2015年12月28日

メモも大掃除


ドラマを見ながらメモしておきながら、そのままになっているメモ用紙たち。年末大掃除の季節。ブログに書き留めておいたものも整理して、掃除したいと思います。

今、主に見ているドラマは「エレメンタリー」と、「メジャークライム」のシーズン3。そのどちらかからのメモです。

1.予想外だな

I didn't see that coming.

似たような表現で、have it comingっていうのがありましたよね。

たとえば、

The lazy student failed the test; he had it coming to him.
あの怠け者の学生が試験に落ちた。自分のまいた種だ。--研究社英和

いわゆる「自業自得」の意味で使えますよね。

not see it comingとなると、「まさか、そう来るとは・・・」と、かなり意味が変わってきますね。

2.買いだめ

嵐が来るため皆買いだめしてお店に物がなくなっていた、という状況。

There was a run on the storm stuff.

辞書をみると、runに「大需要・大売行き」というのがあったので、その意味で使っているのかなと思いました。

買いだめと言えば、hoardなんていうのもありましたよね。

buy outは買いだめというより、買い占めになるから、一人(もしくは一社)によることが多いのかな。

3.気になる

「気になる」という表現はこのブログで過去に何度か取り上げました。can't get it off one's mindとか、否定的内容ならannoying, botheringなど。また、のむのむさんからのコメントでdistractingなどというアイディアもいただきました。

今回ドラマで出てきた「気になる」の表現はuncomfortable

一語で、簡潔に表せるところがいいですね。ただし、これも否定的な事柄に限られますが。

4.迷う

これも、以前に取り上げた動詞。

can't decide, can't make up one's mindのほか、名探偵モンクでは、Sophie's choice. Except it's soup.なんていうのも出てきました。(どちらのメーカーのスープを買うかで迷っていたので)

今回出てきたメモでは、二つの新たな「迷う」が載っていました。

I spent a lot of time to think about it.
迷いながら、じっくり考えたという表現ですね。

もう一つは、「電話してね」というAさんに対し、素直に電話できない状況にあるBさん。迷ったあげく電話します。


A: I wasn't sure you would (call me).
B: I wasn't sure I would, either.


このBさんのセリフの日本語字幕は「迷ったわ」でした。

状況によってはI wasn't sure I should.なんていうのも、いいかな。

5.玄関

foyerという言葉が出てきました。わからなかったので、辞書を引く。

1.(劇場・図書館・ホテルなどの)休憩室、ホワイエ、ロビー
2.玄関の間

ドラマでは2の意味で出てきました。英語圏の家屋では靴をぬぐ場所が特定されているわけではないので、日本語の「玄関」に近い英語はせいぜいentranceで、そこにはあまり空間が感じられない気がしていました。しかし、このfoyerは、玄関を入ったところの空間を指すようです。たしかに、このドラマ「エレメンター」の主人公の家には玄関先に置物が飾ってあったりもして、ちょっとした空間がありました。英英の説明では(North American)an entrance hall in a house or flat
発音は何種類かあるようでしたが、このセリフを口にしたワトソンさんは「フォイヤ」みたいなかんじでした。

今年のエントリはこれが最後かな。もう1回、できるかな?

とりあえず、皆様、今年1年お世話になりました。
良いお年を!




posted by Monterey at 22:28| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

クリスマスの映画


クラスの題材に使用するクリスマス映画として、私の好きな「ラブ・アクチュアリー」をレンタルしてきました。

クラスの準備をしていて学んだことです。

1.make out

General opinion makes out that we live in a world of hatred and greed, but I don't see that. Seems to me that love is everywhere.

映画の冒頭の一部です。下線部のmake outは、「理解する」としてインプットしていたのですが、辞書によると、that節を伴って「・・・ともっともらしく言う、主張する」という意味があるんですね。

2.sneaky feeling

こちらも同じ冒頭部なんですが、

I've got a sneaky feeling you'll find that love actually is all around.

sneaky feelingをケンブリッジの辞書では、

If you have a sneaky feeling about someone or something, you have that feeling, although you are not certain it is correct.

と説明していました。「ひょっとしたら〜かもしれないという気持ち」というかんじでしょうか。

3.七面鳥

これは映画とは関係ありません。クリスマス関連で、辞書を調べていて、「七面鳥を切り分ける」という表現

carve a turkeyを目にしました。そうかあ、この場合はa turkeyなんだなあと確認。

よく肉に不定冠詞を付けると、丸々一匹あるいは一頭食べることになると言われますが、クリスマスの七面鳥はまるごと一匹ですものね。

頭や足はないし(はっきり言っちゃうけど!)、生きているときにa turkeyと表現しても、食卓にのったら、aを付けるのには、少し抵抗があったけど、a turkeyなんですね。





posted by Monterey at 23:04| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

soon


先日、英字新聞にこんなコマ漫画がありました。

雪玉を作って机の引き出しにしまっておいた男の子が、それを取り出そうと、そっと引き出しを開けてみて、一言。

I knew I should have thrown the snowball sooner.

もっと早くしておけば良かったことくらい、人に言われなくてもちゃんとわかっていたのに、どうして、やらないかなあと、自分で地団駄踏むこと、ありますよねえ?

って、「ねえ」つけちゃいましたけど、私は、度々あります。

ところで、このsoonerなんですけど、この頃、少し慣れてきたかなあと思いつつ、私だったら、earlierを使っていたかもなあ、と思いました。

改めて、soonの使い方を調べてみました。

ランダムハウス英和に、良い説明が載っていました。

3番目の項目に、《比較級・最上級で、またはhowを冠して》早く、早めに、速やかに、さっそく、さっさと(quickly, promptly

例文としては
How soon will I hear from you?

さらに研究社英和には
Winter has come rather soon this year.
We got there (half an hour) too soon.

(今年は冬が早くきた/ (30分も)早くそこに着き過ぎた)
という例文が載っていたのですが、この二つの例文も、rathertooという修飾語がなければ、成立しないですよね。

ジーニアス英和には2番目の項目に(予定より)早くという意味が掲載されていました。rathertooを付けることによって、「予定より」というニュアンスを出しているのかなと思いました。

「今年は初雪がずいぶん早かった」だったら、
We had our first snow too soon this year.かなあ・・・

今までなら
We had our first snow much earlier than usual this year.

と表現していたと思うけど、too soonOKなら、簡潔でいいなあ。しかも、まだ降ってほしくないのに、降ってしまった感も、にじみ出て、心境にぴったり。



posted by Monterey at 15:11| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

私でよければ


11月24日号のジャパンタイムズ、日本語講座のページに、こんなやりとりが。

お客様を空港まで迎えに行かなければならないのだが、急用が入り困っている同僚に「私でよければ、行きましょうか?」

この「私でよければ」のセリフ、私は

(I can go) if that works.

としてみました。ジャパンタイムズの英訳は

If you don't mind"

でした。

ちょっと違和感を持ったのは私だけでしょうか?

どちらかというと、I don't mindじゃないの?って思っちゃいました。

辞書を調べてみたのですが、研究社の新英和大辞典にIf you don't mind ...で「おいやでなかったら、なんなら...」と載っていたのですが、「なんなら」という日本語はこの場面では使えます。「なんなら、私が行きましょうか」と。

「なんなら」を和英で引いてみると

if you like
if necessary
if it is convenient (for you)

などが出てきます。「それが都合よければ」の意味を持つconvenientはこの場合使えそうだし、都合よければ嬉しいだろうからlikeも使えるのかなあ。necessaryは、「気は進まないけど」というニュアンスが出そうな気もする。

こんな意味合いをif you don't mindが含んでいるのなら、使えるのかなあ。「おいやでなければ、私行きますけど」みたいで、そこまで下手に出ることもないと思ってしまって、自分では使えないなあ。


posted by Monterey at 11:34| Comment(6) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

徒然に


最近メモした英語表現です。

1.醍醐味
ドラマ「エレメンタリー」より

それが醍醐味だよというセリフ

That's the beauty of the game.

なんの醍醐味だったか、忘れてしまいましたが、「ゲーム」や「試合」ではなかったと思います。でも、gameを使うところが洒落ていていいなと思いました。醍醐味にbeautyのほかexcitement
も使われているのを耳にしたことがある気がします。

いま、和英を見ると、pleasure, thrill enjoymentなども載っていました。

2.デマカセ
相棒のワトソンが家族のディナーに到着するのが遅れている間、なぜか家族外のホームズがそのディナーテーブルを囲み、場を楽しませるために、あることないこと喋っていたという状況。

「なに話していたの?」というワトソンの問いかけに「口からデマカセ」とホームズ。そのセリフが

I meant very little of what I said.

意味のないこと、ということなのでしょうが、こんな英語、私には作れない!と思いました。

3.電話
こちらも、「エレメンタリー」から

スマホが思わぬところで鳴っていて、自分でもちょっとビックリということは間間ありますよね。なにも、重要な会議で鳴ってしまったとかいう極端な例でなくても、家の中でも。

ワトソンの電話は本棚の上で鳴りました。その時の彼女のセリフ。

What's my phone doing up here?

「私の電話、こんなところで何しているの?」ってかんじですよね。なんとも、可愛らしい表現で気に入りました。

4.だんだんわかってきた
ジャパンタイムズ11月21日付けコラムBLACK EYEで、筆者マクニール氏が感じた関東と関西の違いの話。横浜住まいの筆者が会議に出席するために初めて神戸に行ったとき、なにかが違うと思ったそうです。でも、最初はなにが違うのかわからなかった。時間とともに、それがなんなのかはっきりとわかってきた。という件り。こんなふうに英語で表現していました。

At first it was something intangible, but it began to take shape as I made my way to the conference venue.

こういう気持ちになることって、たまにはある気がしました。そんな時、この英語の文は適切にその気持ちを表現しているなあと感心しました。
posted by Monterey at 13:47| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

日本通運CM


野球が好きなので、シーズンオフのこの時期に試合が見られるのは大歓迎。プレミア12という国際大会、楽しみました。

試合の合間に流れるコマーシャルの中に、小久保監督が世界に宣言するというものがありました。「宣誓!」から始まって監督がマウンドの上で宣誓し、そこに英語字幕が出ます。(今、ネットで字幕だけメモったのですが、日本語は書き取らなかったので、コマーシャルのセリフとは多少異なります)

「宣誓」I pledge

    ここは現在形なんですね。I'll pledgeとか、I'm pledgingなど、自分で英訳するとなると、迷っただろうなあ・・・

「我々はフェアプレーに徹し」that we will play fair

「全力で世界に挑み」With all our might, we will challenge the world
  
     「ギターに挑戦する」なんて言うときには使えないchallengeですが、「挑む」というここはchallengeですね。

「世界を動かし」move the world

「世界を盛り上げます」and thrill the world.

     「盛り上げる」にthrillを使うかあ。なるほど。

「そして、すべての人に希望と夢を届けます」And we deliver hopes and dreams to everyone out there.

     最後のout thereが英語っぽくて、自分でも口からついてくるようになりたいなあと思いました。日本の外にいるすべての人たちに、という感じですよね。

うまい英訳だなあと感心したので、取り上げてみました。

posted by Monterey at 00:47| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

emoji


11月19日付けジャパンタイムズにOxford Dictionaries picks an amoji as word of the year
というタイトルの記事が掲載されました。

なぜ、emoticonではなく、emojiという日本語をタイトルに使用したのだろう?と不思議に思って記事を読み進むと、emojiという語は今は英語として認められているんですね。全然知りませんでした。(emoticonは元々顔文字を指し、今では絵文字のことを言うときにも使うこともあるけど、emojiという新語のほうが使われてきているということなんですね)

そして、検索して知ったのですが、絵文字は日本で作られてものなんですね。emojiという語が世界で通用しているという事実は今やだれもが知っている・・・のですか!そんな風に書いてあった・・・全然知らなかった〜

オックスフォード社が選んだ「今年の語」は「語」ではなく、その絵文字のひとつFace with Tears of Joy"が選ばれたのだそうです。

It beat out candidates such as "refugee," "sharing economy," "Brexit" and "on fleek"
と最終ノミネートに残った語を紹介していました。

最後のon fleekには説明がついていました。an informal phrase originating in the U.S. and meaning extremely good, attractive or stylishだそうです。

ほかの語も私にはさっぱりわからなかったので、調べました。sharing economyは、サービスや人材を共有するという経済用語。詳しいことはわかりません

Brexit
は「脱EU」なるほど。Britainexitを組み合わせたのですね。キャメロン首相が演説で使ったのだとか。

そして、冒頭で述べたemojiについて

They also said the usage of the word "emoji" has increased threefold this year over last year.
とのこと。

5月にはMerrian-Websterの辞書にも加えられたそうです。
posted by Monterey at 20:39| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

keepとleave


レッスンで、「ひと冬中暖房を付けておく」ってどう表現すればいいですか?という、北海道らしい話題になりました。夜中は「弱」の状態でストーブを付けておくとか、床暖房だけは低い温度設定で入れておくなど、この季節から春先まで、暖房をけさずに使用する家庭が北海道では多いと思います。

これを私はI keep the heater on all through the winter.のように表現し、ボードに書こうとしました。

書く寸前、keepではなくleaveのほうがいいかなと一瞬迷いましたが、「放っておく」というより「意図的につけておく」のだから、keepでいいかと判断し、そのように書きました。

でも、後になって、例えば、「ろうそくを一晩中消さないようにつけておいた」というなら、1本のろうそくが燃え尽きそうになったら、新しいものに火をつけるという作業をしなければならないから、leaveはできず、そういうときはWe kept the candles on all through the night.となるけど、暖房は「つけっぱなし」にするわけだから、leaveのほうがふさわしいのかなあと思ったりしました。

グーグル検索をしてみると、keep92400件。leave54300で、若干keepが多いけど、まあ、どちらもあるというかんじでした。

使い方に差があるかなと感じる例としては、

Can keeping your cetral heating on all time at a low temperature help reduce your heating bill?

Why do you get a sore throat if you leave the heater on all night?

暖房費節約のため低温でずっと暖房をつけておくことは有効か?

暖房をつけっぱなしにするとなぜ喉に悪いか?

やはり、意図的に付けておくときはkeep  つけたまま放っておくことに重きを置くならleaveということでしょうか。

試しに、keep the tap running

で検索すると、When temporay water lines were installed at hundreds of homes in Guelph, the people using these lines were told to keep a tap running.

のようなわざと流しっぱなしにしておいてね、というような例が出てきます。

Why do people keep their tap running when they brush the teeath?

これなんかは微妙な例ですね。わざと出しっぱなしにしているのか、ついついやってしまうのか。

まあ、ほとんど、どちらを使ってもオーケーだと思いますが、そこに含まれているニュアンスは多少違うんでしょうね。





posted by Monterey at 16:36| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

エレメンタリー


最近見出した「エレメンタリー」というドラマ。コナン・ドイルのシャーロック・ホームズの舞台を現代のアメリカに置き換えて登場させ、相棒のワトソンは、ルーシー・リュー演じる女性という設定。

今、ウィキペディアで確認したら、タイトル「エレメンタリー」は、ホームズのセリフElementary, my dear Watson."「初歩的なことだよ、ワトソン」から付けたそうな。

それで、今回、英語としてメモりたくなったのが、

「カーペットがはがれている。誰かがわざと はがしたんだ」(字幕より)

というセリフ。「はがれる」に、以前、このブログで登場したcome looseが使われていました。前回登場したときは、死体を包んであったシートがほどけた、という場面でした。今回は、部屋の隅のカーペットを10センチくらいはがしてみて、床とくっついていない、というお話。

The carpet has come loose from the floorboard here. It hasn't come loose from age. Someone has pried this up.

has come looseと完了形になっている点も、なるほど。自分で発するとなると、そこまで気づけるかなあ。

It hasn't come loose from age.
古くなって自然にはがれてきたわけではない、というセリフ。出所を表すfromを使うことにより、簡潔に述べることができるんですねえ。参考になります。

最後のpry up

pryと聞くと、私は「こじ開ける」pry openを思い出すのですが、今、辞書で確認して「詮索する」という意味があったなあと思い出しました。いずれにしても、無理やり、どうにかするという意味が元になっているんでしょうかね。

pry upで、床から上方向に引っ張るかんじでしょうか。

短いセリフですが、タメになる情報が詰まっているなと思い、メモしました。


posted by Monterey at 22:41| Comment(8) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

Let the coffee beans speak


ジャパンタイムズ11月7日付けLet the coffee beans speak for themselves

という記事。

全文はこちら
http://www.japantimes.co.jp/life/2015/11/06/food/maruyama-coffee-lets-the-beans-explain-themselves/#.Vj9TeTHovIV

丸山珈琲って北海道の私でも聞いたことがあるので、よほど有名な珈琲店なんでしょうね。

それでちょっと気になった表現がありました。

“We want to extract as much of the natural flavor as possible, without anything getting in the way,” he says. Paper filters, your days are numbered.
(「雑味を取り除いて、できるだけ自然な香りを抽出したいですね」と彼は言う。ペーパーフィルターにその役は果たせない)

without anything getting in the way「何者も邪魔させない」というのは自然な香りを抽出することを邪魔するものは取り除くということですよね。

その後の下線部が。Your days are numbered.はラジオ講座でもお馴染みの「余命いくばくもない」という表現ですが、この場合は、「自然な香り」が「余命」に当たるのだろうか?

ここの部分はクォテーションマークには入っていないので、著者ジェームズ・ハドフィール氏のセリフのようですが、このライター、なかなか凝った表現をする方のようで、ここまでたどり着くにも、何度も読み返さないと意味がわからないところが多々ありました。

As Yamashiro explains, it’s a mark of respect for the coffee’s growers. Rather than impose the store’s signature on the beans that it roasts and brews, Maruyama Coffee aspires to act as a conduit between producers around the world and drinkers in Japan.

(山城氏が説明するには、これは(自然な香りを大切にすること)コーヒーの栽培者への尊敬の印だと言う。豆を焙煎し、コーヒーを淹れるとき、コーヒーにその店の特徴を入れるのではなく、世界中のコーヒー生産者と日本のコーヒーファンの間を取り持つ存在になりたいと丸山珈琲は言う)

なるほど〜と、唸りました。コーヒー豆本来の美味しさを引き出すことは、取りも直さず栽培者への尊敬の念だというお話。老舗の矜持を垣間見た気がしました。

香り高いコーヒーが飲みたくなりました。私の家にはペーパーフィルターしかないけど!

posted by Monterey at 14:08| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

漉す


先週はハロウィーンだったので、パンプキンスープを作ったという生徒さんがいました。その手順の説明で、柔らかくしたかぼちゃを「漉す」って、なんて表現したらいいのですか?ということになりました。

あちゃ〜って感じでした。というのも、そのレッスンの30分前に、YouTubeで豆腐を漉しているところを私は目にし、その英語も耳にしたんです。それなのに、思い出せない!悲しかったです。とりあえず、make pasteで通じますかね、と切り抜けたのですが、なんて言っていたのだろう?

気になったので、もう一度、その場面確認しました。

press the tofu through a strainer to make a smooth paste

長い!

a smooth pasteと、aがついている!不可算名詞のものも、形容詞がついてカテゴリー化されると、可算名詞扱いされやすいとは言われますが、その例かなあとも思ったのですが、辞書で確認しました。

Blend onions, sugar, and oil to a paste オックスフォード英英

という例文を発見。形容詞がついていなくても、可算扱いしていました。辞書の見出しにはUCの両方がありましたが。

可算か不可算かは、ノンネイティブにはつらいですよね〜






posted by Monterey at 16:49| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

アナと雪の女王


大学の教材で「アナと雪の女王」を使っているというお話は以前したと思います。

今回、授業の下準備をしていて、2箇所ほどわからない表現に出会いました。調べてみると、ひとつは辞書にも載っている慣用表現。もう一つは・・・私の想像力も働かせて推測だけはしてみましたが・・・というものです。

その1
主人公アナが旅の友であるクリストフに案内されて森の妖精トロールに会う場面。クリストフがトロールたちに「久しぶり」と呼びかけるのですが、そのセリフが
You are a sight for sore eyes.

辞書を見ると、a sight for sore eyesで「見るもうれしいもの、目の保養《珍客・珍品など》」との説明でした。へぇ〜

その2
トロールたちに囲まれて、アナはいったいなにが始まるのかと少々不安。What's going on?
とクリストフに聞くと、彼は
I've learned to just roll with it.
と言います。字幕は(僕たちを)「歓迎しているんだよ」となっていましたが、どうして、そんな意味になるのか不思議であれこれ調べてみましたが、わかりません。このセリフをググってみると、こんな例が

1.ここの天気はまったくあてにならない。厚着をすればポカポカ陽気になるし、油断して薄着をすれば吹雪になるというような文脈で、I've learned to just roll with it and dress in lots of layers.

2.Are you guys more of the planner type like me or do you just roll with it?
プランナータイプというのが、詳細までキチンと計画を立てそれにそって行動する型の人間ということらしい。

3.ディズニー映画を解説しているブログではトロールのことをこんなふうに説明していました。(抜粋)

we realized: the trolls are just like our parents.
They tell our guests things about us that they really didn’t need to know.
They get a little too involved in our love lives.
But as Kristoff put it, we’ve learned to just roll with it.

彼らは親のような存在で、言わなくてもいいことを訪ねてきた客に言うし、こちらの私生活に鼻を突っ込んだりする。でも、クリストフが言うように、We've learned to just roll with it.

これらを総合して考えると、ありのままをそのまま受け入れるとか、受け流す、というかんじでしょうか?

roll with the punch
というのは1.(相手に打たれた時にその打撃を緩和するために)相手のパンチの方向に合わせて動く[後退する] 2.激しく逆らわないことによって不運などの衝撃を緩和する

このthe punchitにして使っているということでしょうかね。

だとすると、詮索したり、逆らったりせずに、トロールに調子を合わせておくのがいいと経験上わかったということかな。
posted by Monterey at 12:32| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

徒然に

最近思ったことを徒然に・・・

その1
playmemoriesonline_1444097765587.jpgplaymemoriesonline_1444097765587.jpg

なぜか同じ写真が二つ出てきちゃったのですが、同じものです。

9月5日付けインターナショナル・ニューヨーク・タイムズに掲載されていた中の、上の4コマ漫画(ライナスとルーシー出演)に注目してください。

4コマ目のルーシーのセリフ
How depressed can you get?


このセリフをは、落ち込んでいる弟ライナスに向かって発していると考えるより、このyouを一般の人を表すものと考えて「人はどこまで落ち込むことができるんだろう?」と解釈するほうがオチが効きますよね。万人を表すyouを効果的に使っているなあと思いました。


2コマ目でライナスは

The world reeks of despair.

と言っています。

reekってどこかのラジオ講座で習った「臭いを発する」という意味でインプットしていました。ここは比ゆ的に何かを「発する」ということなんですね。辞書の訳語でいうと「[の]きみがある、風を帯びている」
例文としては
reek of affectationきざが鼻につく(affectationってそんな意味だったっけ)

The whole thing reeked of swindle.全体がインチキ臭かった

the world reeks of despairは「世の中全体に絶望感が漂っている」みたいなかんじでしょうか。


その2
非常勤で行っている大学で、日本人の英語の先生のクラスで英作文を集めたら、こんな英文が出てきたとのこと。

I went downtown in order to cut my hair.

それで、この英文をバイリンガルの先生に見せて、これでは、自分で自分の髪を切ったことになってしまうから、この文ではおかしいよね、と確認しました。

すると、バイリンガルの先生は、その文を口に出してみて「う〜ん・・・in order to cut my hairは言いませんねえ」とこたえました。

二人の論点がずれている気もしたので、私もこの件で気になったことを聞いてみました。

「以前、ドラマでDid you cut your hair?というセリフが出てきたのだけれど、どうも、『自分で髪切った?』という場面ではなかったので、これでも、、『髪を切ってもらった?』という意味になるのかなあと思ったんですけど、そうですか?」

すると、バイリンガルの先生は「そうですね。cut my hairhave (get) my haircutも両方使いますね」とのことでした。

そうなんだあ。cut my hairは自分で自分の髪を切ることになっちゃうから、注意してね、と学生に言ってきたけど、そうとも限らないんだなあ・・・

バイリンガルの先生はそれよりin order toのほうを指摘していました。この文脈では使わないと。ただ、どういうとき使うかと聞かれたら、すぐに適切な例文が出てこないけど・・・と。

私が想像したのは、少し硬すぎて、「髪を切るため」という文にはそぐわないのかなあという点。もっと、改まった文章内での使用に適しているのかな・・・

本日は文字の色、大きさがなぜかうまく調節できず、失礼しました。

posted by Monterey at 13:50| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

Nothing says


シルバーウィークもあと1日となりました。
私は送別会だの、ランチ会だの、そんなこじんまりした連休です。

さて、今回もドラマ「メジャークライム」からです。

名物刑事プロペンザの

Nothing says Christmas in LA like a string bikini.

というセリフからドラマが始まります。字幕は「LAのクリスマスといえばビニキだね」

この英語、どういう構造になっているの?決まり文句として辞書に載っているのだろうか?と、辞書を確認。いつも使う研究社の大英和でも英辞郎でも、それらしきものがない。ネット検索してみると、こんな説明を見つけました。

Nothing says A like B, roughly conveying B is evidence for A,
B indicates A


まさに「AといえばB」ってことですね。

改めてロングマンの辞書を確認してみると、こんな例文が
Nothing says "Police" like a black & white.

じゃあ、
Nothing says autumn like a salmon roe rice bowl for Hokkaido people.

この時期になると、北海道では筋子を購入してイクラの醤油漬けを作る家庭が多いんですよ。まあ、コレステロールが高いので、このところ、私は控えていますけど。

もう一つ、今日学んだ表現。

Just so you know
一言申し上げておきますが、だからなんだというわけではないですが(英辞郎より)

出てきたのは、新聞のコマ漫画。ウェイターがJust so you know, we also offer low-cal menu.

posted by Monterey at 19:06| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

ほどける


ドラマ「メジャークライム」より。

シートに包まれた死体が水中で発見されます。それがほどけて、顔が水にさらされていました。その様子をこんな風に表現していました。

The body was originally wrapped up in this drop cloth. It started to work itself free.

drop cloth (部屋などの塗装中に床・家具などにかぶせる)ペンキのしたたりを防ぐ大幅の布(紙、ビニール)
ビニールシートは、この単語を使えばいいってことですよね。

work (oneself) free ゆるむ

研究社英和での例文
The screw has worked (itself) free.

ランダムハウスの例文
It took all my effort to work myself free of the rubble.
(その瓦礫から逃れるのに全力を振り絞った)

なるほど、work oneself freeの仕組みがわかる例文ですね。

become looseでも、いいかしら?と辞書で確認すると、動詞が違っていた。

come [get, work] loose
やはりwork
も使われるんですね。

最近、もうひとつ「ホステッジ」というドラマも見始めたのですが、そこでメモした表現。

絆創膏を貼ってあげる、というセリフ。
I'lll patch you up.

patch upで「応急処置をする」という意味もあるようです。また「継ぎあわせる」という意味を比喩的に使って「関係を修復する」とか「状況を立て直す」なんていう意味もあるらしい。

もう一つ。「あなたを尊敬します」というセリフ

I have nothing but respect for yuo.

高校英文法で必ず出てくるnothing but ... 「...以外の何者でもない」⇒「紛れもない...だ」この論理を頭の中で巡らさないと、anything butと、どちらがどちらかわからなくなって、自分では使えません。I have nothing but respect.の例文を暗記して、見に染み込ませたい。



posted by Monterey at 14:44| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

生の鮭!


信じられないような大雨で、テレビで救出される方々の映像を見ていても、ハラハラしてしまいました。
皆さんのところは被害なかったでしょうか?

さて、9月10日付けのジャパンタイムズに
Obama eats bear-chewed raw salmon on reality show

という見出しの記事がありました。

クマが食べかけて(なんらかの理由で)放置してあった鮭を食べたという内容なのですが、bear-chewedのところが引っかかりました。bear-eatenならどうなのだろう?

Obama eats bear-eaten raw salmoneatが重なってしまうという欠点とともに、「クマが食べてしまった鮭」という「完了」の意味にもなってしまうかなあ?もし、そうなら、「食べかけの鮭」って、簡潔に表現するためにはどうすればいいだろう?などと思いながら本文を読みました。

すると、最初の文に出てきました。

U.S. President Barack Obama chowed on an Alaskan bear's half-eaten salmon during a recent television shoot with British adventurer Bear Grylls.

そうかあ。half asleepとかのhalfを利用してhalf-eatenね。なるほど。

次の段落で、もっと詳しくその様子を説明しているのですが、オバマさんも強者ですね。

Excerpts of the show, released Tuesday, featured the suitless president polishing off a partly chewed raw fish pulled from underneath some moss near a riverbank.

polish off: 素早く仕上げる、さっさと平らげる(へぇ〜、そんな意味があるんだあ)

苔の下に挟まっていた、クマが食べかけの鮭を食べたの〜!

Obama looks on as Grylls cuts away a chunk of flesh.
とあるので、一応、食用にさばいてくれたものを食べたようだけど、それにしても、嫌がらずに食べるところがすごい!そして、こう言います。

"I think a piece of salmon, that'll work just fine," he tells the camera. "It would have been nice if we'd have had cracker to go with it."
(「サーモンだけでも、いいけど」と大統領はカメラに向かって言った。「クラッカーに載せて食べたら、さぞ美味しかっただろうね」)

that'll workwillは、なんだろう?

このセリフの前に、Mmm. That's tasty.と言っているので、すでに食べてみて、けっこうイケるということはわかっているのに、that will workと言う。辞書のwillの項目で言うところの「無生物主語の能力」あるいは「主語の習性」でしょうか。自分ではこんな使い方できない。

全内容は番組として今年中にオンエアされる(イギリスで?)とのことですが、この部分のエピソードだけはもうネット等で配信されているってことでしょうね。






posted by Monterey at 11:45| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ジョーク

英語ジョーク快読のススメ―ジョークがわかれば、言葉も文化もわかる (開拓社言語・文化選書)
という本を読んでいます。

授業にも大いに役立ちそうな本です。

たとえば、「たかがカンマ、されどカンマ。おろそかに扱ってはいけないよ」ということを教えたいときのジョーク。

"The play ended, happily." recently wrote a local critic.
What a difference a commna can make!


happily
の前にカンマがなければ、「その舞台はハッピーエンドだった」という意味になるが、カンマがあるために、happilyは文修飾となり、「幸運にも、その舞台は終わってくれた」⇒「ひどい舞台だった」になってしまう、「カンマは大切ね」というジョーク。

make a differenceという慣用表現や感嘆文を教えるときにも使えるうまいジョークだなと思いました。

もう一つ。fineに「罰金」の意味があると言うと、学生も大人の初心者クラスでも、みんな、えっ?と驚きます。私も最初に習ったときは、へぇ〜とビックリしたと思います。この二重の意味を利用したジョーク。

"Why can't I park here?"
"Read that sign."
"I did. It says, 'Fine for parking, so I parked.'


座布団一枚!的なジョークですよね。

そういえば、fineは、どうして「よろしい」と「罰金」というまったく別の意味を帯びるようになったのだろう?語源は同じなのだろうか?と思ってチェックしたことがあるのですが、どうやら、finishにあたるラテン語が元らしく、一方は「最後のもの、完成した ⇒ 申し分のない、見事な」と変化し、もう一方は「終わり」が「お金を納めて、違法状態を終わりにする」という意味で使われるようになった、と、ネットのどこかのサイトに書いてありました。

まだ読み終わっていないのですが、授業に応用出来るだけでなく、もちろん、個人的に楽しめる一冊のようです。

posted by Monterey at 09:35| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

none of which


またまた、ドラマ「メジャー・クライム」なんですが、どう解釈したらいいのか考えてしまったセリフ。

主人公シャロン・レイダーの別居中の夫が彼女の職場に表れて愛想を振りまくというシーン。

シャロンは、テイラー(上司になるのかな?)から夫のことを、こう評されます。
Not terrific husband, I guess. But lots of natural charm.

夫としては不合格かもしれないけれど、多くの人から愛される性格だね、みたいな感じでしょうか。
それに対してシャロン
None of which he wasted on raising children.

流れからいって、「その長所を子育てでは無駄にしている」という意味なんだろうなあと思ったのですが、だったら、none of whichではなくall of whichじゃないのかなあ?

日本語字幕を確認しても、子育てには全然役立っていない、みたいな意味になっていました。

どうして、そういう意味になり得るんだろう?直訳は「その(魅力)うちのどれも子育てには無駄になっていない」→ 「全部役に立っている」→ 「いい父親だ」ということだよなあ?

腑に落ちないでいるのですが、ひょっとして、これって、英語でよく見る皮肉ですか?おそらくそういうことですよね?正反対のことを言う皮肉、慣れないなあ・・・




posted by Monterey at 20:47| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

メジャー・クライム


ドラマ「メジャー・クライム」シーズン2より

証人として法廷で証言してもらうために、アリゾナ州フェニックスからロサンゼルスに来るよう警察から要請があった男性。空港に彼を迎えに行った刑事二人(フリンとプロベンザ)。「わざわざアリゾナから来てやったんだよ」と言わんばかりに証人はこんなセリフを言う。
Thank God. The jet lag is killing me.

それに対し、フリンが
The flight from Phoenix to LA is exhausting.

フェニックスとロサンゼルスの距離感がイマイチつかめないので(隣接する州かな?)、字幕は、「アリゾナは遠いからな」と皮肉であることを下線で表示していました。

すると、証人
Tell me about it.

たしか字幕は「ホントに」だったか、そんなかんじでしたが、ここは、「言われなくても自分が一番わかってる」と自慢でもするようなセリフだと思うので、字幕も、もう一工夫あっても良かったかと。まあ、そのあとの、フリンとプロペンザのウンザリ顔で、雰囲気察してねってところなんでしょうか。

辞書ではTell me about it.を「(言われなくても)百も承知」と訳していました。

さて、この証人、裁判を前に一晩ホテルに泊まるのですが、部屋に案内されて、思っていた以上に良い部屋だったので、驚いて「ずいぶん、キバったねえ」と言うのですが、その英語が
Wow, you guys really went all out.

「全力を尽くす」というgo all outはラジオ講座でもよく出てくるし、知っているはずのフレーズなのに、早くて聞き取れませんでした(-_-;)

この生意気な証人に手を焼きながらも、とりあえず無事、ホテルに通し、役目を終えた二人は車に乗り込みます。どうもフリンの様子が普段と違うと思ったプロベンザが、どうかしたか?と心配します。実は体の調子がよろしくないというフリン。病院に行って、現在の大統領の名を聞かれ、カーターと答えたら精密検査を受けるように言われたというオチもつくんですが、この最後の英語のセリフが洒落ていました。

メモらなかったので、正確ではないのですが

If you are asked who's the president now, don't answer Jimmy Carter unless you want the full work-up.

work-upで精密検査という意味があるんですね。

他人事のように「カーターなんて言っちゃダメだよ。精密検査を受けたいなら別だけど」と言って、自分はやってしまったと暗に匂わすパターン。アメリカのドラマでよく出てくる気がする。

カーターって古さ具合がちょうどいいのかな。ブッシュやクリントンではまだ新しい感じがするし、ニクソンでは昔すぎるんだろうし。

ドラマの出だし5分くらいのシーンですが、じっくり検討すると、けっこう気になる表現が一杯でした。



posted by Monterey at 00:38| Comment(2) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

「かたい」


生徒さんからWhich do you like better, salmon or trout?

という話題が出ました。

個人的に私は、鮭と鱒の味の違いってわからないんですよねえ。質問を投げかけた生徒さんご自身は鮭のほうがお好きとのことだったので、どう違いますか?と聞くと、鮭の身のほうが硬い、とのこと。この「硬い」を生徒さんはhardを使ったのだったか、toughを使ったのだったか、ちょっと覚えていないのですが、私は、どの形容詞がふさわしいだろう?と思案しました。そのうちに、会話が進んでしまったので、訂正しないままになってしまいました。

hardは違う気がします。岩のような硬さで、強く叩くと割れるかんじの硬さという印象があります。

toughは、肉が硬いときに使いますが、「硬くておいしくない」という否定的な意味合いに使われるので、生徒さんのように「硬い身の鮭のほうが好き」というのには相応しくない気がしました。

以前、「肌のはり」という意味で出てきたfirmは、果物の実が詰まっていて硬いにも使えるという話をしましたが、それはどうだろう?

などなど、考えながら最終的に辞書を開く。

研究社英和辞典に「かたい」の類語の違いが出ていました。

firm物質の構成素が緻密で強く押しても復元するfirm muscles

hard堅くて貫通・切断しにくいThis ball is as hard as a stone.

solid中身が詰まって堅いbuild a house on solid ground

tough食肉などが堅いThis steak is so tough that I can hardly cut it.

この説明からいくと、solidでしょうか。firmは押しても復元する、というニュアンスがあるのだったら、魚の身には使えないかなあ。

ちなみに私はどの魚でも、「ウェルダン」状態に火を通して、しっかり硬い身になった魚が好きです。

ところで、私は漢字の「かたい」を日本語辞書の説明から「硬い」と表記してみたのですが、研究社の説明では「堅い」を使っていました。日本語のほうもむずかしい!





posted by Monterey at 21:20| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする