2015年11月27日

私でよければ


11月24日号のジャパンタイムズ、日本語講座のページに、こんなやりとりが。

お客様を空港まで迎えに行かなければならないのだが、急用が入り困っている同僚に「私でよければ、行きましょうか?」

この「私でよければ」のセリフ、私は

(I can go) if that works.

としてみました。ジャパンタイムズの英訳は

If you don't mind"

でした。

ちょっと違和感を持ったのは私だけでしょうか?

どちらかというと、I don't mindじゃないの?って思っちゃいました。

辞書を調べてみたのですが、研究社の新英和大辞典にIf you don't mind ...で「おいやでなかったら、なんなら...」と載っていたのですが、「なんなら」という日本語はこの場面では使えます。「なんなら、私が行きましょうか」と。

「なんなら」を和英で引いてみると

if you like
if necessary
if it is convenient (for you)

などが出てきます。「それが都合よければ」の意味を持つconvenientはこの場合使えそうだし、都合よければ嬉しいだろうからlikeも使えるのかなあ。necessaryは、「気は進まないけど」というニュアンスが出そうな気もする。

こんな意味合いをif you don't mindが含んでいるのなら、使えるのかなあ。「おいやでなければ、私行きますけど」みたいで、そこまで下手に出ることもないと思ってしまって、自分では使えないなあ。


posted by Monterey at 11:34| Comment(6) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

徒然に


最近メモした英語表現です。

1.醍醐味
ドラマ「エレメンタリー」より

それが醍醐味だよというセリフ

That's the beauty of the game.

なんの醍醐味だったか、忘れてしまいましたが、「ゲーム」や「試合」ではなかったと思います。でも、gameを使うところが洒落ていていいなと思いました。醍醐味にbeautyのほかexcitement
も使われているのを耳にしたことがある気がします。

いま、和英を見ると、pleasure, thrill enjoymentなども載っていました。

2.デマカセ
相棒のワトソンが家族のディナーに到着するのが遅れている間、なぜか家族外のホームズがそのディナーテーブルを囲み、場を楽しませるために、あることないこと喋っていたという状況。

「なに話していたの?」というワトソンの問いかけに「口からデマカセ」とホームズ。そのセリフが

I meant very little of what I said.

意味のないこと、ということなのでしょうが、こんな英語、私には作れない!と思いました。

3.電話
こちらも、「エレメンタリー」から

スマホが思わぬところで鳴っていて、自分でもちょっとビックリということは間間ありますよね。なにも、重要な会議で鳴ってしまったとかいう極端な例でなくても、家の中でも。

ワトソンの電話は本棚の上で鳴りました。その時の彼女のセリフ。

What's my phone doing up here?

「私の電話、こんなところで何しているの?」ってかんじですよね。なんとも、可愛らしい表現で気に入りました。

4.だんだんわかってきた
ジャパンタイムズ11月21日付けコラムBLACK EYEで、筆者マクニール氏が感じた関東と関西の違いの話。横浜住まいの筆者が会議に出席するために初めて神戸に行ったとき、なにかが違うと思ったそうです。でも、最初はなにが違うのかわからなかった。時間とともに、それがなんなのかはっきりとわかってきた。という件り。こんなふうに英語で表現していました。

At first it was something intangible, but it began to take shape as I made my way to the conference venue.

こういう気持ちになることって、たまにはある気がしました。そんな時、この英語の文は適切にその気持ちを表現しているなあと感心しました。
posted by Monterey at 13:47| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

日本通運CM


野球が好きなので、シーズンオフのこの時期に試合が見られるのは大歓迎。プレミア12という国際大会、楽しみました。

試合の合間に流れるコマーシャルの中に、小久保監督が世界に宣言するというものがありました。「宣誓!」から始まって監督がマウンドの上で宣誓し、そこに英語字幕が出ます。(今、ネットで字幕だけメモったのですが、日本語は書き取らなかったので、コマーシャルのセリフとは多少異なります)

「宣誓」I pledge

    ここは現在形なんですね。I'll pledgeとか、I'm pledgingなど、自分で英訳するとなると、迷っただろうなあ・・・

「我々はフェアプレーに徹し」that we will play fair

「全力で世界に挑み」With all our might, we will challenge the world
  
     「ギターに挑戦する」なんて言うときには使えないchallengeですが、「挑む」というここはchallengeですね。

「世界を動かし」move the world

「世界を盛り上げます」and thrill the world.

     「盛り上げる」にthrillを使うかあ。なるほど。

「そして、すべての人に希望と夢を届けます」And we deliver hopes and dreams to everyone out there.

     最後のout thereが英語っぽくて、自分でも口からついてくるようになりたいなあと思いました。日本の外にいるすべての人たちに、という感じですよね。

うまい英訳だなあと感心したので、取り上げてみました。

posted by Monterey at 00:47| Comment(4) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

emoji


11月19日付けジャパンタイムズにOxford Dictionaries picks an amoji as word of the year
というタイトルの記事が掲載されました。

なぜ、emoticonではなく、emojiという日本語をタイトルに使用したのだろう?と不思議に思って記事を読み進むと、emojiという語は今は英語として認められているんですね。全然知りませんでした。(emoticonは元々顔文字を指し、今では絵文字のことを言うときにも使うこともあるけど、emojiという新語のほうが使われてきているということなんですね)

そして、検索して知ったのですが、絵文字は日本で作られてものなんですね。emojiという語が世界で通用しているという事実は今やだれもが知っている・・・のですか!そんな風に書いてあった・・・全然知らなかった〜

オックスフォード社が選んだ「今年の語」は「語」ではなく、その絵文字のひとつFace with Tears of Joy"が選ばれたのだそうです。

It beat out candidates such as "refugee," "sharing economy," "Brexit" and "on fleek"
と最終ノミネートに残った語を紹介していました。

最後のon fleekには説明がついていました。an informal phrase originating in the U.S. and meaning extremely good, attractive or stylishだそうです。

ほかの語も私にはさっぱりわからなかったので、調べました。sharing economyは、サービスや人材を共有するという経済用語。詳しいことはわかりません

Brexit
は「脱EU」なるほど。Britainexitを組み合わせたのですね。キャメロン首相が演説で使ったのだとか。

そして、冒頭で述べたemojiについて

They also said the usage of the word "emoji" has increased threefold this year over last year.
とのこと。

5月にはMerrian-Websterの辞書にも加えられたそうです。
posted by Monterey at 20:39| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

keepとleave


レッスンで、「ひと冬中暖房を付けておく」ってどう表現すればいいですか?という、北海道らしい話題になりました。夜中は「弱」の状態でストーブを付けておくとか、床暖房だけは低い温度設定で入れておくなど、この季節から春先まで、暖房をけさずに使用する家庭が北海道では多いと思います。

これを私はI keep the heater on all through the winter.のように表現し、ボードに書こうとしました。

書く寸前、keepではなくleaveのほうがいいかなと一瞬迷いましたが、「放っておく」というより「意図的につけておく」のだから、keepでいいかと判断し、そのように書きました。

でも、後になって、例えば、「ろうそくを一晩中消さないようにつけておいた」というなら、1本のろうそくが燃え尽きそうになったら、新しいものに火をつけるという作業をしなければならないから、leaveはできず、そういうときはWe kept the candles on all through the night.となるけど、暖房は「つけっぱなし」にするわけだから、leaveのほうがふさわしいのかなあと思ったりしました。

グーグル検索をしてみると、keep92400件。leave54300で、若干keepが多いけど、まあ、どちらもあるというかんじでした。

使い方に差があるかなと感じる例としては、

Can keeping your cetral heating on all time at a low temperature help reduce your heating bill?

Why do you get a sore throat if you leave the heater on all night?

暖房費節約のため低温でずっと暖房をつけておくことは有効か?

暖房をつけっぱなしにするとなぜ喉に悪いか?

やはり、意図的に付けておくときはkeep  つけたまま放っておくことに重きを置くならleaveということでしょうか。

試しに、keep the tap running

で検索すると、When temporay water lines were installed at hundreds of homes in Guelph, the people using these lines were told to keep a tap running.

のようなわざと流しっぱなしにしておいてね、というような例が出てきます。

Why do people keep their tap running when they brush the teeath?

これなんかは微妙な例ですね。わざと出しっぱなしにしているのか、ついついやってしまうのか。

まあ、ほとんど、どちらを使ってもオーケーだと思いますが、そこに含まれているニュアンスは多少違うんでしょうね。





posted by Monterey at 16:36| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

エレメンタリー


最近見出した「エレメンタリー」というドラマ。コナン・ドイルのシャーロック・ホームズの舞台を現代のアメリカに置き換えて登場させ、相棒のワトソンは、ルーシー・リュー演じる女性という設定。

今、ウィキペディアで確認したら、タイトル「エレメンタリー」は、ホームズのセリフElementary, my dear Watson."「初歩的なことだよ、ワトソン」から付けたそうな。

それで、今回、英語としてメモりたくなったのが、

「カーペットがはがれている。誰かがわざと はがしたんだ」(字幕より)

というセリフ。「はがれる」に、以前、このブログで登場したcome looseが使われていました。前回登場したときは、死体を包んであったシートがほどけた、という場面でした。今回は、部屋の隅のカーペットを10センチくらいはがしてみて、床とくっついていない、というお話。

The carpet has come loose from the floorboard here. It hasn't come loose from age. Someone has pried this up.

has come looseと完了形になっている点も、なるほど。自分で発するとなると、そこまで気づけるかなあ。

It hasn't come loose from age.
古くなって自然にはがれてきたわけではない、というセリフ。出所を表すfromを使うことにより、簡潔に述べることができるんですねえ。参考になります。

最後のpry up

pryと聞くと、私は「こじ開ける」pry openを思い出すのですが、今、辞書で確認して「詮索する」という意味があったなあと思い出しました。いずれにしても、無理やり、どうにかするという意味が元になっているんでしょうかね。

pry upで、床から上方向に引っ張るかんじでしょうか。

短いセリフですが、タメになる情報が詰まっているなと思い、メモしました。


posted by Monterey at 22:41| Comment(8) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

Let the coffee beans speak


ジャパンタイムズ11月7日付けLet the coffee beans speak for themselves

という記事。

全文はこちら
http://www.japantimes.co.jp/life/2015/11/06/food/maruyama-coffee-lets-the-beans-explain-themselves/#.Vj9TeTHovIV

丸山珈琲って北海道の私でも聞いたことがあるので、よほど有名な珈琲店なんでしょうね。

それでちょっと気になった表現がありました。

“We want to extract as much of the natural flavor as possible, without anything getting in the way,” he says. Paper filters, your days are numbered.
(「雑味を取り除いて、できるだけ自然な香りを抽出したいですね」と彼は言う。ペーパーフィルターにその役は果たせない)

without anything getting in the way「何者も邪魔させない」というのは自然な香りを抽出することを邪魔するものは取り除くということですよね。

その後の下線部が。Your days are numbered.はラジオ講座でもお馴染みの「余命いくばくもない」という表現ですが、この場合は、「自然な香り」が「余命」に当たるのだろうか?

ここの部分はクォテーションマークには入っていないので、著者ジェームズ・ハドフィール氏のセリフのようですが、このライター、なかなか凝った表現をする方のようで、ここまでたどり着くにも、何度も読み返さないと意味がわからないところが多々ありました。

As Yamashiro explains, it’s a mark of respect for the coffee’s growers. Rather than impose the store’s signature on the beans that it roasts and brews, Maruyama Coffee aspires to act as a conduit between producers around the world and drinkers in Japan.

(山城氏が説明するには、これは(自然な香りを大切にすること)コーヒーの栽培者への尊敬の印だと言う。豆を焙煎し、コーヒーを淹れるとき、コーヒーにその店の特徴を入れるのではなく、世界中のコーヒー生産者と日本のコーヒーファンの間を取り持つ存在になりたいと丸山珈琲は言う)

なるほど〜と、唸りました。コーヒー豆本来の美味しさを引き出すことは、取りも直さず栽培者への尊敬の念だというお話。老舗の矜持を垣間見た気がしました。

香り高いコーヒーが飲みたくなりました。私の家にはペーパーフィルターしかないけど!

posted by Monterey at 14:08| Comment(0) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

漉す


先週はハロウィーンだったので、パンプキンスープを作ったという生徒さんがいました。その手順の説明で、柔らかくしたかぼちゃを「漉す」って、なんて表現したらいいのですか?ということになりました。

あちゃ〜って感じでした。というのも、そのレッスンの30分前に、YouTubeで豆腐を漉しているところを私は目にし、その英語も耳にしたんです。それなのに、思い出せない!悲しかったです。とりあえず、make pasteで通じますかね、と切り抜けたのですが、なんて言っていたのだろう?

気になったので、もう一度、その場面確認しました。

press the tofu through a strainer to make a smooth paste

長い!

a smooth pasteと、aがついている!不可算名詞のものも、形容詞がついてカテゴリー化されると、可算名詞扱いされやすいとは言われますが、その例かなあとも思ったのですが、辞書で確認しました。

Blend onions, sugar, and oil to a paste オックスフォード英英

という例文を発見。形容詞がついていなくても、可算扱いしていました。辞書の見出しにはUCの両方がありましたが。

可算か不可算かは、ノンネイティブにはつらいですよね〜






posted by Monterey at 16:49| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

アナと雪の女王


大学の教材で「アナと雪の女王」を使っているというお話は以前したと思います。

今回、授業の下準備をしていて、2箇所ほどわからない表現に出会いました。調べてみると、ひとつは辞書にも載っている慣用表現。もう一つは・・・私の想像力も働かせて推測だけはしてみましたが・・・というものです。

その1
主人公アナが旅の友であるクリストフに案内されて森の妖精トロールに会う場面。クリストフがトロールたちに「久しぶり」と呼びかけるのですが、そのセリフが
You are a sight for sore eyes.

辞書を見ると、a sight for sore eyesで「見るもうれしいもの、目の保養《珍客・珍品など》」との説明でした。へぇ〜

その2
トロールたちに囲まれて、アナはいったいなにが始まるのかと少々不安。What's going on?
とクリストフに聞くと、彼は
I've learned to just roll with it.
と言います。字幕は(僕たちを)「歓迎しているんだよ」となっていましたが、どうして、そんな意味になるのか不思議であれこれ調べてみましたが、わかりません。このセリフをググってみると、こんな例が

1.ここの天気はまったくあてにならない。厚着をすればポカポカ陽気になるし、油断して薄着をすれば吹雪になるというような文脈で、I've learned to just roll with it and dress in lots of layers.

2.Are you guys more of the planner type like me or do you just roll with it?
プランナータイプというのが、詳細までキチンと計画を立てそれにそって行動する型の人間ということらしい。

3.ディズニー映画を解説しているブログではトロールのことをこんなふうに説明していました。(抜粋)

we realized: the trolls are just like our parents.
They tell our guests things about us that they really didn’t need to know.
They get a little too involved in our love lives.
But as Kristoff put it, we’ve learned to just roll with it.

彼らは親のような存在で、言わなくてもいいことを訪ねてきた客に言うし、こちらの私生活に鼻を突っ込んだりする。でも、クリストフが言うように、We've learned to just roll with it.

これらを総合して考えると、ありのままをそのまま受け入れるとか、受け流す、というかんじでしょうか?

roll with the punch
というのは1.(相手に打たれた時にその打撃を緩和するために)相手のパンチの方向に合わせて動く[後退する] 2.激しく逆らわないことによって不運などの衝撃を緩和する

このthe punchitにして使っているということでしょうかね。

だとすると、詮索したり、逆らったりせずに、トロールに調子を合わせておくのがいいと経験上わかったということかな。
posted by Monterey at 12:32| Comment(7) | 英語学習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

Take me out to the nosebleeds


ニューヨーク・タイムズの国際版10月7日付け新聞にスポーツライターWill Leitch氏がTake me out to the nosebleedsというタイトルのコラムを載せていました。nosebleedにスタジアムやコンサートホールの座席で、グラウンドやステージからは遠く高い位置にある低価格で買えるシートという意味があるんですね。

このコラムが私好みの内容だったので、紹介したくなりました。(また、疑問もあったのでそこもお知恵があれば拝借したいです)

まずは筆者の子供時代の思い出から始まります。

When I was a kid, ...., my dad had a reward for me. He'd wake me up at 6 a.m. on Sunday ...We'd packed a cooler, ... and drive the two-plus hours from central Illionois to the old Busch Stadium in St. Louis.
(子供のころ、父は私にご褒美をくれた。日曜の朝6時に私を起こし、二人でクーラーボックスを車に詰め込み、2時間以上かけてイリノイ州の中央部からセント・ルイスのブッシュ・スタジアムまで車を走らせるのである)

We'dと過去の習慣を表すwouldが使われていました。

自由席のチケット(general admission ticket)は当時6ドルと手頃なものであったが、それだけに、試合開始2時間前に球場に行って列に並ばなければいけなかったのだそうです。

...it required an all-day commitment .... Only the truest fans were willing to occupy the cheapest seats. Not surprisingly we saw the same people in line every Sunday and cheered the Cardinals on with them ... We even shared binoculars.
(それは1日がかりの覚悟が必要だった。真のファンでなければ安いシートに座る気にはならない。当然、毎週日曜日同じ顔ぶれがチケットを求める列に並び、私たちは一緒にカーディナルズの応援をした。時には双眼鏡の貸し借りもした)

時は流れて、今では退職した父と試合を見るにしても、試合直前まで球場の近くのバーでビールを飲んで、それからゆっくりと球場に向かう。指定席だから場所とりのために走ることもない。

And you know what? Different people sit next to us every time. Sometimes they're even, the horror, Cubs fans.
(さらに言えば、私たちの隣には毎回違う人が座る。時には、あの恐ろしいカブスのファンが座ることもある)

カブスと言えば、ジャパンタイムズに楽しいコラムを寄せていたトーマス・ディランさんが熱狂的ファンだったチームだ!たぶんカブスの本拠地シカゴがイリノイ州だから、ブッシュ・スタジアムと近いので、登場したのだと思うけど、ひょっとして、日本の阪神ファンのようにカブスファンは暴走することで有名だったりして。

In my years as a fan, and as a sportswriter who eschews the press box at every opportunity, I've found it a far more engaging place to watch a game than down with all the fancy folks in business attire clutching tickets that were comped by whatever corporation they're in town for a meeting with. The nosebleeds are where you find the diehards, the devotees, the one who are watching even when their team is down. Especially when their team is down.
(私は、ファンとしても、また記者席をできるだけ避けたいタイプのスポーツライターとしても、試合を見るには外野自由席のほうがはるかに集中できると実感している。下の方にはビジネススーツを着た面々が陣取っており、その手には町の商取引で企業からもらった只券を手にしている。彼らの席よりはずっと集中できる。ここには、筋金入りのファンが座っていて、チームの負けが込んでいるときでも応援し続けている。いや、チームの負けが込んでいるときこそだ)

ここら辺でコラムの主題が明確になってきますね。

こういった熱心なファンの一例として、ニューヨークメッツの話が出てくるのですが、そこがよくわかりませんでした。

メッツは、新しくスタジアムを建設した2009年以来初となるプレーオフ進出を今年果たすのですが、去年までの5年間成績が低迷しており、観客数も少なかったとのこと。今年は好成績に伴ってプレーオフも多くのファンが球場に足を運ぶだろう

For the playoffs, though, Citi Field will be packed, with the most expensive tickets of the stadium's whole life span reserved for Mets fans (and others) who seemingly just noticed that Queens hosts a baseball team.

下線部がわかりません。後半は、この球場がクイーンズ地区にあるらしいので、そこにあることも今回はじめて知ったようなにわかファンということのようで

「クイーンズに野球チームの本拠地があることにも最近気づいたばかりのようなメッツファン(や敵チームファン)に高額なチケットは予約されて」という付帯状況を表すwithなのかなあと思うけど・・・

6年前に建設されたばかりなので、球場としての寿命はこの先かなり長いと思われますが、その寿命がつきるまで長きに渡って、ということ?ofの意味もわからない

外野自由席は売店(concession)やトイレの数も少なく、決して便利な席ではないけれど・・・不便な点などを数々あげつつ、コラムはこんな最後で結んでいました。

But the real stories will be in the upper deck, from the ones who were there all along. You might not get a foul ball up there. But you'll get everything else.
(しかし、本当の物語はあの高いところに位置するシートにあるはずだ。常にチームを応援してそこにいたファンの物語だ。そこは遠すぎてファールボールをキャッチすることは無理かもしれない。でも、そのほかのすべてがここにある)

素敵じゃあないですか!にわかファンも、悪くはないですよね。ブームに乗って一緒に楽しむのもいいと思います。でも、だれも振り向いてくれないときでも、熱狂的に応援しているファンっていいなあ・・・

ちょっと、下線部の訳が自信ないんですけど・・・



posted by Monterey at 00:20| Comment(2) | Japan Times | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする