2016年06月21日

利き酒


本棚にあったKay HetherlyさんのKitchen Table TalkというNHK出版の本をパラパラめくっていて、あ〜このように表現すればいいんだなあと感心する表現満載だったことを再認識。その例をちょっと書いてみたくなりました。

日本酒の利き酒blind tastingの話です。

銘柄の貼っていないボトルに番号がふられた日本酒が大きなテーブルにずらりと並べられました。それから、30人かそこらの参加者が1瓶づつ、香りをかぎ、味わい、メモをとり、そして最後に格付けをしました。

という流れをケイさんは、次のように書いていました。

All the unlabeled bottles were numbered and put on a big table. Then the thirty or so participants slowly went from bottle to bottle, smelling, tasting, taking notes and finally ranking each one.

難しい単語まったくはないけど、日本語とはちょっと発想が違う気がして、この状況を自分が英語で表現するなら、全然異なる英語になったのではないかあと思いました。

特にparticipants slowly went from bottle to bottle

のところに目がとまりました。動詞にgoを使っているところがポイント。これはボトルからボトルへと順番に移っていったってことですね?それとも、1瓶づつやるべき仕事を行なったってことかなあ?もし、前者の意味なら私だったら、movedとか使うかなあ。後者の意味ならworked onとかかなあ。そのあとのfrom bottle to bottleも、自分なら、from one bottle to anotherとか言うんじゃないかなあ。

外国の方が多かったこの利き酒会。みな、専門家ではないかもしれないけど、こよなく日本酒を愛する面々。そして、その様子をこんなふうに表現していました。

We were like kids turned loose in a candy store!

なんかよくわからないけど、興奮しているんだろうなあと察しはつきました。辞書なども調べちゃいました。結局、お菓子屋さんで「放し飼い」にされた子供のようだった、ということのようですね。はしゃいでいる様子を言いたいときに今度使ってみようかな。





posted by Monterey at 16:41| Comment(3) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
like a kid in a candy storeで大はしゃぎして、なので変形バージョンですね。
イディオムをちょっと変化させたりするのはドラマのセリフでもよくありますが、それに気づく、そして願わくば自分でも応用できるようになりたいです。
あ、そういえばゴールデンウィークに家族全員で風邪をひいてしまい、 My husband brings home not only the bacon but also a cold virusと愚痴をこぼしたら、文法的に正しいかわかりませんが先生は笑ってくれました。

私はビジネス英語など必要がないので、ケイさんの本のような(ブックオフにもっていったかな〜これ)シンプルなネイティブ英語をたくさん読んで勉強したほうがいいなと改めて思いました。ありがとうございます。
Posted by Lily at 2016年06月22日 11:53
Lilyさん

like a kid in a candy store という表現があるんですね。知りませんでした。目に浮かんでくるようなフレーズですね。

bring home the baconの応用、いいですね!そんな洒落たことを言えるLilyさん、ステキです!

このような簡単な単語を自由自在に使ってカラフルな英語を書いて(言って)みたいですよねえ。
Posted by monto at 2016年06月22日 16:58
funさん

5月にコメントいただいていたのですね。気づかずに無礼を働きました。

I think の項目でお返事書いておきました。読んでいただければ幸いです。
Posted by monto at 2016年06月22日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: