2016年10月25日

ドラマ「リベンジ」より


最近見ているドラマ「リベンジ」からメモった表現です。

1.やっぱりな
「やっぱりな」という言葉は、様々な状況で使われますが、今回は、「やっぱり、君の言ったとおりだったな」という場面だったので、

You're right.

なんの変哲もないのですが、これとSee!? I was right.の二つで、「やっぱり」の半分はカバーできるかもと思いました。

この語には正反対の意味、「やっぱり、間違っていたかあ」という使い方もありますよね。その時は、Oh, I was wrong.くらいでしょうか。

2.逆切れするのは筋違い
あなたも私に同じことしたくせに、私があなたに同様のことをしたら怒るなんて、そんな資格あるの!?という場面でした。そのときのセリフが

Careful who you're calling black, little kettle.

これは、元になったフレーズがありますよね。

The pot calls the kettle black.

改めて辞書をひくと、「自分のことを棚にあげて他人を非難すること」と載っていました。辞書によっては「目くそ鼻くそを笑う」という日本の諺を訳語にあてているものも。それにしてもこの諺、もう少し清潔感のあるものにできなかったのかなあ。

「自分のことを棚にあげて!」と言いたいとき、すっと出てくるのはむずかしいから、Hey, black kettle!とか言ったら、ネイティブには通じるかしら。まあ、めったに使う状況はやってこないと思うけど。

3.電話に出ろ

ある女性にかかってきた携帯電話。出たくない女性。隣の男性がじれったそうに「電話に出ろ」という場面。

Take the phone.

なぜ、これを取り上げたかというと、つい最近、英検準2級の問題集をクラスでやっていて、これにまつわる問題が出てきたから。

The phone was ringing, but there was no one to ( ) it.
1. reply 2. receive 3. answer 4. take


答えは3番。教えていて、ほかはダメなんだろうか?とふと思ったのですが、まあ、自分で使うならanswerだし、正解を確認してもanswerだったから、ほかは使わないってことね。ということにしました。

その矢先にTake the phone.と出てきたものだから、あれ〜?と思ったのでした。




posted by Monterey at 13:43| Comment(5) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

高校の教科書から


高校の教科書から、考えたこと・・・

70%も
「私たちが語ることの7割もが言葉以外のコミュニケーションによるものである」という意味を表す次の文

As (    ) as 70 percent of what we say comes from non-verbal communication.

ある高校のテキストからのもの(多少、簡略化してあります)

(  )内には何が入るでしょう?

70%を数と捉えるか、量と捉えるかの問題かと思います。manymuch

正解はmuch

自分で英文作ろうとしたら、muchを選べたかなあ・・・

金額だって、700ドルとか1200円とかという答えに対し、疑問文はHow muchなのだから、当たり前かあとも思う反面、お金はmoneyが不可算なので、納得だけど・・・と思ったり。

まあ、クイズとしては(テスト問題なら)、動詞がcomesと三単現の"s"が付いていることからも、manyではないヒントがあったってことになりましょうか。

2.WOULD
セサミストリートの前身となる番組の説明で、「その番組は1時間で週5日間放送された」という文

The show would last an hour and run five days a week.

wouldの使い方・・・

自分では、ここでwouldを使用するって考えは浮かばないだろうなあと思います。

たぶん、この文をThe show lasted an hour and ran five days a week.

と単純過去で表しても、「週5日」というフレーズで、1回きりの話でないことはわかるとは思いますが、過去の習慣・反復を表すwouldを使うことによって、そこをさらに強化しているということでしょうか。

will/would使いこなせていないなあ・・・

3.強意

比較級を強める表現として高校の文法書には、much, far, a lotが掲載されています。

たしかに、much moreとかa lot biggerなど、よく耳にします。

でも、強意と言えば、even + 比較級というのもあると思うのです。よく使われるのに、高校の文法書では見かけないのが不思議。意味は、morea lotとは異なるけど。

much等は、比較の度合いが、「比べものにならないほど、はるかに」という意味合い。それに対して、evenは、こちらも〜だけれど、あちらは、さらにそれ以上にという意味。

たとえば
He is much taller than his father.
だと、お父さんより、何センチも、あるいは何十センチも高いことになりますよね。

His father is 185 centimeters. But he is even taller than his father.だったら、お父さんもセガ高いのに、彼はさらにもっと高いということですよね。

文法上は、比較を強めるのはmuch, further, a lotの役割だけど、「さらにもっと」というのは意味の問題であって、文法の問題ではないってことかなあ・・・よく使うんだけどなあ・・・




posted by Monterey at 14:07| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする