2009年03月08日

In 10 years

初心者のクラスのテキストで、in 10 years(10年後)という表現が出てきました。生徒さんから10 years laterではないのですか?という質問を受けましたので、今日はその話題を生徒さん向けに書きたいと思います。

現在を基準に未来に向かって、何年後、と表現したい時にはin 10 yearsもしくは10 years from nowのような表現を用います。

一方、laterは、過去のある時点から見て何年後を表したいときに使います。

I sent him a letter. Three days later, I got a call from him.
(彼に手紙を送った。それから3日後、彼から電話があった)

日本語訳でも察せられるように、この表現はthree days later than that(それより後になること3日で)というthan that
が省略されていると考えられます。

このthree days laterという表現はたまに、three days afterと表現されることもあるようですが、ごく稀のようです。

after

I went shopping. After that, I went to see a movie.
(買い物に行った。その後で、映画に行った)

のように、after 〜という表現で使われることが多いようです。

それでは、皆さん、Have a nice Sunday! See you later!


posted by Monterey at 11:27| Comment(0) | 初心者・中級クラスの生徒さんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: