現できるかなあ。





posted by Monterey at 17:21| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

疑問


クイズ番組で英語の出題を時々見かけます。たまに、正解や説明を聞いて、えっ?と疑問に思うことがあります。今日はそんな疑問のいくつかをアップしたいと思います。

1.leave home

あるクイズ番組でleave homeleave the homeは意味が違うので、注意しましょうと言っていました。

leave the homeなら、単に「家を出て外出する」という意味だが、leave homeとなると、「実家をさる」「離婚する」などの意味になる・・・というのですが・・・

私は今までI left home at 8:30.というような文をクラスで教えてきたので、これを聞いてびっくり!うそぉ〜!と思い、辞書で確認しました。

辞書には、「(どこかに向かって今いる場所を)出発する」という意味と「(雇い主)から暇を取る」や「家庭・人など)を見捨てる、別居する」という意味が載っています。

例文もleave homeで両方の意味が見られます。

I left home without my wallet.(私は財布を持たずに家を出た)研究社英和

entice a girl to leave home(女の子をそそのかして家出させる)ランダムハウス英和

ちなみに、leave the homeのほうは、4つの英和辞典では例文が検索できませんでした。

テレビではまた、leave officeleave the officeの違いにも触れていて、前者は「会社を辞める」、後者は「会社を出て帰る」の意味だと説明していました。

こちらに関しては、辞書も同じようで、go out of [leave, resign] officedで「辞任する」とあります。

単に「オフィスを出た」と言いたいときは、leave the officeとなっているようです。

2.選ぶ

こちらは、私が直接見たわけではなく、生徒さんがクイズ番組で言っていたのですが、と教えてくれたものです。

chooseselectの違いを説明していたそうです。

その番組によると、chooseは「二つのうちから選ぶ」、selectは「三つ以上の中から選ぶ」ことを指すと言っていたそうです。

たしかに、selectは「多くの物の中から、吟味して選ぶ」という意味合いだと聞いていましたので、そちらの説明はあっているかなあとも思いますが、chooseが「二つのうちから」と決まっているとは初耳でした。

He was chosen as chairperson.なんて文が辞書にありますが、これは、対立候補が一人のときにしか使えないなんて、そんな〜!

というわけで、辞書を引いてみました。

pick out (something or something) as being the best or most appropriate of two or more alternatives

とありますので、三つ以上でも使えるってことですよね。


3.どこ?

Where is the capital of France?国名は違ったかもしれませんが、こんなような質問に回答者が答えるというものでした。

whereを使ったこの疑問文だと、「国の北部」とか「ドーバー海峡の近く」とか、そんな答えになるんじゃないの?と思ったのですが、どんなもんでしょう?じゃあ、正しく尋ねるには?と言われるとWhich city is the capital of France?What is the capital of France?になっちゃうのかなあと思うと、それも、イマイチではありますが・・・





posted by Monterey at 21:18| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレメンタリー


今日もドラマ「エレメンタリー」からのメモを・・・

1.こだわる
「こだわる」という日本語は、最近、よい意味でも用いるようになってきました。「こだわりの逸品」というように。

しかし、もちろん、「彼は細かいことにこだわる」などといった否定的な意味でも依然使われます。今回はこの後者の意味で出てきたセリフ。

「そういったことにこだわらないほうがいい」

これを、英語で

It's not good to dwell on those.

と言っていました。

dwell onね。「居座る」みたいなかんじですね。stick toなんかもいいでしょうかね。

2.年齢

「(彼がもう)若くないことを考えると」というセリフ。

Giving his advancing years

advancing yearsを調べると、「寄る年波」(研究社英和)とありました。yearsの代わりにageもいいようです。ただ、ageの場合は、不可算扱いなのか、「壮年期(あるいは老年期)」というひとつの区切りとして扱うのか、いずれにせよ、複数形にはしないんですね。

3.チクチク

セーターなどが肌にチクチクすることって、ありますよね。それを英語で

scratchy

と表していました。

英英の定義は

(espceially of a fabric or garment) having a rough, uncomfortable texture and tending to cause itiching or discomfort

なるほど、説明も適格です。

4.日にちを間違えた

「日にちを間違えた」というときは、misunderstand(誤解する)やmistake(取り違える)が使えるでしょうか。

ドラマでは、こんな風に使っていました。

I got the date wrong.

なるほどね。


posted by Monterey at 14:53| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする