2014年01月10日

just because


今年2度目の更新ですが、1度目に続き文法です。

先日、高校生のクラスでこんな文がありました。

Just because a wide array of young people around the world may be able to sing along to a new Madonna song does not mean that they can hold a simple conversation in English, or even understand what Madonna is saying.(世界中の多くの若者がマドンナの新曲を口ずさむことができたとしても、だからと言って、その人たちが英語で簡単な会話をすることができるとは限らないし、マドンナが何を言っているのかを理解しているとも限らない)

この文を声に出して読んだ高校生が「because節の終わりにカンマがあるはずだよね?」と私に確認しました。私は初見した時に、なにも違和感を持たなかったので、素直な文だろうからカンマも当然あるはずと判断して「うん、あるよ」なんて言ってしまったのですが、探してみると、ない。というか、because節が終わるのが" a new Madonna song"のはず。そのあと主節が続くのだから、does not meanの主語がほしい。主語がない。because節全体を指すitを付けておかないと!

でも、主語がなくても、あまり違和感もなく、入試問題(明治学院大学)にも採用されているのだから、文法的に間違っているとも言えないのだろう・・・

曖昧なまま授業終了。そして、一人反省会です。

解説(「やっておきたい英語長文700」)を読むと、これはbecause節が主語になる口語的表現なのだそうです。同じ意味を、Just because ...., it does not mean ...と表すこともできる、とのこと。

オーレックス英和のbecauseの欄にも、下記の説明が

(名詞節を導き)(口)...ということ
Just because he thinks it's a good idea doesn't mean it's a good idea.
彼がいいアイディアだと思ったからといって、本当にいいアイディアとは限らない


へぇ〜、そうなんだあ。

それにしても、初見のとき、不自然に感じなかったのは、この口語パターンを聞き慣れていたからなのか、それとも、単に注意力がないからなのか・・・前者だということにしておこうっと!


posted by Monterey at 14:10| Comment(0) | TOEIC・文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: