2016年12月13日

新語


今年の流行語大賞も発表されましたが、新語を辞書に載せるかどうか、辞書編纂者は毎年頭を悩ますらしいですね。私は伊集院光さんが好きなので、毎週、彼の深夜ラジオ番組を録音して聞いているのですが、その番組で、ちらっとそんなことを話していました。

そんな審議の対象となった語のひとつが「ほぼほぼ」という語。この言葉は言い方も大切で、「ほぼ」「ほぼ」と2つに切るのではなく、あくまで一語として「ほぼほぼ」と続けて言うらしい。言われてみれば、そういう言い方、よく耳にする気がします。自分では・・・使ったことないかなあ。意味は「ほぼ」と一緒、または「ほぼ」の強調語かな。

もう一つ「パリピ」というのもあるそうです。この言葉、私は知りませんでした。「パーリー・ピーポー」party peopleの略なのだそうで、「あの人はパリピだ」という風に使うそうですね。単複の区別をほとんどしない日本語らしいですね。一人でもpeopleですからね。

そんなことを思いながら、今朝、テレビを見ていたら、「そもそも論」という言葉が同じ番組で異なる人の口から出てきました。これって、新語?それとも、たまたま、その番組のだれかの口癖で、それが他の人に一時的に伝染しただけ?

ついでなので、日本語に定着しつつあるカタカナ語として、「リスペクト」「ディスる」「コミットする」というのがあるかなあと個人的に思っています。よく耳にするけど、私は日本語の会話にこの3つを使ったことはないかなあ。この中で、コミットする、は未だ使い方がよくわかっていません。約束したことを責任をもって全うするということでしょうか?英語で言うcommit oneself to ...みたいなかんじかな?わからない言葉を聞くと、なんとなく居心地が悪いです。



posted by Monterey at 16:46| Comment(4) | 日本語あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする