2014年01月07日

不定詞と動名詞


明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

去年はNew Year's resolutionに週2度の更新を掲げて、見事に挫折しました。今年は、なにも掲げず、自分のペースで更新することにしま〜す。

新年1回目は文法です。
以前、度々、触れていた下記の文法・演習書。

大学入試頻出 EXPERT(エキスパート) 英文法・語法演習 CD付 [単行本] / 高橋輝男...

この中に、不定詞を取る動詞と動名詞を取る動詞の違いについて、面白い解説をしている部分があります。それをご紹介したいと思います。

一般的には不定詞は「未来思考」そして動名詞は「実際行われたこと」とか「否定的なこと」に使われると言われています。

この書では、新しい試みとして使われている動詞の意味上の主語がだれかという点に着目しています。

従来の理論からすると、たとえばsuggestは「提案する」ですから、「提案」⇒「これからすること」⇒「未来」よって不定詞と考えてしまいそう。しかし、

“I suggest going by bus,” the travel agent said to Mike. (同書94ページの例文)

「バスで行く」主語は I ではなく、提案している相手つまり Mike だというわけです。動詞(ここではsuggest)の意味上の主語が文の主語と一致すれば不定詞、そして文の主語以外の人・物であれば動名詞という考え方です。

さらに同著では、この考えを進めます。

「やってしまったことは、たとえそれを実行した人がいなくなっても、この世に存在する」

この本では銀行強盗を例にとり、強盗を犯したらその犯罪はニュースとなり全国に知れ渡り犯人がわからなくてもその事実は存在する、と説明します。実行してしまった事実は本人を離れてその人の「外」に出て行ってしまうと解説しています。

これに対して to 不定詞は主語の内側にあると説明しています。plan towant to も、その人の心の中にあるもの、つまり「内」側としています。

この内と外という考え方が、様々な動詞に応用され説明されています。

たとえば、refuse(断る)。これは、否定的な意味合いですから、動名詞をとりそうなものですが、実際は不定詞。それを同著では次のように説明しています。

refuseは、「どうしても〜しようとしない」という意味なのだと。そこには、心の中にある「〜しよう」という気持ちを外に出さないようにしている動作なのだというのです。こじつけの気もしますが、refuse to accept itなんていうと、たしかに、それを受け取ろうという気持ちを押さえつけているイメージもあります。

また、consider(考慮する)は、典型的な未来思考で不定詞を取りそうですが、実は動名詞。こちらの説明にはconsiderの元々の意味を採用しています。

ジーニアス英和辞典によると、語源はラテン語のconsiderareで「念入りに見る、調べる」con(一緒に)sider(星⇒多くの星を一緒によく見る)

EXPERTでは、「観察するものは外側に存在」するという説明を施しています。これも、最初はこじつけにも思えましたが、この動詞は語源からも、「客観的に考慮する」という意味合いなのかなと思うと、外側という説明もうなづける気がしてきました。

a) I want to repair this car.
b) This car wants repairing.


a)は「修理する」のは文の主語 I ですが、b)では「修理する」のは主語であるthis carではなく、人間、というわけで、主語の外側にあるから動名詞というわけです。

でも、それならI want you to repair this car.のような場合はどう説明するのかなあという疑問が残りますが・・・

「修理してもらいたい」という主語の意向は to によって、感じられるかあ。

こういうのは、自分なりに納得して、覚える手助けにするのが目的だから、そういうことにしておこうっと。




posted by Monterey at 14:14| Comment(3) | TOEIC・文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
やっぱりmontoさんのブログは年明けからうーんとうなっちゃいますね。今年もmontoさんからいっぱい刺激をもらってがんがります!
よろしくお願いします。
Posted by ばっちもんがら at 2014年01月09日 20:43
む、む、むずかしぃ...。
こういう考え方もあるんですね、
ぐらいにしておきます、脳が沸騰しそうなので。

今年もおつきあい、よろしくお願いいたします。
Posted by ラジ子 at 2014年01月10日 10:45
ばっちもんがらさん

おめでとうございます。


こちらこそ、ばっちもんがらさんの取り上げる高度な語彙に刺激を受けています。

今年もよろしくお願いします。


ラジ子さん

私のまとめ方がうまくいかなくて、分かりにくいものになっているという点も否めません。とりあえず、自分で納得できる覚え方をしておけばそれでいいですよね。

今年もラジ子さんのブログで、ラジ講座勉強します。(自分でも、聞くよう心がけねば)

Posted by monto at 2014年01月10日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: