2016年06月24日

一つの間違いが・・・


ある高校で使っている教科書です。オーストラリアの動物の特殊性を述べている文章で、

Australia has been separated from the other continents for at least 45 million years. On this point, Australia is clearly different from the other continents, which have been able to exchange species at different times, linked by natural bridges of land.

とありました。

最初の文(オーストラリアは少なくとも4千5百万年前から他の大陸と離れた状態にある)はいいとして、次の文で、私は、はたと、立ち止まってしまいました。すんなりわかった方も多いのだろうなあと思いますが、私がわからなかったのは、関係代名詞の非制限用法。ここを、先行詞は前の文全体と思い込んでしまいました。

この点において、オーストリアは他の大陸と明らかに異なっている。そのことが種の交換を可能にしている。

という訳になってしまうものだから、どういうこと!? なぜ?となってしまいました。exchangeの訳が違うのだろうか?とか、土地の橋ってなんだろう?とか。

少し、時間をおいて、もう一度新たな目でこの文を見て、which have beenhaveに注目。私が思っていたように、もし文全体が先行詞だったらhaveではなく、hasとなっているはず。ということは、私は先行詞を見誤っていたということですね。そう思って、正しい先行詞であるずの複数名詞を探してみると、continentsがあるじゃないですか!先行詞は「大陸」ですね!ほかの大陸では種の交換が行われると、なれば意味も通ります。後ろの方も、陸地という天然の橋によってつながっているとスムーズに訳せます。

1つの勘違いにより、文全体が全然わからなくなってしまうんだなあと実感したじだいです。

ところで、下線部at different timesですが、これって、at any time「いつでも」と同じような意味なのでしょうかね?


posted by Monterey at 15:08| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする