2017年12月21日

メンタリスト、ついに見終わってしまった・・・


寂しいです。メンタリスト見終わってしまいました。

今日は、最終回までの数話から、気になった表現をまとめました。

1.ピンチって楽しくない?
Don't you love it when the stakes are high?

I (don't) like it when
のパターンは、これまでも何度か出会っているので、慣れましたが、「〜って楽しくない?」という日本語に対し、Don't you love it whenが使えるんだなあと、メモ。

2.電話番をしていて
Hold down the fort.

このフレーズは、辞書をしらべると「砦を守る」→ 「務めを果たす」→「留守を守る」という流れのようです。

3.急ブレーキをかけた?
Did you stop short?

「短い距離で止まった」ということでしょうか?あるいは、「車間距離不足で止まった」ということかな。
でも、急ブレーキをかけなくても、その状況になることはあるなあと思い、辞書を開く。

stop short: 急に止まる〔やめる〕  研究社英和

必ずしも、車とは限らないんですね。

3.ガツガツせずに
状況はこうです。同僚をデートに誘いたいと思っている男性。どうしたら、ガツガツせずに、強い印象を与えることができるか?と、上司に相談している場面。その「ガツガツせずに」

without coming on too strong

この表現を辞書で調べると、
(レースで)どんどん前に出てくる ≪口語≫(性的な意味で)強引に迫る  リーダーズ

When you're interviewed for the job, don't come on too strong.
就職の面接を受ける際には、あまり派手にふるまってはいけない  ランダム英和

自分では、使いこなせないなあ。

4.私だけ?
「家が左にちょっと傾いているように思えるのは、私だけ?」

Is it me or does it seem like the house slants?

Is it just me?

という英語表現は知っていましたが、Is it meだけでも使うんですね。

この疑問の答え「目の錯覚だよ」

optical illusion

「気のせい」「空耳」などはjust my imaginationというのもありますよね。

もう少しメモがあるのですが、長くなってきたので、次回に回します。







posted by Monterey at 22:03| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに見終わったんですね!いかつい男たちが撃ちあったりつかみ合ったり、ではなく、お紅茶飲みながら軽〜く難事件を解決に導くというニュータイプのキャラクターが面白かったです。ただ、レッド・ジョンの真相は、個人的に納得いってませんけど。montoさんが次はどんなドラマを見られるのか楽しみにしています。
Posted by ラジ子 at 2017年12月23日 00:29
ラジ子さん、おはようございます。

そうですよね。激しいアクションとか血生臭い場面があまりなく、リラックスして見られるところ好きでした。考えてみると、あまり、ベッドシーンもなく(たぶん、ジェーンとテレサの二人のベッドシーンは最後までなかったと思う)、あの二人を見ていると、暖かな気持ちになれました。(レッド・ジョンはねえ・・・私も納得できません)

メンタリスト・ロス状態なので、早く、それを埋めてくれるドラマを探したい!
Posted by monto at 2017年12月23日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: