2016年02月06日

cut it close


最近のメモから、いくつかエントリーします。

1.cut it close
ドラマ「エレメンタリー」より。

早朝の便でロンドンに帰ろうとしている兄を呼び止めて、手紙を渡すホームズ。

ホームズ:
Cutting it a little close for the red-eye, aren't we?

cut it closeって、先月ラジオ英会話で出てきたフレーズ。「それ(予定など)をギリギリに設定する」

red-eyeも、以前同番組で出てきた気がする。目を赤くしなければならないような早朝や夜間の便。

「帰宅便の直前になっちゃったね」というところでしょうか。

講座で学んだフレーズが、このようにドラマなどで出てくるとなぜか嬉しくなります。

2.跡が残る
メモ帳の一番上に文字を書いたりすると、そのペンの跡が下の紙に残り、その2枚目の紙を鉛筆でこするとペン跡の部分が沈んでいるのでそこだけ鉛筆がつかず白く残り、1枚目の紙に何が書いてあったかわかる。そんな場面をサスペンスドラマなどで何度か見たことがあります。この場合の「鉛筆の跡が残る」を、ドラマ(「エレメンタリー」で、意外な言い方をしていました。

Map has pen impressions on it.
今回は地図の上にメモをとったので、mapが使われていたのですが、なぜ、theが付かず、まるで不可算名詞のようになっているのかは不明。それは脇において、ペン跡をpen impressionsと表現していることに、へぇ〜と思ったしだいです。impressは元々「刻印する、刻む」ってことだから不思議はないんだろうな。

3.風邪ひきそう
NHK講座を担当していた岩村圭南先生の著書「1分間英語」(アルク)を読んでいると「風邪をひきそうなかんじ」という表現でI feel a cold coming on.というのが載っていました。

その話を生徒さんにすると、「では、Spring is coming on.も言えますか?」との質問が出ました。私は即答ができず、「このonはどんなニュアンスでしょうねえ」となりました。質問した生徒さんが「自分に近づいているかんじでしょうかね」というので、私もそんな気がします、と言いつつ、辞書を確認しました。

come onの3番目の意味として「≪風・嵐・発作などが≫起こる、現れる、≪病気・苦痛などが≫つのる」とありました。

ということは、このonは、「不利益を表すon」に似ているのかな。たとえばShe hung up on me.The door was shut on him.などのような。これらは前置詞で、come onのほうは、on以下になにもないから、副詞の役割を担っているけど、ニュアンスは同じようなかんじですよね。

となると、春を待ち望んでいる人たちなら、Spring is coming on.とは言えないってことですよね。難しい!




posted by Monterey at 14:23| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: