2015年11月24日

徒然に


最近メモした英語表現です。

1.醍醐味
ドラマ「エレメンタリー」より

それが醍醐味だよというセリフ

That's the beauty of the game.

なんの醍醐味だったか、忘れてしまいましたが、「ゲーム」や「試合」ではなかったと思います。でも、gameを使うところが洒落ていていいなと思いました。醍醐味にbeautyのほかexcitement
も使われているのを耳にしたことがある気がします。

いま、和英を見ると、pleasure, thrill enjoymentなども載っていました。

2.デマカセ
相棒のワトソンが家族のディナーに到着するのが遅れている間、なぜか家族外のホームズがそのディナーテーブルを囲み、場を楽しませるために、あることないこと喋っていたという状況。

「なに話していたの?」というワトソンの問いかけに「口からデマカセ」とホームズ。そのセリフが

I meant very little of what I said.

意味のないこと、ということなのでしょうが、こんな英語、私には作れない!と思いました。

3.電話
こちらも、「エレメンタリー」から

スマホが思わぬところで鳴っていて、自分でもちょっとビックリということは間間ありますよね。なにも、重要な会議で鳴ってしまったとかいう極端な例でなくても、家の中でも。

ワトソンの電話は本棚の上で鳴りました。その時の彼女のセリフ。

What's my phone doing up here?

「私の電話、こんなところで何しているの?」ってかんじですよね。なんとも、可愛らしい表現で気に入りました。

4.だんだんわかってきた
ジャパンタイムズ11月21日付けコラムBLACK EYEで、筆者マクニール氏が感じた関東と関西の違いの話。横浜住まいの筆者が会議に出席するために初めて神戸に行ったとき、なにかが違うと思ったそうです。でも、最初はなにが違うのかわからなかった。時間とともに、それがなんなのかはっきりとわかってきた。という件り。こんなふうに英語で表現していました。

At first it was something intangible, but it began to take shape as I made my way to the conference venue.

こういう気持ちになることって、たまにはある気がしました。そんな時、この英語の文は適切にその気持ちを表現しているなあと感心しました。
posted by Monterey at 13:47| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: