2015年10月23日

アナと雪の女王


大学の教材で「アナと雪の女王」を使っているというお話は以前したと思います。

今回、授業の下準備をしていて、2箇所ほどわからない表現に出会いました。調べてみると、ひとつは辞書にも載っている慣用表現。もう一つは・・・私の想像力も働かせて推測だけはしてみましたが・・・というものです。

その1
主人公アナが旅の友であるクリストフに案内されて森の妖精トロールに会う場面。クリストフがトロールたちに「久しぶり」と呼びかけるのですが、そのセリフが
You are a sight for sore eyes.

辞書を見ると、a sight for sore eyesで「見るもうれしいもの、目の保養《珍客・珍品など》」との説明でした。へぇ〜

その2
トロールたちに囲まれて、アナはいったいなにが始まるのかと少々不安。What's going on?
とクリストフに聞くと、彼は
I've learned to just roll with it.
と言います。字幕は(僕たちを)「歓迎しているんだよ」となっていましたが、どうして、そんな意味になるのか不思議であれこれ調べてみましたが、わかりません。このセリフをググってみると、こんな例が

1.ここの天気はまったくあてにならない。厚着をすればポカポカ陽気になるし、油断して薄着をすれば吹雪になるというような文脈で、I've learned to just roll with it and dress in lots of layers.

2.Are you guys more of the planner type like me or do you just roll with it?
プランナータイプというのが、詳細までキチンと計画を立てそれにそって行動する型の人間ということらしい。

3.ディズニー映画を解説しているブログではトロールのことをこんなふうに説明していました。(抜粋)

we realized: the trolls are just like our parents.
They tell our guests things about us that they really didn’t need to know.
They get a little too involved in our love lives.
But as Kristoff put it, we’ve learned to just roll with it.

彼らは親のような存在で、言わなくてもいいことを訪ねてきた客に言うし、こちらの私生活に鼻を突っ込んだりする。でも、クリストフが言うように、We've learned to just roll with it.

これらを総合して考えると、ありのままをそのまま受け入れるとか、受け流す、というかんじでしょうか?

roll with the punch
というのは1.(相手に打たれた時にその打撃を緩和するために)相手のパンチの方向に合わせて動く[後退する] 2.激しく逆らわないことによって不運などの衝撃を緩和する

このthe punchitにして使っているということでしょうかね。

だとすると、詮索したり、逆らったりせずに、トロールに調子を合わせておくのがいいと経験上わかったということかな。
posted by Monterey at 12:32| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
roll with the punchesってちょうど今月のラジオ英会話に出てきたんですよ。
12日の放送です。「(困難を)柔軟に乗り切る」と意味が添えられています。
イディオムは好きで雑誌などから仕入れているのですが、roll with itもどこかで見たような。でも辞書で検索してもなかなか出てきませんね。私なんか誰かに教えるわけでもないので、セリフや文章の前後から「同じ意味だわ、たぶん」と思い込んでいたと思います。montoさんがあげておられる文章を読んでも同じような感じですよね(いい加減な私)スポーツ関連のイディオムや野球やボクシングから来たものが多いですね。いちおう記事を読んでから検索してみました
http://onlineslangdictionary.com/meaning-definition-of/roll-with

roll with itを検索してsee "roll with the punches"と出たりもしました。
すみません、答えになってなくて(^^;;) どなかたバシッと「こうだよ」と言ってくださる方がいるといいですね。

余談ですが、私の好きなポール・マッカートニーがウィングス時代に作った歌の1つにLet Me Roll Itというのがあり、この記事で思い出しました。
I Can't Tell You How I Feel
My Heart Is Like A Wheel
Let Me Roll It
Let Me Roll It To You
Let Me Roll It
Let Me Toll It To You
自分のハートを車輪に例えていて、おそらく「君に近づきたい」ってことなんでしょうね。イギリスの人気バンドだったオアシスの歌にRoll With Itというのがあるそうなんですが、ちらっと歌詞を見ると「流れに任せる」と受け止めていいような気がしました。洋楽好きなのに最近は歌詞に注目することもほとんどなくなりましたが、タイトルだけでも気にして意味を確認すると面白いですよね。
Posted by Lily at 2015年10月23日 15:25
Lilyさん

遠山先生の講座に出てくるんですね?私は日曜日にまとめて録音してそれから聞くので、来週、学ぶことになるかな。それにしても、実に偶然!講座ではroll with the punchesと複数形で出てくるんですね?

ポールのLet Me Roll It 知ってます!アルバム「バンド・オン・ザ・ラン」に入っているんでしたっけ?この頃、全然聞いていない、というか、レコードでしか持っていないから、聞くこともできないでいます。年と共に、音楽を聞く機会がなくなってしまいました。Lilyさんは今でもよく聞くのですか?私はもう、どんなバンドが活躍して、どんな歌が流行っているのか、まったくわからない状況です。

I'm over the hill. ってやつでしょうかね。
Posted by monto at 2015年10月23日 22:19
roll with the punchesで複数で出てきました。遠山先生の講座です。以前、雑誌か何かで見ましたが単数形で見かけたことは少なくても私はありません。
今ヤフーで検索してみましたが複数形で出てきましたね。
テキストには「相手のパンチと同じ方向に体をひねるボクサーの動きから」と説明が書いてあります。パンチは1発では済まないから複数なのでしょうね。

NHKの講座は平日忙しい人のために放送も考えていますよね。ストリーミングもありますし。
Posted by Lily at 2015年10月23日 23:57
最近"roll with it"聞いたなあと思ったら"How I Met Your Mother"というドラマでした。

結婚式の準備に追われてパニック状態の女性が、少しカリカリしすぎじゃないかと友達に言われて、ものすごい勢いで言い返したシーンでした。

Even if a dinosaur should poke his head out of my butt and consume this coffee table, I need you to roll with it, okay?

ちょっと品の悪い例ですいません。その友達に
「ここまで来たら、もうあなたにもとことん付き合ってもらうしかないのよ!」
みたいな感じなんでしょうか。
Posted by ばっちもんがら at 2015年10月24日 00:00
Lilyさん

そうなんだあ。辞書にはroll with the punchと単数で載っていますが、実際は複数で使われることのほうが一般的ということなんですね。代名詞の場合はthemよりもitのほうが多いのかな。代名詞を使う場合は元のパンチの意味がなくなって、漠然と事態を指すということなんでしょうかね。

ばっちもんがらさん

面白い例の紹介ありがとうございます。結構、映画でも使われているフレーズなんでしょうかね。それにしても、細かいところ、ちゃんとチェックしているんですねえ〜すごいなあ。
Posted by monto at 2015年10月24日 09:14
ネットで検索したら複数ばかりだった気がしますが、電子辞書で調べたら単数も載っていました。冠詞もtheと a両方載っていました。「この困難」と特定できれば単数なんでしょうか。
Posted by Lily at 2015年10月24日 20:59
Lilyさん

いろいろ調べてくださって、ありがとうございますm(_)m

日本語は、固定表現が多いですが、英語は、このように状況に応じて変化・変形させたりすることがよくある気がします。(すぐに例が浮かんで来ないけど)そこら辺も臨機応変に理解しないといけませんね。
Posted by monto at 2015年10月25日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: