2017年11月28日

一軒家


昨日、午後7時のNHKテレビニュースをたまたま英語で見ていました。横綱白鵬が「膿を出す」と言って物議を醸したことが話題になっていましたが、それを英語で

get rid of rot
と言っていたと思います。rottenなら、「腐った」という意味で知っているけど、rotはそれの原形?でも、これ動詞ではなく、名詞だなあ、と思い、辞書を確認。

rotは「腐る」という動詞で、過去・過去分詞はrottedなんですね。知らなかった。rottenは、古ノルド語rotinn(腐る)の過去分詞に相当する語という説明がジーニアス英和にありました。で、話はrotに戻り、この語には「腐敗、腐敗物」という名詞もあるんですね。

昨日のニュースで、もう一つメモったのが、「一軒家」(なんのニュースだったか、忘れました)

a detached house

そういえば、ビートルズの記事を読んでいたとき、semidetachedという言葉を見かけたことがあったなあ。二軒で一棟の家らしいのですが、今なら、さながら、二世帯住宅みたいですね。

あと、今惜しんで見ている「メンタリスト」から

「遠距離恋愛」
これを、こんな風に表現していました。

We could be a two-city couple, right?

正確に言うと、このセリフを言ったのは、結婚している夫婦の夫。「遠距離夫婦」ですね。これを応用して、単身赴任をa two-city familyとも言えるかなと思いました。

「その後の成り行きで」
基礎英語3で、one way or another「いずれにせよ」という表現が出てきました。

それから、ばっちもんがらさんから「芋づる式に」はone after anotherで言えるというお得情報もいただきました。

「その後の成り行きで」も、one/anotherを使っていました。

one thing led to another

one/anotherは、いろいろ、使い方がありますね。

「度胸がある」
She's got it in her.

itは、なにか特定のものを指している状況ではなかったので、漠然と彼女のガッツを表しているのでしょうね。itは便利だなあ。


posted by Monterey at 20:31| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

メンタリスト


私の好きなドラマ「メンタリスト」の最終シーズンが、ついに旧作の値段でレンタルできるようになったので、今、見ている最中です。前シーズンあたりから、批判も多いようですが、私はとっても楽しんでいて、終わってしまうのがもったいなく、惜しみながら見ています。ちなみに、「惜しみながら見る」って、英語でどう言えばいいだろう?と、和英を調べてみたのですが、I try not to lavish it.でいいかなあ。

さて、そのファイナルシーズンから、使えそうな表現をピックアップしました。

1.抜け目ない
「あなたはいつも抜け目ないわね」というセリフ。You always have every angle covered.

なるほど。「隙がない」「しっかりしている」という時にも、使えそう。

2.成功がかかっている
There's a lot hanging on this.

hang ondepend onの意味があるというのは、はじめて知りました。a lotで、諸々の事を含んでいるのだなあ。

3.におわせた
「あなたとの過去をそれとなく匂わせた」というセリフ。

She made a point of letting me know that ...

make a point of ...は、辞書では「...を主張する、強調する」となっているのですが、今までこのブログで取り上げた例文では、「わざわざ〜する」「故意に〜する」という意味合い。ここも、そのように訳したほうがぴったりきます。自分では、なかなか使えないなあ。

「故意に」という意味ではon purposeを使っちゃうと思いますが、「なにもわざわざ、そんなことしないよ」などとと言うときには、I don't (wouldn't) make a point of doing such a thing.と言えるんですね。

4.シカゴ
主人公、パトリック・ジェーンの相手役テリーサは、シカゴ出身。ビルの屋上で、二人きりで花火を見上げるというロマンチックな設定で、「あなたのお勧めのアイスクリームは、言うほどのことないわね」「美味しいと思っているくせに」と、じゃれあっている二人。

You can take the girl out of Chicago, but you can't take the Chicago out of the girl.
というジェーンのセリフがわかりませんでした。

字幕は「さすがシカゴはグルメの地だ」みたいなかんじだったと思うのですが、シカゴとグルメは結びつかなくて、どういう意味だろう?と思いました。

「シカゴから女の子を外に出すことはできても、女の子からシカゴを追い出すことはできない」っていう意味なんでしょうが、シカゴっ子は意地っ張りっていうことでしょうかね。





posted by Monterey at 20:26| Comment(9) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

柔軟体操


柔軟体操の英語サイトを見ていて、学んだ表現です。

1.肩甲骨

「背もたれが胸部中央の高さ、または肩甲骨のちょうど下あたりまでの椅子を用意し、背筋を伸ばして座ります」というような内容。
Sit up on a chair whose hight ends in the mid thoracic region or just below your shoulder blades.

thoracic(胸の)も知りませんでしたが、肩甲骨にあたる英語、お初にお目にかかったと思います。shoulder bladesイメージしやすくて、覚えやすいなと思いました。

2.ヘソに力をいれる

ヘソに力を入れるは

pull your naval in

となっていました。ドラマの出産シーンで「いきんで!」という医師のセリフはたしかpushだったと思うけど、これは、逆ですね。

3.指を交差させる

両手を握って指を交差させる

clasp your hands together with your fingers interlaced

4.肩幅

足を肩幅に広げて立つ

Stand with your feet shoulder-distance apart


柔軟体操の注意点として、You should pull only to the point of tension, not pull into any pain.
とありました。「痛気持ちいい、ところでやめておく」ということでしょうね。

posted by Monterey at 09:52| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。