2018年01月07日

明けましておめでとうございます


おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

新年早々、文法の疑問を提示させていただきます。

以前、高校生にこのような質問をされたことがありました。
「if節の時制が過去完了で、帰結節が(助動詞の)過去という文は可能だけど、その逆(if節が過去で、帰結節が過去完了【実際は助動詞が入るので、助動詞+have p.p.】)は可能なのか?」

私は「もし、今、こういう状態だったとすると、過去は〜だっただろう、なんていう状況って、あり得ないんじゃない?」と答えました。

ところが、年末に見た「メンタリスト」の最終回に、こんなセリフがありました。

If I didn’t have this ring, I would never have met you.

主人公ジェーンがテレサにプロポーズする場面で、前妻が亡くなってもずっとはめていた結婚指輪をはずすときのセリフです。

「もしこの指輪がなかったら、君とも出会っていなかっただろう」

論理的に考えると、「もし、今、この指輪を持っていなかったら、出会っていなかった」ではなく「もし、過去に指輪を持っていなかったら」あるいは「もし、ずっと持っていなかったら」というのが正確だと思うので、厳密に言えば、If I hadn't have this ringが正しい言い方だと思うけどなあ、と、腑に落ちずにメモしました。

でも、ひょっとして、たとえば、「もし男だったら、相撲取りになっていたのに」なんて場合

If I were a man, I would have been a sumo wrestler.
と言えるのかなあ。

逆に
If I had been a man, I would have been a sumo wrestler.

のほうが、不自然なのかな、と思うようになりました。どうなんでしょう。

もうひとつ、別の疑問です。

NHK講座で(どの講座だったか、覚えていません)アシスタントのネイティブの方が、なにか否定文を言ったのですが、それに対し、もう一人のネイティブアシスタントが、Me, too.と応答したんです。

このやり取りは、スキットとは無関係のアドリブ部分なので、文法に則れば、Me, neither.のところを、思わず、Me, too.と言ってしまったのだろうなとは思うのですが、これは、ネイティブが、結構、頻繁にやってしまう「間違い」、言い換えれば、「間違い」とは気づかないで流せる程度のものなのか、どうか、少し気になりました。

ドラマでも、こんなセリフを耳にしました。こちらも、「メンタリスト」から

"I'm not gonna lay off because some fat cat's putting on the pressure."
"Me, too."


どんな場面だったか、記憶がないのですが、「プレッシャーに屈して、やめたりしない」という固い決意のセリフなので、「私もやめたりしない」という強い否定の同意だと思うのですが、それでも、neitherを使わずに、tooを使っている点には注目です。

皆さんも、もし、このような例に遭遇したら、ご一報を!








posted by Monterey at 10:43| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする