2018年08月23日

代名詞that


ある高校生のクラスで使用している問題集「英文解釈の透視図」(研究社)にあった問題です。

A language lives only so long as there are people who speak it and use it as their native tongue, and its greatness is only that given to it by these people.

下線部thatは、何者なのか?しばらく考えたのですが、結局、解説を読みました。これは、前述の名詞greatnessを指しているとのこと。というわけで、訳は「言語は母語としてそれを話し、使う人がいる限り存続し、その偉大さはこれらの人々がその母語に与える偉大さなのである」

ここで、onlyの訳に困りました。言いたいことは、わかる気がしました。普段、母国語ってすごいなあ、と感じることがあります。複雑なことを頭の中で瞬時に言語化し、表現する技術。母国語である日本語と外国語である英語を比較すると、この技術の差を感じずにはいられません。その辺りにことを言っているのかなあと思いました。ただ、今の私の解釈だと「その偉大さは母国語話者のみが母国語に与えることのできる偉大さなのである」と、only by those peopleのような形になるほうが辻褄があうような・・・

再び、問題集の解答ページ開いて、訳を確認。「言語は、母語としてそれを話し用いる人がいさえすれば、存続するのであり、その言語の偉大さは、こういった人々によって与えられる偉大さにほかならない」

onlyの訳は「ほかならない」の部分ですよね。そうかあ。このonlyの使い方を、辞書で確認。

only:無比の、最適の、きわめて優れた
our only statesman我が国無比の政治家

「ほかにはない偉大さ」ということでしょうか。

ここで、最初のthatが再び気になりだしました。its greatnessを指す代名詞ということであれば、the oneを使えばいいのではないか?

ということで、thatthe oneの違いを調べました。

ロイヤル英文法

the one = that ...ーー中略ーー繰り返す名詞が不可算名詞の場合oneは使えないので、thatを用いる

そうかあ。greatnessは不可算だから、thatになったのかあ。

追伸
すっかり納得したのですが、後になって、再び考えると、、given以下で後置修飾しているってことは限定用法。言い換えれば、母国語話者によって与えられる種の偉大さ。それは、他の種類の偉大さと区別しているわけだから、偉大さには様々な種類がある、つまり、可算名詞扱いしているんじゃないの!?ああ、わからなくなった・・・


posted by Monterey at 23:24| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: