2013年03月20日

軍手


ジャパンタイムズのコラムSo, what the heck is that? (by Alice Gordenker)より

毎回、日本で見かける不思議な物や習慣について読者が質問し、アリスさんが調査して報告するという形をとっているのですが、今回取り上げられたのはタクシーの運転手がはめる白い手袋、および庭仕事などではめる軍手。どちらも英語ではwhite glovesと表現していました。

運転手が手袋をはめるのは日本だけの習慣だとしても驚かないけど、庭仕事やタイヤ交換の時はどの国でも軍手を用いるでしょう!?

でも、軍手を表す英単語って、そういえば、なんだろう?white cotton gloves?聞いたことないなあ。

テレビドラマなどでは、ゴム手袋で庭いじりなどをしていたっけ?「デスパレートな妻たち」で、ゴム手袋姿を見た気もする。

コラムを読むと、どうやら・・・
軍手は少なくとも英語圏にはないみたい。アリスさんは、軍手のことをこのように説明しています。

(Gunte are) literally "army gloves" but "work gloves" would be a better translation.(中略)People can pick up gunte just about everywhere--in home-center stores, 100-yen shops and even convenience stores--and seem to drop them just as quickly: I'm forever passing flattened ones on the street. In fact I'd venture to say that gunte are the most common type of road kill in Japan, at least here in Tokyo where faster moving targets are rare.
([軍手は]文字通り訳せば「軍の手袋」だが、「作業用手袋」のほうが訳としてはいい。(中略)軍手はほぼどこでも手に入る--ホームセンターや100円ショップ、コンビニでも--そして、簡単に捨てられてしまう。通りに出れば、ぺったんこになった軍手がどこにでも落ちている。実際、日本では軍手ほど道端に落ちているものはない。少なくともここ東京では、(軍手より)速く動く物体はまれなので、出くわす可能性が一番ある「死体」は軍手だ)

road killは車にはねられて路上に死体となって放置されている動物のことですので、ここでは、ユーモラスに捨てられた軍手を表現してみたのかな。たしかに、ローラーで平たく伸されたような軍手の片割れは、たまに見かける光景で、本来のroad killであるはずの犬や猫よりも多く見かけるかも。

foreverは進行形と用いられると、「ひっきりなしに」という意味になるんですね。alwaysも同じような使い方がありますね。「特に嫌な事柄について」用いられる傾向があるというのも、alwaysと同じ。

ちなみに、タクシードライバーの白手袋は、その昔、方向指示器が手動だった時代、手で方向を指し示していたそうで(自転車で道を曲がるとき、そうしなさいと、学校で教えられますけど、それですね)、指示を出した手を見やすくするために白い手袋をはめたのが、ドライバーの手袋のはじめとのことです。

以前も書きましたが、北海道では手袋は「履く」または「する」ものなので、今回「はめる」という慣れない日本語を使うのに抵抗あった〜

posted by Monterey at 23:17| Comment(2) | Japan Times | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い記事を紹介してくださってありがとうございます。こういうコラムって日本人としても読んで面白いし、どう英語で表現されているか勉強になるものですね。ネットでも読めるのかなあ。
日本のよくある軍手は英語圏にはないんですか。
書いてあったwork glovesで画像検索したら、カラフルなものがたくさん出てきました。日本の軍手風なものもありましたが、なんだかスキーをするときやバイクやレーシングカーに乗る時にするみたいなものが多かったです。garden glovesで検索してみたら、日本のDIYで売っているようなものも載ってました。軍手とはちょっと違う布製のもの、私も使ったことがありますが、湿った土だと汚れがひどいし普通の軍手だと最悪しみちゃって爪に土が入り込んだりするので、今はゴム製のものを使っています。

軍手がroad killとは(笑)確かに見かけたことはあります。この辺では他に靴下や靴が片方だけ落ちていたりします。そちらはないですか?
私は手袋は「する」か「はめる」です。地域的なものなのか意識したことがないので分かりません。別の人は別な言い方をするかも。
Posted by Lily at 2013年03月21日 00:09
Lilyさん

こういうコラム、楽しいですよね。

Alice Gordenker, A&E Dept.

で検索すると、コラムが出てきます。(ここをクリックしてください、って、皆がやっている便利機能、私には出来なくて、申し訳ありません)

記事はもっと長く、他にもへぇ〜という発見があり、また、白手袋とビートルズの話もからませてあって、うまくまとめてあります。ぜひ、ご覧になってください。

北海道はこれから雪解け季節。今まで雪に埋もれていたものが、次々に表にでてきます。靴下も軍手も、チョコレートのパッケージも。うっかり落としたものはしかたないにしても、ゴミだと知りつつ投げ捨てたと思われるものが、道端のあちこちから表れるのは、滅入る光景です。
Posted by monto at 2013年03月21日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: