2017年02月27日

未来を表現するには


家族親戚で海外旅行に行く計画の生徒さん。「現地で息子夫婦と落ち合ってレストランで食事をする予定なのですが、私たち夫婦が先に着く予定なんです。予約はすでにしてあるのですが、後の二人はのちほど来るって、英語でなんと言えばいいですか?」との質問が来ました。

言われた瞬間The other two (will come/ are going to come/ are coming) later.

の3つが頭の中を駆け巡り、今から決まっているのだからare comingだろうと思いながら、それでも自信が持てず脳の中は混乱、なぜかwill comeとボードに書いている私。

クラスが終わってからも、are comingだよなあ・・・と後悔たらたら・・・でも、この3つ(これに加えてwill be comingもかな)、私の中では使い分けられていないんですよね、結局。

改めて本棚に並んでいる文法書で未来表現を確認してみました。(ピンク色の字は、本からそのままの抜粋部分です)

まずはイギリス人デビッド・バーカー氏「英語と仲直りできる本」より

人の予定や計画を話す場合willは使わない・・・「つもり」という日本語になる場合には、willは使わない

going toと現在進行形に関してはその差は微妙で、どうしても違いが理解できないのであれば、未来の計画や予定を話す時にはいつでもbe going to...を使うようにすれば、大きく間違えることはまずないと思います。

The other two are going to come later.

でも良かったのですね。

進行形(この場合are coming)が使われるのは、一般的な傾向として、時間、場所などの詳しい情報まで具体的にきまっている場合(つまり「・・・するつもり」というよりも「・・・することになっている」という場合)

まさに、「遅れて来ることになっている」のですからThe other two are coming later.ですよね〜

続いては、このブログでよく参照させてもらっているTDミントン氏(イギリス人)の「ここがおかしい日本人の英文法」

willに関して -- I'llで始まるような文は、話している時点での決断・決心について述べるときに使われる

まあ、これはよく言われることであり、また、今回はこれには当たらないので、さらりとやり過ごします。

一人称以外が主語の場合も、これに当たらないので、予測・・・がおそらく、willの主要な用法でしょう。・・・この表現は、予測がはずれる可能性を認めていないということです。

この説明は理解が難しいです。予想というものははずれる可能性もあるものだと思うのですが、少なくとも、willを使った場合、話し手ははずれることはないと思っている、ということらしい。ミントン氏は、次のように続けています。たいていの場合には、I thinkI expectprobablyなどの修飾語を使って、willの持つ断定の意味を和らげるほうが安全です

さらに次のまとめの言葉が、私を混乱させます。

be going to doを使うのは、何が起こるかあなたにすでにわかっているときであり、willを使うのは、何が起こるか知っているとあなたが自分で確信しているときです

これ読むと、わかりかけたと思った事柄が幻だったのでは?と不安になります。

そして、いつも頼りにしているマーク・ピーターセン氏(アメリカ人)「英語塾」から

Will you see him when you go to Osaka?

Are you going to see him when you go to Osaka?


"Will you see him〜?"は「彼に会うかどうかはまだ決めていないかもしれませんが、どうしますか」といった感じの質問ですが、それに対して"Are you going to see him 〜?"は「彼に会うかどうかもう決まっているでしょうか?どうする予定ですか」といった感じになります。
"be going to"のほうが”予定がもう決まっている"というようなニュアンスが幾分か強い

最後は、ケンブリッジ社の文法書Grammar in Use

英語の文法書なので私なりに翻訳・要約すると、

going towillよりも、起こるという証拠のある予想に使われる。

しかし、
willも、予想には使われるのだそうです。ただその予想は個人の意見や経験に基づくのだそうで、例文としては

Why not come over at the weekend? The children will enjoy seeing you again.
I imagine the stadium will be full for the match on Saturday.


going toのほうは、もう少し客観的証拠があるってことなんでしょうね。でも、一瞬にして、これは客観的な証拠に基づいた予想か、それとも個人的な意見かなんて、いちいち判断できないよー

バーカー氏は、本来、進行形で表すべきところを、going toを使って表現しても、大きく間違えることはないとおっしゃっているのですから、予定に関してはgoing toを原則とし、「きっと〜します」はwillを使う、とこれが基本ルールかなあ。

「〜することになっている」は進行形ですが、supposed toという表現で行けますのでね。

これ以上は悩まないことにします! いや、悩みつつ、より良い選択をする努力をし続けるべきか!







posted by Monterey at 23:49| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
既婚の息子さんがいる方も教えていらっしゃるのですね。50代か60代でしょうか?学び続ける意欲、素晴らしいですね!
今月のラジオ英会話の英会話文法でもwillやbe going toを扱っていました。お弁当を作りながら流していたので後でゆっくりテキストを読もうと思っています。
今の学校でどのような文法を教えているのか全くわかりませんが、現在進行形をそのようなケースで使えると私は習ったかなあ。will, be going toだけしか記憶にないです。ネイティブとのレッスンでbe going toと言うのを私が学校の試験で散々書いたような頻度で耳にしたことがないです。私も現在進行形の便利さを知ってそれで済むならと微妙な使い分けを確認しないまま使っています。

be supposed toは学校英語では教えているのでしょうか。とても便利でドラマや映画でも頻繁に登場するので、学生もつかいこなせるといいですよね。
Posted by Lily at 2017年02月28日 16:42
Lilyさん

大人の生徒さんは、子育てが終わった方々が多いので、50代以上がほとんどです。学ぶことを楽しんでいらっしゃるようで、ステキです。

私もたまたま今日遠山先生の講座がちょうどこの表現であることを発見しました。

テキストの一部を抜粋させてもらいます。

When will you go home?(いつ帰国することにしますか?)
When are you going home?(いつ帰国ですか?)
When are you going to go home?(いつ帰国するつもりですか?)
When will you be going home?(いつ帰国するということになりますか?)

私は日曜日の1週間のまとめを録音して来週聞く予定なので、来週もう一度復習したいと思います。
Posted by monto at 2017年02月28日 22:32
何日か前に運転してい時に聞こえてきたのもwill と be going to の説明でした。
こんな内容だったと思います(この通りではなかったかも)

I'll be seeing you tomorrow.
I’m going to see you tomorrow.
明日も会う同僚にという設定。

ここで出演者が口をそろえて、be going to の方は、「不自然ですよねー」と言っていました。そんなに異口同音に「不自然」なんですね。
Posted by ばっちもんがら at 2017年03月02日 22:34
ばっちもんがらさんがお聞きになったラジオ(ポッドキャスト?)面白そう!自分は学校の授業でそこまでニュアンスのちがいを教わったか記憶がないです。忘れているだけかしら(^_^;)未来進行形は正直に言って使いこなせません。

例文のbe going toは明日職場に行けば同僚だから当然のようにそlこにいて顔を合わせるから、前もって「 よし、明日は君に会うぞ!」と心に決めたみたいに聞こえて不自然なのでしょうか?
前者は「明日は勤務日だしお互いに元気で出社したら明日も会うよね、顔をあわせることになるよね」というニュアンス?自分があまり文法を考えていないのに気づかされました。


Posted by Lily at 2017年03月03日 08:47
ばっちもんがらさん、Lilyさん、おはようございます。

Lilyさん、学校でどの程度習っただろう?ということですが、私は今、実際、高校生に教えていて学校の文法テキストも目にします。違いについては、さらっと書いてありますが、(特に、その場で決めたことにはbe going toは使わないという点)細かいニュアンスには全く触れていません。場面に合わせた言い方というのは理屈ではなく、場数を踏んで学んでいくことでしょうから、文法書で扱いきれないというのも仕方がないことですが、それでももう少し、コミュニケーションを意識した観点からの文法というものを学校英語に取り入れてくれたら、英語教育も変わる気がします。(今回のブログで触れたケンブリッジ社のGrammar in Useは、その点が優れていて、いつも感心させられます)

ばっちもんがらさんがご紹介してくれた2文。特に2文目、感覚で即「変」と言えるようになりたいものです・・・

Lilyさんも分析してくれましたが、私も私なりに後知恵で考えると

I'll be seeing you tomorrow.(明日も会うことになるね⇒明日もまたね)なのかなあ。
I'm going to see you tomorrow.(明日も会うつもりだよ)みたいなかんじなのかなあ。

あ〜もどかしいです。



Posted by monto at 2017年03月03日 09:14
ご無沙汰しております!私もちょうど生徒さんに違いをきかれたところで調べていたところでした。私の敬愛する大西泰斗先生によると
will be -ingは
そのとき行われている出来事を想像し、見通しているニュアンスが加わる
とのことです。
Posted by Milk at 2017年03月07日 14:39
Milkさん、こんにちは!

そのとき行われている出来事を想像する、というのは、納得がいきますね。明日の今頃は〜しているはず、とか、〜していることになっている、というかんじですよね。

今、映画のシナリオ(原語と日本語訳)の本を使って即訳の練習をしたりしています。日本語を見て、英訳するのですが、ここは、I'll だろうと思うところの多くが、I'm going to (またはgonna)なんですよねえ。いわゆる、今、〜しようと決断した場面であっても、going toがけっこう使われているんです。たとえば、気に障ること言われて、「お前の首へしおってやる!」なんて場面。I'll break your neck.で問題はないと思うのですが、ここで、going toを使ったりしています。あたかも、前からその予定があったかのように言っているのかなあと思ったり・・・むずかしいです。(;´д`)
Posted by monto at 2017年03月07日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: