2016年12月29日

Happy New Year!


押し迫ってきましたね〜
この時期にはテレビで、年末年始のしきたりを紹介したりしますよね。たとえば、本日、29日には、お正月の飾りつけをしてはいけないとか。こういうのって、形式に縛られすぎて、私には不毛に思えることもしばしばあります。

それはさておき、先日見た番組で、年賀状のA HAPPY NEW YEARは間違いだと言っていました。その理由は"A"を付けると、年明け前の挨拶になってしまうから、というもの。

私はそれを聞いて、う〜ん、100%正しい説明なのだろうか?と気にかかってしまいました。

むか〜し、A Happy New YearHappy New Yearどちらが正しいの?と一人のアメリカ人に聞いたことがあります。その人曰く「面と向かって挨拶するときは、Happy New Year!、書き言葉としてフォーマルなニュアンスがあるのがA Happy New Year カードの文面であっても、カジュアルにしたければAは付けない」

それを聞いて私は、Aが付くのは、I Wish You a Happy New Yearの省略ということなのだろうなと思いました。

それから数年、年賀状のフレーズを注意してみていると、"A"が付いている物から、付いていない物へと主流がシフトし、今では付いていないバージョンが大多数な気がします。

考えてみれば、I wish you a happy new yearと書くのは、クリスマス・カードなど、年末の時期でしょうからね。年が明けてから、このフレーズを書くことは英語圏ではあまりないのかも。それに対し、新年、人に会えば当然Happy New Yearという挨拶を交わします。そう考えると、A Happy New Yearは年の瀬っぽいのかなとも思います。

ただ、どうなんだろう?たとえば、12月31日に、たまたまメールを送ることになった英語ネイティブがいたとして、その人が、文面の最初か終わりにA Happy New Year!と書くかなあ?I wish you a happy new yearHave a happy new yearなら書きそうだけど。省略して書くことあるのかなあ?

1月開けてのメールならどうだろう?I wish you a happy new yearなら、買いても良さそうな気もする。Have a happy new yearは「良いお年を」と言っているようで、年末の挨拶に思える...

A Happy New Yearは年末にも年始にも使わない気もする...でも、昔聞いたアメリカ人はフォーマルな感じはするとは言っていたけど、使わないとは言っていなかったから、不自然なこともないのかなあ。使えるなら、年末でのみ使うのかしら?そうは言っていなかったけどなあ。

どうも、気になることを投げかけてきた番組でした!

とりあえず、皆様、良いお年を!



posted by Monterey at 21:01| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

新語


今年の流行語大賞も発表されましたが、新語を辞書に載せるかどうか、辞書編纂者は毎年頭を悩ますらしいですね。私は伊集院光さんが好きなので、毎週、彼の深夜ラジオ番組を録音して聞いているのですが、その番組で、ちらっとそんなことを話していました。

そんな審議の対象となった語のひとつが「ほぼほぼ」という語。この言葉は言い方も大切で、「ほぼ」「ほぼ」と2つに切るのではなく、あくまで一語として「ほぼほぼ」と続けて言うらしい。言われてみれば、そういう言い方、よく耳にする気がします。自分では・・・使ったことないかなあ。意味は「ほぼ」と一緒、または「ほぼ」の強調語かな。

もう一つ「パリピ」というのもあるそうです。この言葉、私は知りませんでした。「パーリー・ピーポー」party peopleの略なのだそうで、「あの人はパリピだ」という風に使うそうですね。単複の区別をほとんどしない日本語らしいですね。一人でもpeopleですからね。

そんなことを思いながら、今朝、テレビを見ていたら、「そもそも論」という言葉が同じ番組で異なる人の口から出てきました。これって、新語?それとも、たまたま、その番組のだれかの口癖で、それが他の人に一時的に伝染しただけ?

ついでなので、日本語に定着しつつあるカタカナ語として、「リスペクト」「ディスる」「コミットする」というのがあるかなあと個人的に思っています。よく耳にするけど、私は日本語の会話にこの3つを使ったことはないかなあ。この中で、コミットする、は未だ使い方がよくわかっていません。約束したことを責任をもって全うするということでしょうか?英語で言うcommit oneself to ...みたいなかんじかな?わからない言葉を聞くと、なんとなく居心地が悪いです。



posted by Monterey at 16:46| Comment(4) | 日本語あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

問題集から


大学入試問題集からの疑問。

「ある学校の調査で〜ということがわかった」

A school survey (   ) that ....
a surveyこの文の動詞を選ぶ問題で、選択肢は

1. revealed 2. analyzed 3. suggested 4. noticed

皆さん、どれ選ぶでしょうか?

私は3. suggestedを選びました。

ただ、1. revealedもダメかなあ?と疑問に思い、解答を確認。

すると、正解は1番のほうになっているではないですか!

解説では、suggestは文法的には正しいが、調査結果を提示しているこの文では、revealの方が適切、との説明でした。

個人的には、survey/ report/ studyなどが主語のときには、suggestという動詞はよく使われるという感覚でいました。

グーグル検索では、survey reveals thatが336,000件、survey suggests thatが319,000件でした。

これを見る限りは、試験問題にできるほどの違いはない気がします。

ただ正確にいうと、

Surveys suggest that ...は、「調査は...と暗示している」(英和活用大辞典の説明)

に対し、
A survey of schools in the district revealed that student absenteeism is close to 15 percent.
(その地区の学校を対象とした調査で長期欠席率が15パーセント近くであることが明るみに出た)

Our structural survey revealed a weakness in the roof.
(私たちの行なった構造上の調査で屋根の部分に弱点があることが判明した)
                                     以上英和活用大辞典より

という例文が。

suggestが「暗示」という曖昧な様子なのに対し、revealのほうは、明確な調査結果が出ているときに使いそう。

それを裏付けるようにオックスフォード英英には次のような例文が

...survey results suggest this species is probably rare ...(調査結果から、その種はおそらく希少なものであることが察せられる)--和訳が辞書にはなかったので、私の訳です。

But a new survey suggests that the country may now be home to wild leopards, pumas, and other big cats.(しかし、新しい調査で、その国は今や野生のヒョウ、ピューマ、その他のネコ科大動物の生息地となっているかもしれないことがわかった)--同じく、私の訳です。

両方の例文でprobably, mayという断言を避ける言葉が含まれています。明示ではなく、暗示なんですね。今回の問題の例文は、アンケート結果で、学校の施設に対する第一の不満は〜であることがわかった、というものでした。暗示ではなく、明示ですね。だから、やはりrevealのほうがいいのでしょうね。

それでも、なお、試験問題としてはそこまで求めるのはどんなものかと・・・(しかも、そこまでの説明ないし!)





posted by Monterey at 21:40| Comment(0) | TOEIC・文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする