2017年12月29日

メンタリスト最終回


押し迫って来ましたね。

そんな中、平日と何ら変わらないエントリで恐縮ですが、「メンタリスト」最終回の気になる英語が少し残っていたので、年内にアップしておきたいと思います。

1.流れに任せる

二人だけで結婚式をあげてしまうはずが、いつの間にか、招待客が増えていく。開き直って、ジェーンが言ったセリフ「流れに任せるよ」

I'm gonna surrender to fate.
「運命に身をゆだねる」ということですかね。

ヤケクソになって、こんなことも言ってました。

We're gonna need a few more guests just to dilute the alcohol content.

こういうセリフが、アメリカドラマの洒落てるところだなって、思います。

2.心機一転

仕事場も変え、心機一転しようと思ったメンバーのセリフ

I think a change of pace would be good.

「気分転換」でインプットしているこのa change of paceというフレーズ。自分で使ったことないかも・・・と思って、今一度記憶にとどめます。

3.卑下する

「卑下するな」というセリフ。

Stop feeling sorry for yourself.

sorryがカバーする範囲はなかなか広い。「お悔み申し上げます」もI'm sorry.だし、もちろん、謝罪するときも使うし。今回は、憐れむ、というニュアンスかなあ。

3.3割バッター

「卑下するな」に続く流れで、
You made some mistakes going after Keller? Welcome to the club. I bat .300 on a good day.


「ケラーを追いかけて、お前はたしかにミスを犯した。みな同じだ。俺だって、調子のいいときは3割打つ」

直訳はそんなところでしょうか。

私がシナリオ書くなら「みな同じだ。俺だって、三振する」って行くけどなあ。これは、日本語と英語の違い?それとも、単に、この脚本家が変わっているの?

ちなみに、.300three hundredと発音していました。

さて、2017年も、あと2日ですね。

来年も、「英語道」を1歩ずつ、前進していきたいと思います。

皆様、良いお年を!






posted by Monterey at 22:06| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: