2013年09月23日

確率のお話



自らの失敗をご披露することによって、以後気を付けようと自戒し、皆さまもお気を付けくださいまし、と注意を促す「失敗談シリーズ」

今回も、英会話学校に勤めていたときの同僚アメリカ人との会話の時こと。

講師室に見慣れぬ消しゴムだったか、ペンだったを発見。Is it yours?と私が一緒にその場にいたアメリカ人に尋ねると、Noのこたえ。当時は先生が3人しかいなったので、じゃあ、もう一人の先生のものだね、と言う結論になり、私がMaybe.と言う。すると、そのアメリカ人はProbably.と返しました。

講師室は、この3人の先生しか使っていなかったので、その場にいる二人のものではないとなれば、もう一人の先生のものである確率はかなり高い。そういうときは、可能性五分五分のmaybeよりも、可能性が高いときに使うprobablyを使うほうがふさわしいよなあ、と反省したしだいです。

振り返って考えるに、そもそも私はprobablyを使っているだろうか?なんでも、maybeで済ませていないだろうか。

あまり、maybeばかり使っていると、信憑性の判断を避けた無責任な物の言い方をする人になってしまうかも。気を付けなくては・・・

失敗談シリーズでは、英語と無関係な日常生活での失敗を最後にひとつ告白することにしています。今日は今朝のお話をご披露します。

ゴミ収集の日だったので、ごみ袋を持って収集所に。ここの町内は百葉箱を大きくして金網にしたようなごみ袋入れを採用しています。ところが、30リットル袋が二つほどそのごみ袋入れの外に出したまま置かれていました。中味は枯葉。どなたかがお庭の掃除をしたものと思われます。重たいので、金網の中に入れず、その横にそっと置いたのだと思うのですが、カラスが2羽ごみ袋を突っついて中味を引っ張り出そうとしています。これはまずいと私は思いました。このままでは、ごみ運搬車が収集に来る前に、枯葉が散乱するかも。そこで私はそのごみ袋入れのかんぬきを開け、そのごみ袋を網の中に入れました。その間、私は背中に強い視線を感じていました。かんぬきを再び閉じて振り向くと、カラスが2羽じっと私を見ている。こわっ!「俺たちの朝食を奪ったな」っていう顔つきですよ。いや〜、ヒッチコックの「鳥」を思い出しました。こういう時は、しっ、しっ、と手でカラスを追い払ってから作業をしたほうが良いのかしらと、ちらっと思いました。カラスは人間の顔を覚えているとどこかで聞いた気がして・・・

posted by Monterey at 10:50| Comment(4) | 失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

when to die


自慢話は聞いていて辟易することがあるのに対し、失敗談はくすっと笑えるし、また他山の石として自分も気を付けようという気になります。ということで、「失敗談」というカテゴリーを作りました。これまでの自分の失敗を晒し、時には記憶に残る生徒さんの失敗談も(名前出さないから許して!)ご披露したいと思います。

ということで、第1回目(と言っても、不定期更新ですので、2回目がいつになるかは本人もわからない)は、もちろん、自分の失敗談。

英会話学校に勤めていたときのある日、私は同僚のアメリカ人とテレビドラマの話をしていました。このアメリカ人は日本語の勉強も兼ねてよく日本のドラマを見ていました。当時見ていたドラマを1回、見損なって、たまたまその回を見ていた私があらすじを説明することになりました。なんのドラマか忘れましたが、不治の病いに侵されていた主人公(だったかな?)は自分がいつ死ぬのかその時期を薄々感じていた、と言いたかった私。その説明をこう言ってしまいました。

She knows when to die.
それを聞いたアメリカ人、話の流れからShe knows when she will die.の意味だとはすぐわかったようなのですが、私の使った表現She knows when to die.を笑わずにはいられなかったようです。なんせ、「彼女はいつ死ねばいいかわかっている」ですからねえ。「今死ねば、もれなくお墓がついてくる」とか、「奥さん、この時期を逃しちゃ損よ!」みたいなノリに聞こえたんだろうなあ。


疑問詞 + to不定詞と疑問詞 + 主語・動詞

この二つは似て非なるものですねえ〜

と、自分自身を戒めた失敗談でした!


失敗談つながりで、英語に関係ないけどおまけに日常の失敗をひとつ

料理中、左の中指と薬指の先端を熱い鍋に付けてしまってヤケド。慌てて、氷を2,3個ビニール袋に入れ、それを患部に当てて冷やす。痛みが和らいだので、料理再開。無事夕食の運びとなり、おいしくいただく。そして、後片付け。キッチンにいくと、先ほどの氷袋が目に留まる。反射的に指先を袋に当ててみて気が付いた。ヤケドした左手ではなく、右手を当てていた!どっちの手をヤケドしたのかも忘れてしまったくらいだから、もう氷袋はいらないなと、心おきなく捨てました。



posted by Monterey at 20:28| Comment(0) | 失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする