2009年02月19日

我慢する

日本語の「我慢する」は様々な状況で使えるため、その時々に応じて異なる英語フレーズで表現しなければなりません。ぴったりのフレーズが思いつかず、「我慢するって、英語でどう言えばいいんですか?」という質問を時々受けます。今日はそんな授業中に発せられた質問をもとに、「我慢する」の英語表現を考えてみたいと思います。

まずは、昨年ベストセラーとなった「いつまでもデブと思うなよ」の本を読んだ生徒さんからの質問。本の目次に「我慢しなくていい」とあったそうで、それを英語で何と言うか?という質問。

この場合、

我慢する→抑える、という意味あいから、hold backはいかがでしょう。

You don't have to hold back your appetite.
「食欲を抑えなくていい」

もし、appetite「食欲」という単語を知らなければ、

If you want to eat, you don't have to hold it back.
「食べたいなら、それ(その欲求)を抑えなくていい」

なんて表現もいいでしょう。

次に、ある講座に参加して眠気を我慢するのが大変だったという生徒さん。(私のクラスではないですよ!)それを英語で表現するなら、

It was hard to hold back from falling asleep.
「眠りこむのを抑えるのが大変だった」

あるいは、can't help from ...ing「...せずにはいられない」を使って

I almost couldn't help from falling asleep.
「眠りこまずにはいられないくらいだった」

もいいですね。(くれぐれも、寝てしまわないように!)

さて、今度は焼き芋を食べたかった生徒さんの話。食べたかったけど、手に入らないので、冷蔵庫にあった南瓜の煮付けで我慢した、という状況。ここは、

我慢する→〜で手を打つ、妥協する というわけでsettle forという表現があります。

I wanted to eat a baked sweet potato, but I settled for boiled pumpkin.
「焼き芋を食べたかったけど、南瓜の煮付けで手を打った」


お次。寒さを我慢しようとした、という例。車内が寒かったけれど、ガソリン高騰の折り、暖房つけずに我慢した(皆さん、いろいろ苦労してます!ちなみに、秋口の話です、これは)

この場合はもっとも一般的な「我慢する・耐える」という表現、put up withが使えそうです。

It was a bit cold in a car, but I didn't want to waste gasoline, so I didn't turn on the heater, and just put up with it.「車内は寒かったが、ガソリンを無駄にしたくなかったので、暖房をつけず、ただ耐えた」

あるいは、bear withも耐えるという意味があるので

I just bore with it.

としてもいいでしょう。

さて、最後に、最近の例。真冬の風の強い日。帰りがけに生徒さん「今日は風が強いけど、帽子を被ってこなかったので、我慢するしかない」

ここも、上記bear withが使えそうです。また、「〜なしで済ませる」というdo withoutなどもいいのではないでしょうか。

It's windy today, but I don't have a hat with me. So I have to do without it.
「今日は風が強いけど、帽子を持って来なかったので、なしで済ませるしかない」

日常、我慢しなければならないことって、けっこうありますね。でも、このくらいの我慢なら、できそうです。幸せなことです。

posted by Monterey at 15:53| Comment(0) | 初心者・中級クラスの生徒さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: