2017年08月20日

would


NHKのラジオ講座、高校生からはじめる「現代英語」を(できるだけ)聞いています。

8月前半は昨年オバマ(当時)大統領が広島訪問した際のスピーチが題材です。

その中から、2つほど疑問に思った点を取り上げます。一つは解決しましたが、もうひとつは、わかりません。なにかいいアイディアがあったら、教えてください。

1. would

In the span of a few years, some 60 million people would die.

このwouldをテキストで目にしたとき、なぜwouldなのだろう?と不思議に思いました。

in the span of a few years
戦争の開始から終焉まで「わずか数年の間に」という出だし。dieは、戦争開始時に視点があり、数年のちには6千万人が死ぬことになる、という意味で、willの過去wouldが使わているんだなと納得。

その後、ある高校の教科書で、こんな文が出てきました。

Germany had fallen in love with Paul. But German fans would soon be shocked.

これは2010年のFIFAワールドカップで、一躍有名になった予言者ならぬ予言ダコのポール君の話。ドイツ勝利を次々に当てていたので、ドイツ人はポール君が大好きになっていたが、この後すぐドイツのファンはショックを受けることになる。という文。(準決勝、対スペイン戦で、ポール君はスペイン勝利を予言し、そしてそのとおりになる)

ドイツ勝利の予想にドイツ人が気をよくしていた時点から考えると、「その後、ショックを受けることになる」ということですよね。

要は、「(後に)〜することになるのだった」と言いたいときは、wouldを使いましょうということですね。

2.held prisoner

We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans, a dozen Americans held prisoner.

テキストの訳を引用させてもらいます。「私たちが来るのは、亡くなった人々を追悼するためです。含んでいるのは10万を超える日本人の男性、女性と子供たち、何千(何万)もの朝鮮半島出身の人々、捕虜となっていた12名のアメリカ人です。

下線部ですが、和訳から考えるとa dozen Americans who were held as prisoners または、a dozen Americans, held prisonersということだと思うのですが、なぜ、prisonersがついていないのかがわかりません。念のため、この単語を辞書で調べたのですが、不可算名詞だとは書いていません。不思議だなあ。

posted by Monterey at 11:53| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hold prisonerで捕虜にするというイディオムなのだと理解していました。
念のためhold them prisonerで検索をしたらヒットしました。hold them prisonersと複数も見られました。それはどちらもでOKなのか、日本語でもよくある間違えて覚えてそのまま使っている、あるいはそれが普通になってしまった、そういう理由なのでしょうか。
Posted by Lily at 2017年08月21日 14:14
Lilyさん

hold prisoner と不可算でそういう表現があることを知りませんでした。そして、この2語の間に目的語を置いてもいいんですね。

hold them prisoners でもヒットするということで、そちらは認められているのかどうか、疑問は残りますが、とりあえず、オバマ大統領のスピーチのほうは、hold prisonerの変形として理解できました。ありがとうございます!
Posted by monto at 2017年08月21日 23:10
>高校生からはじめる「現代英語」を(できるだけ)聞いています。
(できるだけ)の部分に思わずニンマリしてしまいました。実は私もゆる〜くできるだけ聞くようにしているので。
prisonerですが、ジーニアス英和大辞典には、「捕虜」の意味で可算、不可算両方がある、となっていました。
Posted by 莉杏 at 2017年08月21日 23:17
莉杏さん

ジーニアス英和、慌てて引いてみました。載ってました!UとCのマーク!

いつもは、研究社大英和とランダム英和を併用しています。私の電子辞書では、それが基本仕様になっているからなのですが、ボタンを二つ多く押すと、ジーニアスやオーレックスも使えます。今回は大英和とランダムしか確認しませんでした。さすがジーニアスはいいなあ。オーレックスも文法説明が詳しくて、ほんとは、この二つのほうが好きなんだけど。つい横着してしまいます。

伊藤サム先生の頭から和訳する方式と反訳トレーニングが好きで、(できるだけ←しつこい!)聞いています。

Posted by monto at 2017年08月22日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: