2011年06月16日

苦手


今、少しづつ借りてきてみているドラマシリーズ「ギルモア・ガールズ」より

1.苦手

「病院は苦手なんだ」というセリフ


I'm just not big on hospitals.

辞書で確認するとbig onは夢中で、大好きで、という意味のようです。それが、「病院は苦手だ」という意味で使っているのなら、「暑さは苦手だ」にも使えますよねえ?

というのも、先日、「暑がり」ってどう表現すればいいのですか?と生徒さんに訊かれたのですが、私の提案は

I'm sensitive to the heat.

これを、I'm not big on the heat.

とやってもいいですよね。でも、生徒さんに尋ねられたのは、「子供の頃は、暑がりだったけど、今はそんなことはない」という状況だったなあ・・・

When I was a child, I was not big on the heat. Now I can endure it more.

って、オーケーかなあ・・・

2.I'm not holding my breath.

この表現はラジ講座で出てきたような気もするけど、よく覚えていませんでした。「息をとめていません」というのは、そんなに持ちこたえられないということから「期待していない」ということなんですね。否定文で使うということだそうで・・・

3.真剣勝負

「(恋人へ)プレゼントを贈るのは真剣勝負よ」というセリフ。

Gift-giving is a serious business.

なるほど。覚えておいたら、便利な表現かも。

4.おまけに

ただでさえ、まずいことをしてしまったのに、その場に、厳しい祖母が居合わせていたという状況で、「おまけにおばあ様にまで知られてしまった」というセリフ。

...my grandmother being there didn't help

didn't help助けにはならないさらに悪いことには。と、このパターンはnot bad「悪くない」「かなりイケてる」not big on/ not a big fan of「好きではない」「苦手」と、英語ではよくあるパターンではないでしょうか。




posted by Monterey at 22:41| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モンちゃん!

こういう現地発の生き生きとした英語を垣間見ますと、自分が書いたり話したりしている英語がそれとは似ても似つかぬもの、、、という落胆と、よーし、がんばろう!という向上心の両方を感じますwww

今日、テレビで初めて旭川の街並みを見ました。駅ビルの荘厳な佇まいには驚きました。プラットホームは、まるで西ヨーロッパのそれのよう。
Posted by 秋田いぬのゴン at 2011年06月18日 18:25
ゴンちゃ〜ん!

旭川駅は新しく改造中なんですよね。まだ、工事は続いているので、鉄筋やビニールシートがむき出しになっているところもあります。テレビカメラは、もちろん、そういうところを避けてとったのでしょうね。それにしても、「西ヨーロッパ」とは、どこが〜!と、嬉しい驚きでした。ありがとうございます!(*^_^*)
Posted by monto at 2011年06月18日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。