2012年11月09日

仮定法



野球のワールド・ベースボール・クラシックWBCって、メジャー・リーグが主宰しているらしいのに、メジャーの主たる選手は出場せず、そして広告料は米国以外の参加国にはあまり配分されない、と、腑に落ちない面が多々ある。だけど、開催され出場する以上は、母国を応援したくなるのが真情というもの。

そんな中、先日、ダルビッシュ投手がWBC不参加を球団を通じて発表。今日は、その球団のウェブサイトに掲載されていた記事の英語に注目しました。

Darvish would have been a huge part of the Jaqpanese team next spring.
(ダルビッシュは来春日本チームにとって強力な力となっていただろう)

下線部、助動詞プラスhaveプラス過去分詞--「もし、彼がWBCに参加していれば」という条件節が省略されていますが、仮定法過去完了になっています。

仮定法過去完了

過去の事実の反対の仮定・想像を表す--ロイヤル英文法より

今回の文、--もし、来春参加していれば大きな力となっていただろう--は、過去の話ではないですよね。来春ですから未来の話。そういう時は、仮定法過去を使うものと思っていました。

仮定法過去の説明を、今一度ひもとく。再びロイヤル英文法

現在の事実の反対の仮定、または現在または未来についての可能性の乏しい想像を表す

そうかあ・・・未来のことは、100%ない、と言いきれることがほとんどないから、この説明で事足りていると思えたんだなあ、きっと。

でも、ダルビッシュの例のように、もうすでに不参加を表明してしまっていれば、彼のWBCでの活躍はないものとして語るしかない。

たとえば、宝くじを買った人が

If I won this lottery, I would buy a house.
(この宝くじ当たったら、一軒家買うなあ)

という文。ほぼ、無理だと思って仮定法過去を使ってはいるけれど、当たる可能性が100%ないとは限らないものね。(だから、買うわけだし!)

未来のことで100%と言いきれるものはほとんどないけど、あり得ないと断言できる証拠のようなものがある場合は(上記の例なら、不参加をすでに表明していること)仮定法過去完了を使うんですね。

今度のオリンピックはリオ・デ・ジャネイロでしたっけ?「もし次回オリンピックが東京で開催されていたら、私は毎日会場に見に行っていたのに」という文

If the next Olympics had been held in Tokyo, I would have been to the sites to see games every day.

ということになるのかな。




posted by Monterey at 12:53| Comment(2) | TOEIC・文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モンちゃーん!

名探偵モンク(笑)(笑)

最近同僚から仮定法について面白い話しを聞いたので、モンちゃんのこの記事とどこまで関連しているかわからないけど書き込みます。

仮定法で話者の認識が分かるという話しでした。

たとえば、誰かが"If I saw a ghost ,"と動詞を過去にした瞬間、「あ、この人は幽霊の存在は余り信じてないんだな」と察しがつくが、他方"If I see a ghost "と仮定法現在を使用したら話者は無意識に幽霊の存在を信じてる可能性を聴き手に示唆しているって話しでした。


僕はへぇーって思ったけどモンちゃんには既知の内容だったらごめんちゃい。


モンク(笑)
Posted by 秋田いぬのゴン at 2012年12月02日 11:39
ゴンちゃ〜ん

理屈からいえば、そういうことですよね。英語で言われて、とっさに、そこまで察することができるかどうかは別だけど・・・

言葉って、結構、本心がでるよなあと思うことがあります。


去年の話ですが、広島カープとファイターズの試合。広島のラジオアナウンサーが地元と北海道の両方に向けて放送していました。たまたま、ファイターズの中田選手がホームランを打ったのですが、アナウンサーとしては、「中田にホームランを打たれてしまいました」と言いたい状況だったと思います。でも、中立放送だったので、「中田に」ではなく「中田が」と(たぶん、中立性を保とうとして)言ったんです。でも、やはり無念さは消しきれず「中田が」の後、「ホームランを打ってしまいました」と続けました。「しまいました」はないだろう!と、私は運転しながら、苦笑したのを覚えています。

仮定法と関係なかったけど!
Posted by monto at 2012年12月02日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: